2017年10月19日 (木)

立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(10/18)、立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の研究者が詳しく紹介します。

極域科学シリーズは、毎年度6回の講座を開催しており、昨日は今年度の第1回目。
定員は40名ですが、それを超えるたくさんの方のお申込みがあり、
室内はいつも以上ににぎわいました。
寒い中来られた皆さん、ありがとうございました!!

 

P1070067

講師は、極地研究所 国際北極環境研究センター(若手のホープ!)の佐藤和敏さんshine

P1070069

「北極の気象観測と日本の天気予報」というタイトルで、
ご自身の研究や、実際の北極での観測の様子、そして、北極海での観測が
日本の天気予報に与える影響について、詳しくお話をしていただきました。

P1070066

P1070071 とても分かりやすい説明で、皆さん、「なるほどー」と、うなずきながら聞かれていました。

   

天気予報の精度の向上のため、どんな観測が必要なのか、また、
どの様な苦労があるのかがとても良く分かりましたconfident


極域科学シリーズの前半3回は、参加希望者多数のため、すでに受付を締め切りましたが、
後半3回はこれからの募集となります。
南極・北極科学館のイベント情報でも告知しますので、もうしばらくお待ちください。
※申込は立川市生涯学習推進センター(042-528-6872)です。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.2℃ 
風向・風速:東 7.6m/s 
日の出:4:06
日の入:20:10

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:11℃

2017年10月18日 (水)

10/18 南極までの道のり

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

朝から快晴なのはいつ振りでしょう…shine
明るい陽の光が貴重なものに感じられますね。
とはいえ長雨の間に季節が進んだようで、風は冷たいですね。
体温調節に気をつけたいところですmaple

第59次南極観測隊はいよいよ来月、南極へ向け出発する予定です。
観測隊は毎年11月に日本を出発し、オーストラリアまで空路で行き、
先に日本を出発していた観測船「しらせ」に乗り込みます。


その後しらせは氷海に入り、南極にある日本の基地・昭和基地への接岸を目指します。
(しらせが接岸を果たすのは12下旬から1月のはじめ頃です)
隊員は先にヘリコプターでしらせから昭和基地へ移動します。

しらせは厚い氷に囲まれた場合、一度後退してから勢いをつけて前進し、
船を氷に乗り上げ氷を割る「ラミング」という方法を繰り返し、
少しずつ基地周辺へ近づきます。

このように、厳しい環境である南極への道のりもまた、長く厳しいものなのです。

52 
↑昭和基地に接岸中のしらせ


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.9℃ 
風向・風速:東 6.3m/s 
日の出:4:11
日の入:20:06

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:15℃

2017年10月17日 (火)

10/17 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
雨の日が続いて、洗濯物がたまっていく一方です。
明日は晴れの予報になっていますので、
貴重な日差しを活用して洗濯物を片付けると良さそうですね。
 
昨日は真冬のような寒さとなりました。
10月なのに既に厚手の防寒着が恋しいですよね・・・
という事で、今日は科学館に展示してある
第1次南極地域観測隊の防寒服をご紹介します!
 
1次隊の衣類は天然繊維を使った物が多く、
防寒具は水鳥の羽を断熱材にした『羽毛服』、
靴はアザラシの皮を使った『防寒靴』を使用していました。
 

P1070065

写真の顔周りの毛皮は、1次隊ではウルヴァリン(イタチ科)の
毛皮を使用していましたが、輸入禁止になり、
その後コヨーテの毛皮に変わりました。
科学館に展示されているのは、コヨーテの毛皮です。
 
 
今日の昭和基地のお天気を見てみましょう!
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-26℃ 
風向・風速:北東 0.3m/s 
日の出:4:16
日の入:20:01

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:12℃

 
 

2017年10月14日 (土)

10/14 イベントのお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
冷たい雨が降ったり止んだりの立川市ですが、
今日は近くで箱根駅伝の予選会が行われるため
駅周辺は朝から多くの学生さんで溢れかえっていました。
 
今日の科学館は、立川体験スタンプラリーの
会場となっているため、こちらも朝からにぎわっています。
これからいらっしゃる皆さんも、どうぞお気をつけてお越しください。
 
イベントのお知らせです。
 
来月、11月2日は、立川市シネマ・ツー1階カフェで
国立極地研究所・地圏研究グループの本吉洋一教授による
サイエンスバーが開催されます。
 
サイエンスカフェ特別編~サイエンスバー~『南極最新事情』
 
 

日時:2017年11月2日(木) 19:00~20:30(18:15開場)
   ※開始直前は受付が混み合いますので、お早目にお越しください。
   なお、開場後すぐにお食事を提供いたします。
講師:第58次南極地域観測隊長/国立極地研究所地圏研究グループ教授 本吉洋一
場所:シネマ・ツー1階カフェ(立川市曙町2-42-26)
参加費:2,160円(税込)
   ピッツァ(2種類のうち1種類)orパスタ(1種類)、

   サラダ、ビール・ワイン・ソフトドリンク飲み放題
   ※追加オーダーOK(別途料金が必要)、ラストオーダー20:00
定員:先着30名
   ※お一人でお申込みの場合は、カウンター席となる場合がございます。
申込:事前申込制 
   ※科学館H・Pイベント情報の「申込フォーム」よりお申込みください
2017年3月に帰国した第58次観測隊の本吉隊長が、
南極からみた地球環境の変化とその生態系への影響など、南極の最新事情をお話します。
併せて、今年開設60周年を迎えた南極昭和基地の今をお伝えします。
 
お席のほうには、まだ若干、空きがございます。
お申し込みがお済みで無い方は、お急ぎください。
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れのち曇り
気温:-11℃ 
風向・風速:東北東 8.1m/s 
日の出:4:29
日の入:19:49

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:14℃

 
 
 
 

2017年10月13日 (金)

10/13 今日の昭和基地

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日は暑かったのに、今日になって急に気温が低下…。
体がついていけませんね。
皆様、体調を崩さないようお気を付けください。


さて、毎年10月には、第4次隊で殉職された福島紳隊員の慰霊祭が、昭和基地で行われます。
今年は、10月4日開催しました。(昭和基地NOW!!をご覧ください。↓)

http://www.nipr.ac.jp/jare/now/


1960年10月10日、福島隊員は、猛烈なブリザードに遭って行方不明となりました。
懸命な捜索活動にも関わらず、遺体は発見されず、10月17日に死亡が認定。
遺体は1968年、第8次隊から第9次隊に移る頃に、昭和基地から4kmほど南西の
西オングル島内で発見されました。
第8次隊の越冬隊長は、くしくも第4次隊と同じ鳥居鉄也隊長で、
また、同じく第8次隊には、福島隊員と直前まで一緒に行動し、
ブリザードではぐれた吉田栄夫隊員(現・公益財団法人 日本極地研究振興会 理事長)もいました。

3 【福島隊員の遺骨を背負う吉田隊員(右)】    写真提供:吉田栄夫氏

昭和基地では、福島隊員の事故を受けて安全対策を強化し、

それ以降は隊員の死者を出していません。

また、遭難した福島隊員を、戻ってきた吉田隊員と一緒に

ブリザードの中捜索しに出た村石幸彦隊員は、

現在、南極・北極科学館で売店勤務のかたわら、
時々ナビゲーターをしてくださっています。


吉田隊員、村石隊員には、以前インタビューに答えていただきましたので、
ぜひこちらもご覧ください。

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/kikaku2016/interview/yoshida.pdf

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/kikaku2016/interview/muraishi.pdf

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪のち曇り
気温:-7.9℃ 
風向・風速:東北東 16m/s 
日の出:4:34
日の入:19:44

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:14℃

2017年10月12日 (木)

10/12 公開講座のお知らせ

おはようございますsun
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

日中は暑さ対策、夜にかけては雨と冷え対策が必要になりそうです。
どうやら今晩しっかりと季節に区切りがつくようですね。
冬の足音も聞こえてくるのでしょうか?


さて、そんな季節は…winkflair

いつもたくさんの方にご参加いただいている
立川市教育委員会、市民推進委員会、極地研究所の
協働企画の公開講座penguin

この秋冬も開催いたします!

 「極域における最新の研究テーマとその成果」について紹介する
こちらの講座、第1回目は来週水曜日です。


「北極の気象観測と日本の天気予報」

日時:2017年10月18日(水)
講師:国際北極環境研究センター特任研究員 佐藤和敏
時間:18:30~20:30
定員:先着40名(事前申込制)
受講料:無料
会場:立川市女性総合センター・アイム(5階 第3学習室)
申込:立川市生涯学習推進センター(042-528-6872)

極地や地球環境について考え、知識を深めてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしておりますshine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り後吹雪
気温:-15.9℃ 
風向・風速:西南西 2.5m/s 
日の出:4:39
日の入:19:40

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:25℃

2017年10月11日 (水)

10/11 今日の昭和基地

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

気温が高い日が続き、冷たい飲み物が美味しく感じますね。
明後日からはまた気温が下がるようですので
体調を崩さないように気をつけたいですね。


さて、昭和基地のお天気はどうでしょうか?

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-21.8℃ 
風向・風速:北北東 1.3m/s 
日の出:4:43
日の入:19:36

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23℃




まだまだ気温は低いですが、昭和基地は「春」を迎えています。

http://www.nipr.ac.jp/jare/now/index.html

こちらは以前にも紹介した「昭和基地NOW」のページです!
9月下旬から昭和基地は好天が続き、野外で観測をする隊員の様子が書かれています。


南極とは反対の北極は、秋から冬に向かっています。


Umdscn3210

植物も色を変え、動物も気温や自然環境の変化に適応するために
体毛の量や色が変化します。

極地の厳しい自然環境で生き抜く生き物たちからパワーをもらい
日本にいる私たちも、この季節の変わり目を乗り越えていきたいですね。


2017年10月10日 (火)

10/10 展示紹介

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館ですhappy01

10月に入ったと思ったらあっという間に10日…。
一日一日を大切に過ごしたい今日この頃です。


さて、科学館を入ってすぐのホールには
「南極観測のあゆみ」をパネルでご紹介しています。

P1070062


 第1次隊が南極へ向け出発した1956年から近年までの出来事がズラリ!
基地開設、南極点到達、初の女性隊員参加…
その様々な基地や観測の歴史を知ることができます。

きっと、このわずか1行ずつの出来事のひとつひとつの背景には
言い尽くせないほどたくさんの人の熱意があり、紆余曲折もあったことでしょう。
そう思うたび、「南極観測」のひとことに重みを感じます。

皆様もご来館の際にはぜひご覧になってみてくださいね。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-18.6℃ 
風向・風速:北 0.9m/s 
日の出:4:48
日の入:19:32

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23℃

2017年10月 7日 (土)

10/7 イベントのお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
昨日までの寒さで、慌てて厚手の上着などを
出した方も多いのではないでしょうか?
寒さのほうは、この先、少し落ち着きそうですね・・・
 
 
10月のサイエンスカフェのお知らせです。
 
10月27日(金)は、
国立極地研究所・気水圏研究グループの
ヌアスムグリ アリマスさんを講師にむかえて
サイエンスカフェを開催いたします。
 
テーマは『北極・南極の雪はいつとける?』です。
 
地球温暖化の影響でとけていると言われている極地の雪氷がですが
いつ、どこで、どのようにとけているのか?
正確な情報を得るためにおこなった
アラスカと南極の観測の様子と
リモートセンシングセンサーをご紹介します。
 
 

日時:2017年10月27日(金) 18:00~19:30
講師:気水圏研究グループ 特任研究員 ヌアスムグリ アリマス
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込: 不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

 
皆様のご参加をお待ちしています。
 
【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-16℃ 
風向・風速:北東3.6m/s 
日の出:5:01
日の入:19:20

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:15.6℃
 
 
 

2017年10月 6日 (金)

10/6 研究成果のご紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早くも温かい飲み物が欲しくなるような気候ですね。
9月まではまるで考えていなかった「今年もあと…」ということを
今日初めて意識したように思います。

さて、国立極地研究所のHPでは様々な研究成果を公開しています。

http://www.nipr.ac.jp/archive.html#2016seika

最近は特に次々と発表されていますのでぜひご覧下さいwinkpc

研究というと堅く難しいイメージがあるかもしれませんが
どれも地球全体を知るため、過去を調べ未来を予測するものですので
私たちの生活にも深く関わってきます。

「江戸時代のオーロラ絵図と日記から明らかになった史上最大の磁気嵐」
「ペンギンがクラゲを捕食する行動をビデオによる観測で発見」
など、ちょっと詳しく知りたくなってきませんか?flair

そして一番最近のものは
「北極のブラックカーボン測定の著しい高精度化に成功」。
大気中の微粒子「エアロゾル粒子」の一種であるブラックカーボン。
今まで難しかったその高精度の測定に、独自に開発した測定装置によって成功したというものです。

研究成果一覧、ぜひチェックしてみてくださいね。
今まで知らなかった、興味深い世界が見つかるかもしれませんよ。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-13.1℃ 
風向・風速:北東4.5m/s 
日の出:5:06
日の入:19:16

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:16℃

今日はこれから雨になるとの予報ですのでお出掛けの際はお気をつけ下さいsprinkle

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。