« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

5/31 今日の科学館

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

5月も今日が最終日ですね。
科学館の周りには、まだツツジがきれいに咲いています。

P1060097

先日もお知らせしましたが、科学館の
春のミニ企画展示も、今日が最終日となりました。

昨日まで、約2ヶ月間の期間中の来館者数は
なんと8,000人以上!!shine
これは、昨年の同じ時期と比べると
約2倍の来館者数となります。
ご来館いただいた皆さま、
本当にありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

・・・と言いたいところですが、
好評につき、6月中旬まで
春の企画展示を延期したいと思いますsign03

どうぞ、常設の展示と合わせてご覧ください。

そして昭和基地のほうは、
今日から極夜に入りました。
太陽が大地をあたためないため
これから寒さはいっそう厳しくなります。
次に太陽sunが見られるのは、7月半ばになります。
長い夜ですね・・・

お天気を見てみましょう!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-11.9℃     
風向・風速:東4.5m/s   

極夜1日目

【東京都立川市】午前10時      
天気:曇り
気温:26℃

今日も皆様のご来館をお待ちしております。


2017年5月30日 (火)

5/30 研究所HP紹介

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

5月も残すところ2日ですね。
日に日に陽は強く、緑は濃くなっていくようです。


さて、皆さんは国立極地研究所HPの
「研究成果」や「トピックス」をご覧になったことがありますか?

こちらでは最新の研究成果やニュースを知ることができるんですeye
http://www.nipr.ac.jp/archive.html#2016seika


最近のものでは…
☆「最速で瞬くオーロラの撮影に成功」
☆「真壁竜介教授が日本海洋学会日高論文賞を受賞」
☆「昭和基地NOW更新」
などがあります。


「最速で瞬く~」ではオーロラの動画が、
「昭和基地~」ではドローンで見た昭和基地の画像が
ご覧いただけますよflair


南極・北極科学館でも、研究成果の一部を
パネルにしてところどころに展示していますので
見つけてみてくださいね。

P1060095

P1060096

極地の研究に気軽に触れることが出来ますよ。

皆様のご来館をお待ちしていますhappy01




【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11.6℃     
風向・風速:東6.9m/s      
日の出:12:04
日の入り:12:34

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:24℃

2017年5月27日 (土)

5/27 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


3月25日(土)から約2ヶ月間、
開催してきた春のミニ企画展示
「南極フォトギャラリー ~JARE57-58 Memories~」ですが、

P1060094

とうとう来週5月31日(水)が最終日となりす。
第57次・第58次南極地域観測隊の皆さんが
撮影した写真はいかがでしたでしょうか?

P1060092


期間中、科学館に足を運んでくださった皆さん
本当にありがとうございました。
まだ来館できていない・・という方、
今からでもまだ間に合います!
お待ちしております。

科学館では、夏の企画展示についても
現在準備を進めているところです。
皆さんどうぞお楽しみに!!

そして春の企画展示の終わりとともに、
昭和基地は一日中、太陽が昇らない極夜に入ります。
58次越冬隊の皆さんはどんな日常を
送っているのでしょうか?
そちらもまた、ご紹介できたら、と思います。

今日も皆様のご来館をお待ちしています。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々くもり
気温:-14.8℃     
風向・風速:東北東3.5m/s      
日の出:11:26
日の入り:13:11

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:21.3℃

 

2017年5月26日 (金)

5/26 イベントのお知らせ

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

来週の金曜日にはサイエンスカフェを開催予定ですhappy02


「南極から宇宙を測る」




極域の夜空に舞うオーロラ、オーロラは宇宙からの贈り物と考えることができます。
南極と宇宙はどのようにつながっているのか。
南極から宇宙を測ることで一体何がわかるのか。
現地での作業内容や、どんな観測機を使って分析するのかを交えて、
南極観測の最前線を解説します。


日時:2017年6月2日(金) 18:30~20:00(受付開始18:00~)
講師:国立極地研究所 宙空圏研究グループ 助教 西山尚典
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度


サイエンスカフェは、飲み物を片手に
研究者のお話を聞いたり語り合ったりしようというイベントです。

↓前回の様子

P1050956



最新の研究を知ることができますよ。
ぜひ一週間後をお楽しみにwink
この雨雲を突き抜けて、宇宙まで思いを馳せてみてくださいね。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々くもり
気温:-17.5℃     
風向・風速:東北東13.4m/s      
日の出:11:18
日の入り:13:19

【東京都立川市】午前10時      
天気:雨
気温:18℃





2017年5月25日 (木)

5/25 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は雨が降ったり止んだりのようですね。
こんな日はなんとなくゆったりペースで
静かに過ごせるので悪くないなと思いますconfident

さて、展示物のご紹介です。

P1060088

こちらのモニターでご覧いただけるのは…
ペンギンのエサとり映像!

ペンギンの体に小さな計測器を取り付け、
それまで明らかでなかった、海に潜ってからの行動を
ペンギン自身に撮ってもらう
「バイオロギング」というものです。

エサをとるときの素早さといったら…
あの、氷の上をぺたぺたと歩く姿からは想像できないほど。
(写真もこのとおりですcoldsweats01


展示室右側の中央あたりにありますので
皆さんもぜひこの映像で
”ペンギン目線”を体験してみてくださいね!



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々くもり
気温:-6.7℃     
風向・風速:東7.3m/s      
日の出:11:10
日の入り:13:26

【東京都立川市】午前10時      
天気:雨時々くもり
気温:20℃

2017年5月24日 (水)

5/24 今日の科学館

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

どんよりとしたお天気の立川市ですが・・・
今日の科学館には、そんな重苦し~い空気を
吹き飛ばしてくれるような、
とても可愛らしいご来客がありました!!!

なんとeye立川市の公式キャラクター
『くるりん』lovelyが来てくれましたshine

P1060054

P1060070

くるりんは・・・
冬うまれのうさぎのこ
春になって外に出たときに、ほわっと咲いた
しっぽがとても魅力的noteです。

ほっぺのうずまきtyphoonは、しっぽをよく見ようと、
右にまわったり左にまわったりしてるうちに、
くるくるになって、みんなから「くるりん」と
よばれるようになったんだって。

P1060063_2

みんなと仲良くなりたくて、
くるりんバスから飛び出して
今日は、科学館に遊びに来てくれました!
雪上車に乗るのかな~?

科学館スタッフ全員、
愛くるしい『くるりん』ちゃんにメロメロheart04
なってしまいました。

ちょうど、ご来館されていたお客様は
とてもラッキーな日になったことでしょう!

皆さまの、そして可愛いキャラクター達の
ご来館もスタッフ一同お待ちしております。<(_ _)>


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れのち曇り
気温:-6.3℃     
風向・風速:東北東12.3m/s      
日の出:11:03
日の入り:13:33

【東京都立川市】午前10時      
天気:曇り
気温:23℃


2017年5月23日 (火)

5/23 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

朝から気温の高い日が続いていますね。
木々も夏らしく濃い緑の葉を茂らせています。
木陰にほっとする季節の到来ですね。

さて、本日は展示物のご紹介ですeye

展示室を入って右手には、
アレ…?服がかかってる?

P1060020

こちらは南極観測隊員が着用する防寒服ですsnow

P1060019

赤の上下が冬用の羽毛服、
オレンジの上着と黒いズボンが夏用の夏ヤッケというものです。

南極の白い氷の上で目立つように、
こんなにカラフルなんです。
(南極での調査などに使う雪上車も濃いオレンジ色です)

冬用はやはり、ふっかふか!
見た目のわりに軽く、でも暖かさは抜群なんですsun

こちらの防寒服は実際に着用していただけるので、
この着心地をぜひご体感ください。
(通販みたい…?coldsweats01


そして、防寒服を着たら
向かいにある写真スポットでパチリ!

P1060021


観測隊員になりきってみてくださいねwink

皆様のご来館をお待ちしております。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-7.2℃     
風向・風速:北東15m/s      
日の出:10:56
日の入り:13:40

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:25℃

2017年5月20日 (土)

5/19 サイエンスカフェ 開催しました

こんちには!
南極・北極科学館です。

今日は朝から暑~い東京。
日陰の涼しさが心地よいお天気ですね。

南極・昭和基地は…?

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-10.1℃     
風向・風速:東9.2m/s      
日の出:10:38
日の入り:13:57

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:24℃

なんと-10℃!
どこでもドアがあれば、ちょっとだけ行って涼みたいですねdoor

昨日(5/19)、科学館前のサザンクロスにてサイエンスカフェを
行いました。

P1050955


P1050961


「南極で石を調べる」 講師:地圏研究グループ准教授 外田智千
第58次南極地域観測隊として南極に行ってきたばかりの外田先生。
今回の調査で採取してきた「南極の石」をたくさん持ってきていただきました!

P1050938


P1050949


P1050951


皆さん、とりたての南極の石に興味津々…shine


講義では、大陸移動説、ゴンドワナ超大陸について等
地球の過去から現在への変遷を探っていきます。

南極大陸は大きく分けて38~5億年前の古い石の見つかる東南極
火山があり今もアクティブに活動する西南極
恐竜の化石も見つかる南極横断山地という場所があり

南極大陸の歴史を知ることでなぜ南極で調査をすることが大切なのかが
よく分かりました!


P1050978_2


P1050972_2

講義後も、南極の石を囲みながらの質問タイム。

P1050989

「南極で採取する石はどう選ぶんですか?」
「地学に興味をもったきっかけは?」
「極地の研究者になるにはどうしたらいいですか?」

南極の石パワーで癒されながらconfidentアカデミックなひと時を
楽しんでいただけたようです。

参加していただいた皆さま、遅くまでありがとうございました!

6月のサイエンスカフェは2日(金)、14日(水)の2回。
会場はサザンクロス、時間はいずれも18:30~20:00です。
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html
皆さまのご参加をお待ちしております!

科学館でも今年の夏、「南極の石」をテーマに企画展準備を進めていますので
そちらもチェックしてくださいね!

2017年5月19日 (金)

5/19 本日開催サイエンスカフェ!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


今日は朝から快晴の立川市です。
さっそく昭和基地のお天気を見てみましょう。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11.1℃     
風向・風速:東6.2m/s      
日の出:10:32
日の入り:14:03

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:18.7℃

だんだんと太陽の出ている時間も短くなってきました!

さて、お待たせいたしました!
本日、18:30からサイエンスカフェを開催いたします。
(受付開始は18:00からとなっております)

今日お話ししていただく内容は・・・
「南極で石を調べる」
講師は極地研・地圏研究グループの 外田智千准教授です。



南極大陸の石を調べることで、どんなことが
わかるのでしょうか?
最新の南極の石の研究を紹介していただきます。
どうぞお楽しみに!!

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 

      

2017年5月18日 (木)

5/18 イベントのお知らせ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

科学館HPでもお知らせしているとおり
これからの1ヶ月間はサイエンスカフェが目白押しですeye

気になるその内容は?


diamond2017年5月19日(金) 18:30~20:00(受付開始18:00~)←明日です!

「南極で石を調べる」

講師:国立極地研究所 地圏研究グループ准教授 外田智千




南極大陸の石から分かる、地球の歴史を紹介します。
厚い氷で閉ざされた南極大陸、わずかに見られる露岩の石を調べることで、どんなことが分かるのか。
現地での地質調査の様子や、採取してきた石でどんな分析をするのか、最新の南極の石の研究を紹介します。






diamond2017年6月2日(金)
18:30~20:00(受付開始18:00~)

「南極から宇宙を測る」

講師:国立極地研究所 宙空圏研究グループ 助教 西山尚典




極域の夜空に舞うオーロラ、オーロラは宇宙からの贈り物と考えることができます。
南極と宇宙はどのようにつながっているのか。
南極から宇宙を測ることで一体何がわかるのか。
現地での作業内容や、どんな観測機を使って分析するのかを交えて、南極観測の最前線を解説します。






diamond2017年6月14日(水)
18:30~20:00(受付開始18:00~)

「南極と北極で氷を掘って過去の地球環境を探る」

講師:国立極地研究所 気水圏研究グループ 教授 東久美子



南極や北極の氷には過去の積雪や大気が冷凍保存されています。
氷を掘って様々な分析を行うことで、過去の気候や環境が分かります。
現地での掘削や実験室での分析の様子、そして最新の研究について紹介します。




いずれも、
時間:18:30~20:00(受付開始18:00~)
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

です。

サイエンスカフェは
飲み物片手に研究者のお話を聞こう、というイベントです。
極地での最新の研究を知ることができますよ!

皆様どうぞお気軽にご参加くださいhappy01



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-8.3℃     
風向・風速:東10m/s      
日の出:10:27
日の入り:14:09

【東京都立川市】午前10時      
天気:曇り
気温:19℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。