2017年12月14日 (木)

12/14 アイスオペレーションって?

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館ですhappy01

12月ってこんなに寒かったっけ?と思うほど毎日冷え込んでいますね。
今日はこのさい、とことんヒエヒエな氷の世界に皆様をご案内しましょう…snow


国立極地研究所のHPで南極観測隊の活動を紹介する「昭和基地NOW!!」
最近更新されたタイトルは「アイスオペレーション」です。

さて何のことでしょうか??eye



「南極大陸に降り積もった雪は長い年月をかけて圧縮されて氷になり、
大陸でできた氷は徐々に沿岸部へと移動し海に流れ出て氷山となります。
氷の中には雪が降り積もった当時の空気が閉じ込められています。

南極観測隊では毎年越冬期間の終盤に日本へ持ち帰る氷を採取していて、
この作業をアイスオペレーションと呼んでいます。」



南極・北極科学館でも南極の氷に触れることができる展示がありますが
それもこうして採った氷の一部なんです。


2 

陰にはこんな地道な作業があるんですねshine


硬い氷を削ったり、コツコツとダンボールに詰めたり…
隊員たちの重労働の様子が写真でも紹介されています。


具体的にこんなことをやっているんだflair
こんな生活をしているんだflairと知ることができる
「昭和基地NOW!!」ぜひご覧ください☆



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時雪
気温:-3.9℃   
風向・風速:東北東3.1m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜22日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気:晴れ
気温:5℃

2017年12月13日 (水)

12/13 野外調査隊はどこ??

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
日差しはあたたかいですが・・・
朝、外に出ると、まるで冷蔵庫の中にいるよう?
と思ってしまうのは私だけでしょうか?
ついつい億劫になって家にこもりがちですが、
外気にさらされ、凍える寒さに身が引き締まるように
たるんが気持ちを引き締めるのも良しと思う今日この頃です。
 

先日、南極観測船『しらせ』でフリーマントルを出航し
昭和基地を目指している第59次南極地域観測隊ですが、

一足先に先遣隊(越冬隊5名、夏隊12名、同行者1名)が
航空機を使い、ケープタウン経由で南極入りしています。

この先遣隊は「ドームふじチーム」と「湖沼・ペンギンチーム」に
分かれており、それぞれ長期の野外調査を実施します。
 

42dome_fuji

「ドームふじチーム」は
12月9日にドームふじ基地に到着しています。
野外調査隊の活動内容と現在の進行状況は・・・
こちらのページからご覧いただけます。
    ↓ ↓ ↓
 
 
 
 
昭和基地のお天気を見てみましょう!
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ一時雪
気温:-3.7℃   
風向・風速:北東2.7m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜21日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気:晴れ
気温:4.2℃

 

2017年12月12日 (火)

12/12 気分はクリスマス。

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
「寒いですね。」がすっかり朝の挨拶の定番になってきました…
もっと気の利いたフレーズはないものか?と
自分の語彙力の低さに情けなくなります。

P1070408

科学館では、ポインセチアの華やかな紅が、
クリスマスムードを演出してくれています。
順調にいけば第59次南極地域観測隊が
昭和基地に到着するのはクリスマスの頃でしょうか?
ちょうどその頃、南極は夏真っ盛り!
ずっと日本にいると不思議ですね、真夏のクリスマス。
 
夏になると我が家の庭は
サマーポインセチアで埋め尽くされますが・・・
 
南極では夏の間、どんな花が咲くのでしょう?
氷に覆われている南極大陸は、
植物が育つには厳しい環境です。
夏に氷がとけて岩が見えるようなところだけに
植物が見られます。

Deschampsia_antarctica-ナンキョクコメススキ-

18_2-ナンキョクミドリナデシコ-

南極大陸で花を咲かせる植物は、ナンキョクコメススキと
ナンキョクミドリナデシコの2種類だけなのです。
(最近では外来植物によって変化が見られるようになっています。)

科学館では、このナンキョクコメススキを
顕微鏡でご覧いただけます。
ぜひ、世界で一番厳しい環境に咲く花を、
じっくり観察してみませんか?
 
ご来館をお待ちしております。
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時晴れ
気温:-3.6℃   
風向・風速:東4.6m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜20日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気:晴れ
気温:5.2℃

 
 

2017年12月 9日 (土)

昭和基地ライブ映像

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

全国的に厳しい寒さが続いていますね。
今日も冷たい風が身にしみます…。

さて、昭和基地のお天気はどうでしょうか?

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-1.0℃   
風向・風速:東北東4.8m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜17日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気:晴れ
気温:5℃


-1℃と、東京とあまり気温が変わらなくなってきましたね。

さて、今日は昭和基地のライブ映像のご紹介!
今まではこちらの管理棟を映していました。

Syowacam_164507

それが今週からは…

Syowacam

建設中の「基本観測棟」を映していますshine

第59次隊で2階部分と外階段を建設し
3年がかりの工事を仕上げます。

この建物は老朽化した4棟の観測系建物を
まとめて更新するもので、総2階建ての建物です。

クレーン車で工事をする様子は、南極とは思えない
風景ですね!
完成が今から楽しみですhappy02

日本時間15時〜頃から
実際に作業をしている風景も見られるかも!?
ぜひ、南極の建設風景を見にいらしてください♪



2017年12月 8日 (金)

企画展示準備中!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今月の20日(水)~冬の企画展示を開催します!
タイトルは…


「南極観測隊と動物たち
~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」

初期の頃の観測隊と、その観測隊が日本から連れて行った動物たちについて、
詳しく紹介します。
カラフト犬のタロ・ジロがやはり有名ですが、観測隊が連れて行った動物は、
実は犬だけではないのです。
南極に行った動物たち、一体どんな役割を担ったのでしょうか?

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#kikaku

 

1      【第1次観測隊の頃の犬ぞりの様子】


現在、企画展示準備の真っ最中です!

南極・北極科学館の企画展示は、研究者や観測隊OBの方々にご協力いただきながら、
極地研究所広報室の科学館担当スタッフが作成しています(全て手作り!)。

 

P1070312_2いろいろな資料を読んで…

P1070314解説パネルを作成。

P1070313(付箋を付けすぎて、どこが大事な部分だったか分からなくなったりします…wobbly


今回の企画展示では、極地研究所アーカイブ室の皆さんに大変ご尽力いただきました。
アーカイブ室秘蔵の映像や写真もたくさん展示する予定です!

catどうぞお楽しみにdogsign03


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時晴れ
気温:-6.0℃  
風向・風速:東北東3.0m/s 
日の出:――――
日の入:――――

白夜16日目!


【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:7℃

2017年12月 7日 (木)

12/7 今日の科学館

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

思わず身を固くして早足になってしまうような朝ですね。
(実際、いつもより早い時間に職場に着きました…)
本格的な冬の到来を感じますsnow



さて、11/30のブログでも紹介しました、科学館に展示されている「大型雪上車」。

P1070397 

劣化が激しく立ち入り禁止となっていたその内部ですが、
点検・メンテナンスを経て、運転席後方まではお入り頂けるようになりました!

P1070395


P1070396 

この雪上車で約50年前、昭和基地から南極点まで往復5200kmもの旅をしたなんて…。
雪上車は居住空間でもあるんですね。

科学館の中でもひときわ、南極観測の歴史の重みが感じられる雪上車。
厳しい南極の空気を未だ、かすかにまとっているのかもしれません。
ご来館の際はぜひ覗いてみてくださいね!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-7.1℃   
風向・風速:東北東7.5m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜15日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気: 晴れ
気温:6℃

2017年12月 6日 (水)

12/6 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
今年最後の1ヶ月となりましたが、
皆さん、年末年始の準備はお済みでしょうか?
 
やらなくてはならない事が山積みで
何から手をつけて良いのやら・・・
気ばかりが焦る今日この頃です。
 
こんな時は、消去法で
やらなくていい事を消していくのが良いらしいですよ。
 
 
科学館から年末年始の休館日のお知らせです。

P1070390

 
年明けには、楽しいイベントも予定しております。
ホームページでご確認のうえ、ぜひご来館ください。
 
 
【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ一時曇り
気温:-7.1℃   
風向・風速:東北東10.4m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜14日目!

【東京都立川市】午前10時  
天気: 晴れ
気温:5.4℃
 
 

2017年12月 5日 (火)

12/5 イベントのお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
南極観測船『しらせ』は、
12月2日(土)に、オーストラリア・フリーマントルを
出航しました!
『しらせ』の進行状況については
また、こちらのブログでもお知らせいたします。
 
さて、12月最初のイベントのお知らせです。
12月16日(土)は、サイエンスカフェを開催します。
久しぶりの土曜日開催ですので、
平日はちょっと無理、という方は是非この機会に!
 
今回お話を聞かせてくださるのは、
極地研・気水圏研究グループの牛尾収輝(うしお しゅうき)准教授です。
テーマは・・・

『南極の海で厚くなった氷-その長寿の謎を探る』


牛尾先生は極域だけでなく、
地球規模の気候形成・変動に重要な役割を果たしている
海氷成長・融解過程と、それに関連する
海洋構造・循環特性の変動を主な研究対象として
観測と各種データ解析を進めておられます。
 
今回は、南極大陸の近くの海で、夏でも融けきらずに
何年間も存在し続ける厚い氷に関するお話をしていただきます。
 
 
 
氷山とは異なるこの氷は、海で生まれ育った海氷で、
場所によっては10年以上の長寿を保っています。
この海氷はどれくらいの厚さで、寿命はどのように決まるのでしょう?
その謎解きに向けた観測と研究とは?
 
日時:2017年12月16日(土) 15:00~16:30
講師:気水圏研究グループ 准教授 牛尾 収輝
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度
 
 
皆様のご参加をお待ちしております。
 
 
【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ一時曇り
気温:-8.2℃   
風向・風速:北北東2.3m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜13日目!

【東京都立川市】午前10時  
天気: 晴れ
気温:9.6℃
 

2017年12月 2日 (土)

12/2 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
あっという間に、もう12月。
今朝は、この冬初めてホッカイロを使いました。
良いお天気で日差しは温かいですが、
道路脇の植え込みの葉っぱに張った氷に、冬を実感します。

Image1_6

今年は例年以上に寒さの厳しい12月になるようです。
寒さ対策を万全にして、この冬を快適に乗り切りたいですね。
 
さて、昭和基地のお天気は?
 
【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-2℃   
風向・風速:東北東10.6m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜10日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気: 晴れ
気温:5.9℃
 

P1070386

科学館のマスコットこけ坊も
クリスマス仕様になりました!
どうぞ皆さん会いに来て下さいね。
 
 

2017年12月 1日 (金)

ゾンデ展示リニューアル!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

一段と冷え込んだ今朝は、何気なく目にする景色がすべて
冬の色味を帯びている気がします。

さて、科学館の「高層気象観測用ラジオゾンデ」展示がリニューアルしましたsign01shine

P1070305 

ゾンデとはなんぞや?と思われる方も多いことでしょう。

ラジオゾンデは、上空の大気の状態(気圧、気温、湿度、風向、風速など)を
自動的に測定するセンサや、測定した情報を送信するための
無線送信機を搭載した気象観測器具のことです。



ゾンデ観測の様子↓
120923_2 

こんなふうにゴム気球につるして飛ばすんです!

ゾンデ観測は1日2回、世界中で同時に行われます。
得られたデータは各国の気象機関に送られ、
天気予報や気候変動・地球環境の研究などに利用されます。



科学館では、気球につるされたゾンデが再現されていたり
旧型と新型のゾンデ内部を見比べられる展示になっています。

P1070306

P1070307 

ご来館の際はぜひ細部までご覧になってくださいねeye
皆様のご来館をお待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-2.9℃   
風向・風速:西北西1.7m/s  
日の出:――――
日の入:――――

白夜9日目!


【東京都立川市】午前10時  
天気: 曇り
気温:7℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。