2020年3月12日 (木)

臨時休館延長とイベント開催延期のお知らせ

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
2月29日(土)から臨時休館とさせていただいておりますが、
再開予定日であった3月17日(火)以降も
引き続き休館の期間を延長することといたしました。
申し訳ございませんが、再開日は未定です…。
今後の状況を鑑みながら慎重に判断し、
再開が決まり次第、南極・北極科学館HPでお知らせいたします。

臨時休館延長に伴い、予定していたイベント
「めざせ!極地の研究者」、「サイエンスカフェ」、
そして春の企画展示「南極猫たけしと仲間たち」も
しばらく開催できなくなってしまいました。
楽しみにしてくださっていた皆さん、ご協力いただいた皆さん、
本当に申し訳ございません…weep
現在、開催日を検討中です。
こちらの詳細も、決まり次第、南極・北極科学館HPでお知らせいたします。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

Photo

2

 

2020年2月28日 (金)

3月のイベントについて

南極・北極科学館です。

3月のイベント延期についてのお知らせです。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、科学館主催のイベントを当面延期いたします。

詳細はこちら→イベント延期のお知らせ

また、明日(2/29)までの開催予定していた冬の企画展示
「南極隕石展 -やまと隕石発見50周年- 」
新型コロナウィルス感染防止のため、本日2/28(金)をもって終了といたします。

2019年度冬の企画展示「南極隕石展 ーやまと隕石発見50周年ー」


そして、3月7日(土)から開催を予定していた春の企画展示
南極猫たけしと仲間たち 〜南極観測隊と動物たちIII〜
開始日を3月17日(火)に変更いたします。

南極・北極科学館 春の企画展示 「南極猫たけしと仲間たち ~南極観測隊と動物たちⅢ~」

様々な予定が変更となり、ご不便をおかけいたします。
ご参加を楽しみにしていた皆さまには大変申し訳ありませんが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



2020年2月27日 (木)

臨時休館のお知らせ

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日はお知らせがございます。


国内外での新型コロナウィルスの感染症拡大の防止のため、
来館者と周囲の皆様の安全を考慮し、
2月29日(土)から3月14日(土)までの間、臨時休館とさせていただきます。


再開日につきましては、3月17日(火)を予定しておりますが、
引き続き、状況を注視しながら対応を検討してまいります。

最新状況につきましては、国立極地研究所および
南極・北極科学館ホームページにてご案内いたします。



科学館ホームページには、
新型コロナウィルスなどの感染症に関する当面の対応についてのお知らせ
も掲載していますのでご覧ください。




来館を楽しみにされていた皆さまには、大変ご迷惑をおかけしますが、
何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

2020年2月26日 (水)

「南極隕石展」今週まで!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

現在開催中の
冬の企画展示「南極隕石展 - やまと隕石発見50周年 -」が、
いよいよ今週の土曜日に最終日を迎えますsign03
2019年度冬の企画展示「南極隕石展 ーやまと隕石発見50周年ー」
やまと隕石発見50周年を記念し、
「南極隕石」について詳しくご紹介している今回の企画展示。

1969年12月、第10次南極地域観測隊が、南極・やまと山脈で9個の隕石を発見し
それが、南極における隕石探査の始まりでした。

第10次隊の当時の貴重な写真の展示や、

P1120138



この企画展示の間だけ特別に展示している南極隕石の実物もshineeye

P1120137



みどころ盛り沢山flair


残すところ今日を含めて、あと4日間。
2月29日(土)までの開催ですよ~
お見逃しなくwink

P1120140




~お知らせ~
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、
南極・北極科学館では、一部の展示を休止・制限するなどの対策をしております。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-2.3℃
風向・風速:東北東22.5m/s
日の出:4:48
日の入:20:20

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:7.8℃

2020年2月25日 (火)

交代から成立へ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。


第60次隊から第61次隊に、昭和基地の実質的な管理・運営が引き継がれる
「越冬交代式」が行われたのは2月1日のこと。


そして先日2月20日には、第61次隊の「越冬成立式」が行われましたshine

1b5246682800wri 式後の記念撮影(61次隊ブログより)


隊長が、越冬隊一人一人の名前を読み上げ、越冬に向けた意志確認を行い、
61次隊の越冬の準備が整ったことから、越冬成立が宣言されました。

来年また同じように次の隊と交代するまで、昭和基地を守る30名の
61次越冬隊に、応援をよろしくお願いしますrockhappy01




61次隊の情報は、観測隊ブログをはじめとする観測隊の活動ページ
そして科学館展示室を入ってすぐ右手のコーナー↓を、ぜひご覧ください!

Img_2111


~お知らせ~
新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、
南極・北極科学館では、一部の展示を休止・制限するなどの対策をしております。
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-8.2℃
風向・風速:北東2.2m/s
日の出:4:44
日の入:20:25

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:11.0℃

2020年2月22日 (土)

猫(たけし)の日

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日のブログでも紹介しましたが
本日2月22日は「猫の日」cat
南極・北極科学館では、第1次隊と南極で越冬した唯一の猫

02takeshi026

「たけし」の写真を使用したミニカレンダーをプレゼントしています!
※数に限りがございます。無くなり次第終了とさせていただきます。

そして、猫の日にちなんで「22人目」のお客様には

Img_3777

国立極地研究所 宙空圏研究グループの片岡龍峰准教授 作の
絵本『オーロラみつけた』をプレゼントしました!

(片岡准教授ご本人より寄贈していただきました!)
絵本に登場するねこは、たけしがモデルになっているんですcat

Img_2108

22人目は団体で遊びにきてくれた子どもたちshine
「素敵なプレゼント、嬉しいです!」と
喜んでいただけました。

本日の開館は通常通り、17時までとなっています。

Dscf0784【カラフト犬ブロンズ像&アーカイブ室スタッフ作のたけし看板】

皆様のご来館、お待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-3.4℃
風向・風速:北北東3.2m/s
日の出:4:30
日の入:20:39

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:12.5℃

2020年2月21日 (金)

明日はニャンニャンニャン

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。



明日2月22日はニャン・ニャン・ニャンで「猫の日」catheart04
(今年は2020年2月22日で「2」が5つも並び、濃いめのニャンニャン感です)


というわけで明日は、来館記念プレゼントをご用意していますよwink


チラッ
Img_2104 
※数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。

お楽しみに!happy02


ということは…今日2月21日はニャン・ニャン・ワンで猫と犬の日?!catdog

先日のブログでもお知らせしましたが、
ただ今科学館では春の企画展示「南極猫たけしと仲間たち」を準備中☆
南極・北極科学館 春の企画展示 「南極猫たけしと仲間たち ~南極観測隊と動物たちⅢ~」

日本から南極に行ったカラフト犬や猫のたけしをはじめ、
初期観測隊と動物たちとのエピソードをご紹介します。

掲示予定の写真には、カラフト犬たちとたけしが仲良く遊んでいる写真も。
Img_2103

道で出会うと「ワンワン!!!impact」「しゃーっannoy」となる犬と猫ですが…
南極で仲良く過ごす姿はなんとも和やか。


他にも、約60年の時を経てふたたび南極へ行ったたけし(の、フェルト人形)の
現地での写真や実物も展示予定です。

どうぞご期待下さいhappy01note



開催中の冬の企画展示「南極隕石展」は2月29日までです。

2019年度冬の企画展示「南極隕石展 ーやまと隕石発見50周年ー」
解説パネル、写真や貴重な実物展示などをお見逃しなく!
皆様のご来館をお待ちしておりますshine



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-5.6℃
風向・風速:東6.7m/s
日の出:4:26
日の入:20:44

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:10.2℃

2020年2月20日 (木)

立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(2/19)、立川市共同企画公開講座極域科学シリーズを開催しました。
この講座は、立川市教育委員会・たちかわ市民交流大学市民推進委員会
・国立極地研究所の協働企画の公開講座です。
極域科学シリーズは、毎年度 前半・後半3回ずつ講座を開催しており、
昨日は後半の第2回目。
講師は、地圏研究グループ 堀江 憲路(ほりえ けんじ)助教。


「石の年齢の調べ方」というタイトルで、お話をしていただきました。
内容は…
むむむむむずかしいeyesweat01
でもすごくおもしろいsign03
専門的なお話も多かったので、恥ずかしながら私の頭では半分も
理解できていませんが…とにかく興味深いお話が盛りだくさんでした!

まずは自己紹介。

Img_2094

前半は、石の年齢の調べ方や代表的な年代、数値年代、時間の定義についてのお話。
「石の年代」もいろいろ。
世界最古の鉱物は、オーストラリアのJack Hillsで発見された約44億年前のもの。
世界最古の岩石は、カナダで40億年前のものが見つかっている。
日本最古の鉱物は黒部市の38億年前。
などなど・・・

では、その年代を調べるにはどうしたら良いのでしょうか?
地質年代学についても詳しくご紹介。

Img_2096


じゃあ、そもそも「時間」とは?
1年は365日、1日は24時間。それが当たり前のことだと思っていましたが、
地質記録から14億年前の地球の1日は18時間だったと判明したそうです。
地球の回転する速さは一定ではなく、遅くなっているのですね。
地球の自転、公転から時間を割り出すのは不正確…ということで、
現在では、温度0K(ケルビン)におけるセシウム原子時計を使って、
゛1秒″を定めているのだとか。
知らなかった…。

「年代」を調べるためには、そもそもの「時間」の定義が必要なのだと
よくわかりました。

Img_2098

続いて、石を調べるために必要な機械、SHRIMPのお話。
高感度高分解能イオンマイクロプローブ(Sensitive high-resolution ion microprobe)の
頭文字を取り、また、形がエビに似ているということから「シュリンプ」と呼んでいます。
世界で19台しか稼働していないSHRIMP。日本には4台、うち2台はなんと極地研にあります。
数マイクロメートルの領域で、固体試料の化学組成・同位体組成を分析する装置です。
このSHRIMPを使って「ジルコン」という鉱物を分析することで、鉱物ができた年代を
決めることができます。

Img_2100

Img_2102

SHRIMPの歴史や仕組み、そしてSHRIMPを使った年代測定などについても詳しくお話

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://shrimp.nipr.ac.jp/

「チバニアン」の年代測定に関わった堀江さん。
最後はチバニアンの裏話でした。

Img_2093

終了後、参加された方からは「おもしろかった!」「もう一度聞きたい!」と
うれしいお言葉をいただきました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!


次回は今年度最終回。3/11(水)です。
お申し込みは生涯学習推進センター(042-528-6872)へお願いいたします。
※定員40人(申込順)

なお、チバニアンに関しては、現在、南極・北極科学館にて
パネル展示で詳しくご紹介しています。
極地研究所で行った記者発表の映像もご覧いただけますよhappy01

Img_1985


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-8.4℃
風向・風速:東北東3.9m/s
日の出:4:21
日の入:20:48

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:9.1℃

2020年2月19日 (水)

南極観測船しらせ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

現在、南極観測船「しらせ」は、昭和基地沖を離れて復路航海の真っ只中です。

往路と同様に復路でも、南極海のいくつかの観測ポイントを回航し
海洋観測を行いながら日本に向かっています。

最近の61次観測隊ブログにも、観測装置の回収時の様子が
その場の雰囲気がとてもわかりやすく伝わってくる写真と
ともに紹介されているので、要チェックですshineeye


南極・北極科学館では、南極観測船「しらせ」の模型を展示しているのですが、
この模型、細かい所までよくできていますsign03

Img_1782


「しらせ」の実際の写真と比べてみても、

こちらが実物camera

Dji_0021


こちらが模型yacht

Img_1789



そっくりsign01



61次観測隊ブログの「係留系を捕獲せよ」の記事を読むと
出てくる場面が、船のどのあたりで行なわれた作業だったのか、
ブログの写真をもとに模型で推測できますよflair

たとえば
浮かんでくるはずの係留系を探す隊員達がいたのは、
模型だと、この奥の所かな…P1120129




係留系の捕獲のためにヨツメを持って待機する乗員のみなさんがいたのは、
カーブした柱と頭上に見える救命ボートが、模型だとまさにこの甲板かな…

P1120133


ぜひ、南極・北極科学館で

南極観測船「しらせ」の模型をじっくり眺めてみてくださいwink


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-4.7℃
風向・風速:北北東6.7m/s
日の出:4:17
日の入:20:53

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:8.5℃

2020年2月18日 (火)

展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

展示室に横たわる、なが~~い、これっていったい??

P1090445


答えは、氷を掘るドリルです!
正式名は「液封電動メカニカル型氷床深層ドリル」 


…名前もながい(゜ ゜;)


南極大陸は、降った雪が押し固められてできた、
厚くて広大な「氷床(ひょうしょう)」に覆われています。

14m 

氷床の奥深くには過去の大気などが閉じ込められており、
気温地球の環境変動を知るための貴重な試料となります。



この専用ドリルを使って長い円柱状に氷を掘り出し、
雪が降ったときの気温や二酸化炭素濃度などを調べますsearch

D0171掘り出した「アイスコア(氷床コア)」


日本の観測隊が今までにどのくらいの深さまでアイスコアを掘削しているのかというと…

3,000m以上(地上に立てたら富士山の高さに届きそうなくらい!fuji
約80万年前の氷に達しているのです!

P1090446 おもなアイスコア掘削地点とそれぞれのアイスコアの長さ(低温室作成)


規模が、スゴイ…。

ぜひ科学館で、間近に掘削ドリルの長さを実感してみてくださいね。
関連する最近の研究成果も展示していますのでご覧くださいeye

P1090447 

ご来館をお待ちしております☆


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-6.1℃
風向・風速:東北東4.5m/s
日の出:4:12
日の入:20:58

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:8.8℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。