« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

4/28 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

つい半月前まで淡いピンク色に埋め尽くされていた景色が
夢だったかのように、すっかり若草色に覆われましたね。

さて、いよいよGWsun
旅行される方も多いのではないでしょうか。

南極で旅行というと…?

内陸部の氷床調査を
「内陸旅行」
南極点までの調査を
「南極点往復旅行」
などということがあります。

南極まで行くにも大変な道のりなのに
さらに大陸の中でも移動して調査するのですね。

南極・北極科学館では、第9次隊が
はじめて南極点往復旅行に成功したときの
雪上車の実物がご覧いただけます!

Kd60 

往復5,200kmにもおよぶ旅をした雪上車は
展示室内でもひときわ迫力があり、
隊員たちの想いや歴史が伝わってくるようです。

ぜひ近くでご覧になってみて下さいね。



なお、明日4/29は祝日のため休館ですのでお気をつけ下さい。
GWは5/2(火)、5/5(金)、5/6(土)が開館です。
皆様のご来館をお待ちしておりますhappy01

2017年4月27日 (木)

4/27 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

雲の多いお天気ですが
陽が出るとたちまちジリジリsunしますので
それよりは過ごしやすそうですね。

極地研の脇、西側の道は国営昭和記念公園沿いということもあり、
日に日に緑がふかふかに生い茂り
森の中を歩いているような気分になれますよconfident


さて、今日は展示物のご紹介です。

南極・北極科学館の展示室を入ってすぐの
南極大陸の模型…

P1050797


その、下段に注目ですeye

P1050799


常に厚い氷(氷床・ひょうしょう)に覆われている南極大陸。
こちらは、その氷床を取り除いた「陸」のみの部分の模型です。

上段は氷床を含めた模型ですのでぜひ見比べてみてください。

「氷床はこんなに大きいんだ!」
「陸の部分はこんな形なんだ」と
見て知って、楽しんでいただけることと思います。

まさに南極は「氷の大陸」という言葉がぴったりですねsnow

2017年4月26日 (水)

4/26 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

今朝は曇り空で、肌寒く感じられる立川市です。
ゴールデンウィークshineは良いお天気になるといいですね!

先日、『しらせ』の体験航海に行ってきたという事もあり、
今日は科学館の館外に展示してある南極観測船『しらせ』の
スクリューブレードのご紹介をしたいと思います。

shipが動くためには、推進力という船を進める力が必要になります。
帆船などでは風の力を帆に受けて、前に進みます。
ボートなどの小さな船では、オールをこいで前に進みます。
『しらせ』は、電気の力でモーターを動かし、
スクリューを回して進みます。

国立極地研究所の南極観測センターの入り口には、
初代『しらせ』のスクリューブレード(防衛省貸与)が置かれています。
P1020918 
初代『しらせ』は3つのスクリューを持つ3軸で、
1つのスクリュープロペラは4枚羽構造となっています。
(ちなみに新『しらせ』は2つのスクリューを持つ2軸です。)
科学館の模型を見ていただくと、わかりやすいと思います。

P1020919
P1020922

このスクリューブレード(羽根)はチタン合金で、
高さ2.1メートル、重さ3.4トンと、
実際にご覧いただくとわかりますが
かなり大きくずっしりとした構えになっています。

ちょっと科学館からは離れた、わかりにくい場所にありますので、
ご覧になりたい方は、ぜひ科学館スタッフにお問い合わせください。

今日もご来館をお待ちしています。

      

2017年4月25日 (火)

4/25 GW休館日のお知らせ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

このところ風がすこし肌寒い日はあるものの
陽射しは初夏のようにまぶしく、
確実に季節が進んでいることを知らせてくれますsun

皆様はゴールデンウィークのご予定はお決まりでしょうか?

南極・北極科学館は…

4/29(土・祝)休館(danger土曜日ですが祝日なので休館です)
4/30(日)休館
5/1(月)休館
5/2(火)〇開館
5/3(水・祝)休館
5/4(木・祝)休館
5/5(金・祝)〇特別開館
5/6(土)〇開館
5/7(日)休館

通常どおり日・月・祝が休館ですが
5/5(金)こどもの日のみ特別開館&イベント開催予定です!


diamond越冬隊員と話そう!diamond
南極昭和基地とのライブトークを行います。
越冬隊員に直接質問してみよう。
日時:2017年5月5日(金)15:00~15:30
場所:南極・北極科学館内 オーロラシアター横
申込:不要(直接会場にお越しください)
※このイベントに伴い、
当日14:45~15:45頃までオーロラシアターを休止いたします。

▼昨年の様子
P1040119

P1040112

南極にいる観測隊員たちと直接話せるチャンスです。
なかなかできない体験を、ぜひ!
皆様のご来館をお待ちしていますwink



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11℃     
風向・風速:北北東4.7m/s      
日の出:8:39
日の入り:15:59

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:18℃

2017年4月22日 (土)

4/21 サイエンスカフェ開催しました

こんにちはpenguin
南極・北極科学館です。

不安定な天候も落ち着き、今日は過ごしやすいお天気になりそうですね。

昨日(4月21日)、今年度初のサイエンスカフェを開催しました。

P1050736 

テーマは『南極最新情報』

講師は先日帰国したばかりの
第58次南極地域観測隊隊長・国立極地研究所 広報室長の本吉洋一教授です。


D5000_366

昭和基地開設60周年の記念すべき本年。本吉隊長は
「昭和基地にちゃんちゃんこを着せに行くのも今回の重要なミッションのひとつでした」
と語ります。

P1050737_2

南極を目指した先人の偉業についての話や



P1050739 

南極観測が始まった60年前の話

P1050749

そして現在:第58次隊の活動についての紹介もしていただきました。

11名で越冬した1次隊から、今では33名が越冬するまでに基地の生活環境も整えられていること
その年の海氷状況が、昭和基地への物資輸送に大きく関わっていること

大気、雪氷、海洋、生物、地質調査の現在についても語っていただきました。

特に参加していた子ども達の関心をひいていたのは

P1050756_2


ペンギン調査の話ですpenguin

海氷の減衰により親鳥がエサをとることが楽になり、ヒナの生育が例年にくらべて良かったそうです。
反面、シャチやアザラシなどの外敵が営巣地のすぐ近くにきてしまうことで、今後どのような影響がでるのかは
継続的な調査が必要になります。


P1050783

子ども達も、隊長に質問!
「ペンギンの調査をする人はいますか?」
「昭和基地の建物は誰が、何人くらいで建てるんですか?」など

未来の観測隊がここから誕生してくれることを願っています!


参加していただいた方々、ありがとうございました。

サイエンスカフェは今後も毎月、実施予定です。随時HPにアップしていきますので
ぜひ、ご参加ください!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-8℃    
風向・風速:東北東16.9m/s      
日の出:8:26
日の入り:16:12

【東京都立川市】午前10時     
天気:くもり
気温:16℃







 

2017年4月21日 (金)

4/21 本日サイエンスカフェ開催します!

おはようございます。
南極・北極科学館です。

東京は雨が降ってきそうな曇り空のお天気です。
4月に入り気温のアップダウンがはげしく、新年度も始まり…
ちょっとお疲れの方も多いのでは?と思います。

そんな方たちにもお勧めのイベント、本日開催です!

_tak0717

~南極最新情報~

  • 日時:2017年4月21日(金) 18:30~20:00
  • 講師:第58次南極地域観測隊長 / 国立極地研究所広報室長 本吉洋一
  • 場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
  • 参加費:無料
  • 申込:不要(直接会場にお越しください)
  • 定員:先着40名程度

先月帰国したばかりの観測隊長が、南極のホットな話題をお話します。
 
地球と宇宙を観測する「窓」である南極を、のぞいてみませんか?
きっと、地球からのパワーをもらえると思いますよ!

皆様のご参加をお待ちしていますwink


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:弱い雪
気温:-12℃    
風向・風速:北1.7m/s      
日の出:8:22
日の入り:16:17

【東京都立川市】午前10時     
天気:くもり
気温:14℃



2017年4月20日 (木)

4/20 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

この頃、夏日や真夏日が続いていたため
今朝はすこし肌寒く感じられました。
(が、これが平年並みですよね…coldsweats01

若葉が目に鮮やかな季節になりましたね。
花を付けていない街路樹も緑だけでじゅうぶん華やかで
雨上がりなどは発光しているかのよう。
この時期の植物の勢いには迫力があります。


さて、今日は展示物のご紹介です。
展示室を入って右手すぐには…

南極観測隊の「雪靴(ゆきぐつ)」が!eye

P1050731

P1050732

滑りにくさはもちろん、
保温性、速乾性に優れており、凍傷を防ぎます。

これ、持ってみると片足だけでも結構重い!
そしてつま先の部分はカチカチ!

やはり南極は、体を厳重に守らなければ
活動できない厳しさなのですね。


南極・北極科学館ではこの雪靴や長靴を
実際に履いてみることもできますよ。
ぜひこの重み、頑丈さ、体験してみてください。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-13℃    
風向・風速:東9.2m/s      
日の出:8:18
日の入り:16:21

【東京都立川市】午前10時     
天気:晴れ
気温:18℃

2017年4月19日 (水)

4/19 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

昨日は今年初の夏日となった東京ですが・・・
今日も暑い一日になりそうですね。
朝から日差しがまぶしい立川市ですが、
この時期は油断禁物です!
紫外線は4月頃から急激に強くなってきます。
長時間の外出時には、しっかりと紫外線ケアを!

花粉のアレルギーが落ち着いたと思ったら、
今度は紫外線アレルギー・・・
まだまだ私にとって(">ω<)つらい季節が続きます。

そこでちょっとオゾンのお話を。
太陽からの紫外線を吸収して、私たちを守っているのがオゾン層です。
オゾン層が破壊され、有害な紫外線にあたると、
皮膚ガンや白内障、免疫低下による
ウィルス性の病気にかかりやすくなります。
実際にそのような病気を発症する人が増え続けているそうです。

フロンガスがオゾン層破壊の原因の一つとされていますが、
このフロンガスの使用を世界的に制限するきっかけとなったのが
日本の南極観測の成果であるオゾンホールの発見なのです!

続きは南極・北極科学館で!

P1050730

科学館の四次元デジタル地球儀『ダ ジックアース』で、
オゾンホールを確かめてみましょう。
トラックボールを くるくる回すと、好きな場所を
映して見ることができ ますよ。

ご来館お待ちしております~!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:弱い雪
気温:-18℃    
風向・風速:東4.7m/s      
日の出:8:14
日の入り:16:26

【東京都立川市】午前10時     
天気:晴れ
気温:21℃

      

2017年4月18日 (火)

『しらせ』体験航海のご報告

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

早朝の東京は春の嵐となりましたが、
お天気はこれから次第に回復し、気温は28℃まで上がる予報ですね。
湿度も高いようですので熱中症wobblyには十分ご注意ください。

今日の昭和基地のお天気は??

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時) 
天気:弱い雪
気温:-13℃    
風向・風速:北東1.7m/s      
日の出:8:10
日の入り:16:30

【東京都立川市】午前10時     
天気:晴れ
気温:19℃

~体験航海のご報告~

4月14日(金)、南極観測船『しらせ』の体験航海に参加してきました。
『しらせ』は、4月10日に南極から帰ってきたばかり。
5カ月の航海を終えたその姿は、船底に近い部分の塗装がはがれ落ち、
改めて氷海の中をがんばってきたのだなぁ、と思うのでした。
無事に任務を果たした誇らしささえ感じました。
P1020917
この日は、海も穏やかで日差しもあたたかく航海日和。
船は晴海ふ頭を出発して横須賀港へと向かいます。

乗船してまず視界に飛び込んできたのが停泊中の
『クリスタル・シンフォニー』
P1050685
こんな客船で旅をしたいな~と思いながら、
こちらも『しらせ』で優雅な船旅気分ship

東京タワーを右手に臨み、
レインボーブリッジの下へ差し掛かると・・・
P1050695
 ギリギリの高さでスリリングに橋の下を通過する『しらせ』。
船上から見上げる橋は壮観でした。

そして4月1日から公開が再開されたばかりの
船の科学館の初代南極観測船『宗谷』の姿が・・・
(大事なところでシャッターチャンスを逃すも)
『しらせ』から眺める『宗谷』の姿には感無量!

空港が近いこともあって、頭上を
たくさんの航空機が飛んでいきます。
P1020887
甲板では南極で大活躍だったヘリコプターが
実際に飛び立つところも見学でき、皆、少々興奮気味。

船上では他にも様々なイベントが・・・
ラッパ&手旗の実演もありました。
『しらせ』での生活は、起床のラッパで始まり、
最終のラッパの合図でデッキの清掃、その日の反省をして
1日が終わるのだそうです。
P1020911
P1020915

手旗は、私にはさっぱり??解読できませんでしたが、
クイズも出題され、正解者には豪華プレゼントが!!
南極行きのチケット?アザラシのくん製??
なんて海上自衛隊の方はおっしゃられていましたが・・・
真相やいかに!?

南極直送のキレイに四角くカットされた
氷も公開されていました。

P1050679_3


少し寒くなってきたので中に入り
迷路のような船内を彷徨っていると、
なんと本吉隊長のお部屋を発見!!
帰ってきたばかりの『しらせ』の各部屋のプレートには、
よく知っている観測隊員の皆さんの名前が
まだそのまま残っていてcatface熱いものが込み上げてきました。

その後、無事に横須賀港に入港。
船を降りても足元はふわふわ・・・
非日常を体験でき、大変、有意義な一日となりました。


2017年4月15日 (土)

4/15 イベント情報

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


今日は、昨日より気温が上がりそうですね。
科学館の裏の桜もだいぶ散ってきました・・・
散り際の桜も美しいものです。
お散歩がてら、ぜひ科学館へご来館ください。

P1050722

イベントのお知らせです。
来週金曜日は、いよいよ第58次南極地域観測隊、
本吉隊長によるサイエンスカフェの開催です!
先月、南極から帰国したばかりの本吉隊長から
最新の南極のお話をしていただきたいと思います。
他ではなかなか聞けません!

_tak0569

 ~南極最新情報~

  • 日時:2017年4月21日(金) 18:30~20:00
  • 講師:第58次南極地域観測隊長 / 国立極地研究所広報室長 本吉洋一
  • 場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
  • 参加費:無料
  • 申込:不要(直接会場にお越しください)
  • 定員:先着40名程度

たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております!
お席は十分ご用意しておりますが、
ご参加者多数の場合は、立ち見とさせていただきます。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-15℃    
風向・風速:南4.2m/s      
日の出:7:58
日の入り:16:44

【東京都立川市】午前10時     
天気:晴れ
気温:20℃


プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。