2018年7月21日 (土)

本日から!夏の企画展示

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

さて、科学館では本日7/21(土)より、夏の企画展示
「雪と氷の大ぼうけん ~雪と氷のひみつ~」を開催しますhappy01sun

南極・北極科学館 夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」

「雪と氷のちがいって?」「雪や氷にはどんな種類があるの?」
極地研究所で行っている雪と氷についての研究を詳しく紹介します!

期間:2018年7月21日(土)~9月29日(土)

日時:毎週火曜日~土曜日 10:00〜17:00(最終入館16:30)

休館日:日曜・月曜・祝日・8月11日(土・祝)~8月14日(火)

入場料:無料


雪や氷についての解説パネルや写真パネルsnowはもちろん、
研究者へのインタビューパネルkaraoke
図書コーナーbook、写真撮影コーナーcamera
かんたん工作の作りかたhairsalonの配布など、盛りだくさんsign01
このブログでも見どころを随時お伝えしていきますね。


ご家族やお友達とのお出かけに、夏休みの自由研究に、涼を感じに…
猛暑続きのこの夏、雪と氷の展示で
元気が出るような楽しさと癒しを提供できたらと思いますshine


皆様お誘いあわせの上ご来館ください。
お待ちしておりますconfident


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-26.1℃
風向・風速 :東5m/s
日の出:11:00
日の入:13:56

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:31.0℃

2018年7月20日 (金)

明日から開催!夏の企画展示

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早いもので、今日は7月20日ですね。
明日から夏休み!!という学生さんも多いのではないでしょうか?
ぜひ明日から開催(今日がんばって準備します!)の

南極・北極科学館 2018年度 夏の企画展示
雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html

を見にいらしてください!

「雪と氷のちがいって?」
「雪や氷にはどんな種類があるの?」
雪と氷について詳しくご紹介します。
極地研究所で行っている雪と氷の研究も詳しく展示しますよ。
自由研究にもぴったりの内容ですshine

暑い夏、雪と氷の話題で涼を取ってはいかがでしょうか。

33m

570k 雪と氷の写真もたくさん展示しています。
ご来館をお待ちしております!


また、今日は18:30~サイエンスカフェを開催します。
こちらもぜひご参加くださいcafe

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-17.8℃
風向・風速 :南南西5.2m/s
日の出:11:07
日の入:13:50

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:31.7℃

2018年7月19日 (木)

明日はサイエンスカフェ!

おはようございますhappy01
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

一雨来そうなどんより空も、猛暑続きのこの時期には
陽射しがない分ありがたく思えますね。
とはいえ油断は禁物sweat01今日もしっかり熱中症対策を心がけたいですね。

さて、明日はサイエンスカフェを開催しますsign01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南極で重力をはかりました 〜 それで何がわかるの?

昭和基地から約160km南にある山、ボツンヌーテンでの重力観測。
黄色い円筒状の機械が屋外型の絶対重力計です。




昭和基地にある重力室内での重力観測。3台の重力計で同時に観測を行いました。



地球上に生活する皆さんが、四六時中感じている重力。そんな身近な重力を南極ではかってきました。
でも、「どうして、わざわざ南極で重力をはかるの?」と思いますよね。
地味だけど地球環境の変化をとらえる目となる「重力観測」を中心に、
第59次夏隊に参加して担当した観測を紹介します。


日時:2018年7月20日(金) 18:30〜20:00

講師:国立極地研究所 地圏研究グループ助教 青山 雄一

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)

定員:40名程度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイエンスカフェは、
飲み物を片手に研究者の講義を聴こう、科学について語り合おう、という
科学館の人気イベントですwink

科学館HPでも過去のイベントの様子を紹介していますのでご覧下さい↓
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20180720

ぜひお気軽にご参加ください。
お待ちしておりますconfidentnote




【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪のち曇り
気温:-13.3℃
風向・風速 :北東21.0m/s
日の出:11:13
日の入:13:44

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:32.4℃

2018年7月18日 (水)

7/18 休館日のお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

 
暑い毎日が続いていますが
科学館のほうは平日にもかかわらず
たくさんの皆さんにご来館いただいております。
外出の際、熱中症にはくれぐれもご注意ください。
 

こうも暑いとsun・・・

南極大陸に降り積もったサラサラの雪に
シロップをかけたカキ氷を食べたいなぁ?sweat01などと
と想像してしまいます。
 
実際に昭和基地の隊員さんたちが、
デザートにカキ氷をいただくこともあるようですよ。downwardleft
 
http://www.nipr.ac.jp/jare/now/back56/20151107.html
 
 
さて、もうすぐ夏休みyachtですね~!
夏休みの科学館の休館日のお知らせです。 

P1080337

長い夏休み、皆さんもうご予定はお決まりですか?
小・中学生の皆さんは宿題が先?遊びが先?
自由研究に困ったら・・・
南極・北極科学館で面白いテーマを探してみませんか?
 
ご来館をお待ちしております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-17℃
風向・風速 :北北東2.4m/s
日の出:11:20
日の入:13:37

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:31.5℃

 

2018年7月17日 (火)

火星の隕石を見てみよう!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館ですsun

暑いですね…。
もう「暑い」と言うことばしか出てこないくらい、毎日暑いです。
立川市は、10:00の時点で32℃を超えています。
今日は何度まで上がるのでしょうか…。
皆さま、こまめな水分補給を!!

さて、今年、火星が大接近します!
地球と火星は約2年2ヶ月ごとに接近しますが、接近となるのは約15年ぶり。
最も接近するのは、今月31日です。

ということで、今日は火星の隕石をご紹介しますshine

P1080333 こちらが、南極のやまと山脈で2000年に採取された、火星の隕石です。
なぜ火星起源だと分かったのかというと…
火星に着陸したNASAの火星探査機バイキングが測定した大気の成分と、
隕石に含まれるガスの成分が一致したためです。

火星の隕石はとっても貴重!ぜひじっくりご覧くださいeye
(私には、地球の石との区別が全くつきませんが…。)

P1080334 また、月の隕石の展示もありますよ。

P1080223 火星と月の隕石は、同じケースに入っています。

貴重な隕石の展示をぜひご覧くださいshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-21.5℃
風向・風速 :東北東3.1m/s
日の出:11:27
日の入:13:29

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:32.2℃

2018年7月14日 (土)

7/14 今日の昭和基地

こんにちは!国立極地研究所 南極・北極科学館です。

近くの昭和記念公園では今日がプール開きsun
今日の暑さは絶好のプール日和ですね!!

夏はプールだけでなく海に行く方も多いのでは…と思いますが
今日は日本と南極をつなぐ観測船を紹介します。

第1次〜第6次隊の輸送に使われたのが「宗谷」

R015321

海上保安庁の巡視船を砕氷船として改造したものです。
1957年、オングル島に昭和基地を開設し、第1次越冬を成立させました。

第7次〜第24次隊まで使われたのが「ふじ」

17061

馬力が宗谷の4,800から12,000と2倍以上となり
第9次隊の極点旅行、第11次隊からの昭和基地でのロケット観測など
観測の発展に寄与しました。

第25次〜第49次隊で活躍したのが「しらせ(初代)」

Photo

25回の航海中24回接岸に成功しました。
ふじにくらべ輸送力は2倍。海氷にとじ込められた外国船の
救援も行いました。

そして、第51次隊から就航し現在も使用されている「しらせ(現行)」

52_0318

世界最新鋭の観測船で、油もれ対策として船体を二重船殻とした他
廃棄物処理室や生活汚水浄化装置を配備し、環境に配慮したエコシップと
なっています。

日本から南極へ、大海原をかける観測船、ロマンを感じますねshine

科学館では、歴代観測船の模型を展示しています!

Dsc02267

本日も、皆さまのご来館をお待ちしていますwink


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-30.5℃
風向・風速 :北北東4.1m/s
日の出:11:50
日の入:13:00

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:30.2℃




2018年7月13日 (金)

7/13 極夜明けます!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

南極・昭和基地では5月31日から
太陽が昇らない「極夜(きょくや)」が続いていましたが、
ついに本日、久しぶりに太陽が姿をあらわしますhappy02sun
日の出から日の入りまでわずか約30分ほどですが、実に一ヵ月半ぶり…!

反対に、11月半ば~1月半ばは太陽が沈まない「白夜(びゃくや)」で、
その期間は昼間の明るさが続きます。


皆さん、想像してみてください。

毎日、夜だけ………

毎日、昼だけ………


いかがでしょう。どちらがいいですか。
極地では太陽も極端ですね。

日本では「まだ明るい!日がのびたね~」「もう真っ暗!日が短くなったね~」くらいしか気にしませんが、
ちゃんと日が出てちゃんと沈む、それがどこでも同じことではなく、当たり前ではないことに気付きます。



極夜の真っ只中、南極の冬至(日本の夏至)には
ミッドウィンターというお祭りが開かれますnotes

昭和基地でイベントを開催したり、
各国の基地とグリーティングカードを交換したりshine

隔絶された厳しい環境の南極で健やかな生活を送るためにも、
こうした行事が欠かせないのです。


今年の南極の冬至は6月21日。
「昭和基地NOW!!」でもその様子を紹介しています。
http://www.nipr.ac.jp/jare/now/20180621.html

ライトアップが素敵な雪像、運動会、夕食会…
楽しむぞ!という隊員たちの気合いが伝わってきますhappy01


季節の移り変わりを感じ、日々を大切に過ごす。
そんな気持ちはどこにいても持っていたいものですねshine




【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-26.9℃
風向・風速 :南5.8m/s
日の出:12:13
日の入:12:42

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:30.7℃

2018年7月12日 (木)

2018夏のイベント☆

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

7・8月はイベントが目白押し!
一挙にご紹介しますので、気になるものがあればぜひ
夏の予定に追加してくださいねwink



cuteサイエンスカフェcute
南極で重力をはかりました 〜 それで何がわかるの?

昭和基地から約160km南にある山、ボツンヌーテンでの重力観測。
黄色い円筒状の機械が屋外型の絶対重力計です。



昭和基地にある重力室内での重力観測。3台の重力計で同時に観測を行いました。



地球上に生活する皆さんが、四六時中感じている重力。そんな身近な重力を南極ではかってきました。
でも、「どうして、わざわざ南極で重力をはかるの?」と思いますよね。
地味だけど地球環境の変化をとらえる目となる「重力観測」を中心に、
第59次夏隊に参加して担当した観測を紹介します。


日時:2018年7月20日(金) 18:30〜20:00

講師:国立極地研究所 地圏研究グループ助教 青山 雄一

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)

定員:40名程度




cute夏の企画展示cute
 雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~

南極・北極科学館 夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」


「雪と氷のちがいって?」「雪や氷にはどんな種類があるの?」
極地研究所で行っている雪と氷についての研究を詳しく紹介します!

期間:2018年7月21日(土)~9月29日(土)

日時:毎週火曜日~土曜日 10:00〜17:00(最終入館16:30)

休館日:日曜・月曜・祝日・8月11日(土・祝)~8月14日(火)

入場料:無料


cute国立極地研究所 一般公開cute
極地研探検2018

2018年8月4日(土)10:00~16:00(入場締切15:30)

詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://www.nipr.ac.jp/tanken2018/





cute夏休み特別イベントcute
南極観測隊員と話そう!

夏休み特別イベント 南極観測隊員と話そう!

南極昭和基地とのライブトークを行います。
観測隊員に直接質問してみよう。

日時:2018年8月10、17、24日(金)15:00~15:30

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館となり)

申込:不要(直接会場にお越しください)



申し込み不要のイベントばかりですので(一般公開は一部申し込み制ですが)
思い立ったらすぐにでも、お気軽にご参加いただけますflair
皆様のご参加を心よりお待ちしております!


(7/26(木)の子ども向けイベント「めざせ!極地の研究者」は
定員に達したため、受付を終了しました。
参加される方はお楽しみに!
たくさんのお申し込みをありがとうございましたhappy01



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り後晴れ
気温:-17.8℃
風向・風速 :北東6.2m/s

★極夜43日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:くもり
気温:27.1℃

2018年7月11日 (水)

7/11 暑いですね~☆

こんにちはsun

国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
今日も朝から暑いですね。
じっとしていても汗がしたたり落ちてきますsweat01
 
今年は梅雨明けが早かったこともあり
猛暑の夏になりそうな・・・
日本の夏は湿度、気温ともに高いため
熱中症などの他に、
細菌の繁殖などによる食中毒にも
気をつけたいですね。
 
寒さが厳しく乾燥している南極では、
食料はどのように保存されているのでしょう?
 
南極観測が始まった初期の頃は、越冬の際に保存庫もなく
食料は氷の穴ぐらに貯蔵したりしていました。
冷凍品を一年間長期保存するためには-20℃の環境が必要になります。
ところが昭和基地の年平均気温は-10℃、夏には雪が溶けて
気温がプラスになる日もあります。
そのため冷凍温度よりも高くなってしまい、
食材が腐ってしまうこともしばしばありました。
また残り物にカビが発生して、
貴重な食料を廃棄せざるをえないことも。
南極にも冷凍庫が必要なことがわかったのです。
寒~い南極でも冷凍庫がないと食料は
腐ったりカビが発生してしまうのですね。 

Photo〔南極観測初期の頃の食事風景〕2061〔第1次隊の頃の昭和基地〕

日本が暑い夏に向かっていくのとは逆に
南極はますます寒さが厳しくなっていきます。
長かった極夜も、そろそろ終わりに近づいています。
 
今日の昭和基地のお天気を見てみましょう! 
 
 
南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-21.3℃
風向・風速 :南東1.2m/s

★極夜42日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:29.5℃
 
 

2018年7月10日 (火)

7/10 南極大陸を夢見て

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。
今夏も蝉の声が聞こえはじめましたねsun

さて本日は、南極大陸が発見されたのはいつ?というお話しですhappy01



紀元100年代の古代ローマの地理学者プトレマイオスがあらわした
世界地図「プトレマイオス地図」。
明らかになっていない部分は想像で描かれました。
プトレマイオスは地球の一番南に未知の「南方大陸があると考えていたといわれていますflair



世界一周の航海を目指して1519年に出港したフェルディナンド・マゼランの艦隊は、
翌年に陸地(現在のフエゴ島:南アメリカ南端にある島群)を発見eye
彼はこれを南方大陸の最北端だと考えたといわれています。



イギリスの海洋探検家ジェームズ・クック
1773年に南極圏(南緯66度33分以南)に人類で初めて到達しましたship
南方大陸の発見までには至りませんでしたが、
クックの航海日誌に魅せられた多くの人が南方大陸への思いをつのらせました。



1820年ごろ、イギリスのエドワード・ブランスフィールドウィリアム・スミス
アメリカのナタニエル・パーマー、ロシアのファビアン・ベリングスハウゼンらが相次いで
南方大陸を発見したと報告しましたkaraoke


しかしそれが本当に南極大陸だったのか、だれが最初に上陸したのかなど、
たしかな証拠がなく、はっきりしていません。




彼らはいったい、どんな景色を見たのでしょう…。

それぞれに夢見ていた南方大陸を発見した瞬間のよろこびは計り知れません。


南極は今も昔も人々の探求心を刺激し続け、魅了して止まないのでしょうねconfidentshine



600kimg_1600 



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り後晴れ
気温:-17.3℃
風向・風速 :北北東9.0m/s

★極夜41日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:29.8℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。