« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月17日 (水)

5/17 今日の科学館

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

連休が終わったと思ったら、
あっという間に5月も半ばを過ぎてしまいましたね。

科学館の体験コーナーに展示している南極の氷ですが、
5月に入ってから展示しているのは、
南極観測船『しらせ』によって輸送されたもので、
4月10日に晴海ふ頭に到着して、極地研究所へ運ばれた
南極から届きたてホヤホヤの氷です!

P1050925

観測隊が日本から南極に向かう時、『しらせ』には、
燃料や隊員が滞在中に使う物、食糧などを積み込んで行きます。
南極から日本に帰ってくる時には、廃棄物などのほか
空っぽになった冷蔵庫に南極の氷を入れて持ち帰るのです。

南極の氷は、越冬隊員が全員作業で、
昭和基地の近くの氷山を切り崩したもので、
適当な大きさに砕いてダンボールに詰め、
『しらせ』に積んで日本へ運ばれます。

P1050926

こうして運ばれた氷は、極地研究所の冷凍庫に保管され
毎日少しずつ科学館に展示しています。

ぜひ南極の氷に触れに来て下さいね!
ご来館をお待ちしております。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-8.7℃     
風向・風速:北東14.4m/s      
日の出:10:21
日の入り:14:14

【東京都立川市】午前10時      
天気:曇り
気温:16℃

2017年5月16日 (火)

5/16 展示紹介

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

曇天の日が多いですが
過ごしやすい気温が続いていますね。
生い茂る緑が目に優しいです。

やわらかい黄緑、深い緑、蛍光色に近いパキっとした緑…
その色みは実に様々です。

そして葉の色だけでなく木の幹も個性的で
色、質感にたくさんバリエーションがあるようです。

いつもとは違う視点で景色を眺めてみるのも面白いですね。


個性的といえば、こちらも負けてませんflair

P1050895

「岩石」です。

南極・北極科学館ではこのように、
南極で採取された岩石たちがズラリ!

一見どれも似たような感じ?

P1050896


いえいえ、
ひとつひとつをよく見てみないともったいない面白さですよeye


P1050897


色、形、模様や質感が
「これが自然にできるなんてスゴイ…」
と思うようなものばかりなのです。

お越しの際はぜひ近くでご覧になってみてくださいね。

皆様のご来館をお待ちしておりますhappy01


【南極・昭和基地】
日の出:10:16
日の入り:14:19

【東京都立川市】午前10時      
天気:くもり
気温:19℃

2017年5月13日 (土)

5/13 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

昨日の暑さとは打って変わって
今朝は涼しくなりましたね。
連休も終わって静かな土曜日を迎えている
今日の科学館です。

私のように、なかなかお休み気分が抜けなくて・・・
という方もいらっしゃるのでは?

朝寝坊して、大急ぎでお化粧・・・
慌てて家を飛び出して電車に乗ると、
あ~なんだか眉毛が上手く描けてないヽ(TдT)ノ
女性なら一度くらいそんな経験があるのでは?
そんな時に、私が出会った1枚の写真がコレ!!

Photo

何て洗練された美人眉。
この鳥はいったい??

その名も『マユグロアホウドリ』

南極大陸の沿岸や海上では、アホウドリが多くみられます。
なかでもマユグロアホウドリは、
アホウドリの中でも最多です。
主に魚やイカ、オキアミなどを食べます。

アホウドリは「アホーアホー♪」と鳴く訳ではありません。
では阿呆なのか???謎は深まるばかりですが、、、
とても凛々しく涼しげな目元のマユグロちゃんに心ときめかせています。

現在開催中の春のミニ企画展示『南極フォトギャラリー』
第58次隊の隊員さんが撮影した展示中の写真の中にも
マユグロアホウドリを撮影したものがあります。
ぜひ科学館で探してみてくださいね!

だんだんと科学館も賑やかになってまいりました。
今日も皆様のご来館をお待ちしております。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:
気温:-5.1℃     
風向・風速:西南西21.4m/s      
日の出:9:56
日の入り:14:40

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:22℃



2017年5月12日 (金)

イベント情報です!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


今日の立川市は最高気温が29℃sun
昨日より暑くなりそうですね。
熱中症などには、お気をつけてお過ごし下さい。


次回のイベントのお知らせです!
5月19日(金)は、極地研・地圏グループの外田准教授による
サイエンスカフェを開催します!

タイトルは『南極で石を調べる』です。

南極大陸の石から分かる、地球の歴史を紹介します。
厚い氷で閉ざされた南極大陸、わずかに見られる
露岩の石を調べることで、どんなことが分かるのか。
現地での地質調査の様子や、採取してきた石で
どんな分析をするのか、大変興味深いの石の研究をご紹介します。

外田先生は、第58次南極地域観測隊・夏隊の隊員として
昨年11月に日本を出発、南極で岩石の調査や採集など
忙しく任務をこなされ、今年の3月に帰国したばかりです。

_tak0569

           JARE58 本吉隊長ご提供


今回は、最新の岩石調査のお話を聞けるチャンス!
たくさんの皆様のご参加をお待ちしております、

~南極で石を調べる~

日時:2017年5月19日(金) 18:30~20:00(受付開始18:00~)
講師:国立極地研究所 地圏研究グループ准教授 外田智千
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度





【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:
気温:-5.1℃     
風向・風速:西南西21.4m/s      
日の出:9:56
日の入り:14:40

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:22℃

2017年5月11日 (木)

5/11 来館記念に…

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

気の早い夏の到来…sun
気温が高く陽射しも強く、昼間は半袖で過ごせそうですね。

とはいえ朝晩は5月らしく、
木陰では思いがけず爽やかな風が吹いたりします。
体調管理に気をつけつつ
自然が美しい季節を楽しみたいですねwink


さて本日は
「来館記念スタンプ」をご紹介します。

南極・北極科学館を入ってすぐのホールには
こんなかわいいスタンプが!

P1050877

P1050878

南極のキャラクター「ショータ」と
北極のキャラクター「ポール」のスタンプ(青・四角)と
日付スタンプ(赤・丸)の2種類があります。

ご来館の際はスタンプカードに押して
ぜひ記念にお持ち帰りくださいね☆

また、同じコーナーには来館アンケートも設置しています。
展示をご覧になった感想など、
皆様のお声をお聞かせください。

ご来館をお待ちしております。


【南極・昭和基地】
日の出:9:51
日の入り:14:44


【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:22℃

2017年5月10日 (水)

5/10 今日の昭和基地

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日の、東京の日の出は4:40、日の入は18:35。
ずいぶんと日が長くなりました。
今年の夏至は6月21日なので、それまで太陽が出る時間がのびていきます。
しかし、南半球の南極は、これから冬。
どんどん日が短くなって、太陽の出ない日が続くようになります。
これを「極夜(きょくや)」と言います。

昭和基地では、今月31日から極夜に入ります。
本日の昭和基地の日の出は9:46、日の入は14:49なので、
すでにお日様が出ている時間は5時間程度です。
これからどんどん昼が短くなり、約40日間太陽がのぼらない日が続きます。
(完全に真っ暗ではなく、薄明るくはなるそうです。)

こちらは極夜突入時、沈む太陽に別れを告げている
南極観測隊員の様子です↓
_                  撮影:JARE55 水田隊員

一日中夜の世界ってどんな感じなんでしょう?
こんなキレイな星空やオーロラが毎日見られるのかな~shine
20140524_                 撮影:JARE55 吉川隊員
_2014_09_30_                 撮影:JARE55 宮道隊員

上は、2015年度の冬の企画展示「南極・北極写真展」で展示した、
第55次南極地域観測隊の写真です。
現在、第57次、第58次隊の写真展を開催していますので、
ぜひご覧くださいhappy01



【南極・昭和基地】
日の出:9:46
日の入り:14:49


【東京都立川市】午前10時      
天気:曇り
気温:19℃

2017年5月 9日 (火)

5/9 今日の南極・北極科学館

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ゴールデンウィークがとうとう終わってしまいましたね。
皆さま、いかがお過ごしでしたか?
南極・北極科学館は、5日(金)の特別開館と6日(土)に
とても多くの方にご来館いただきました。
ありがとうございました!

さて、5日(金)テレビ東京の夕方のニュースで、
極地研究所のカラフト犬ブロンズ像が紹介されました!
ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

_1 もともとは、公益財団法人日本動物愛護協会によって
東京タワーの下に設置されていたカラフト犬ブロンズ像。
初期の南極観測で活躍し、殉難したカラフト犬を慰霊し、
広く国民に動物愛護思想を普及させるため、昭和34年に作られました。
しかし、東京タワー周辺の整備事業により、撤去が決まり、
平成25年11月に南極・北極科学館近くに移設されることになったのです。


現在、当館では、昭和34年当時の「記念銅像建設趣意書」と
銅像建設のための「募金協力のお願い」を展示しています。

P1050825

P1050826
「南極観測隊所属樺太犬十五頭は、多数国民の声援の中に遠く南極に渡り、
満一年余りの間酷寒に耐え・・・」

「成るべく多数の学童から小学生1円ないし5円、中学生5円ないし10円の募金を願い・・・」

等々、カラフト犬ブロンズ像作製について、当時の様子がよくわかります。
貴重な資料をぜひご覧くださいhappy01



【南極・昭和基地】
日の出:9:41
日の入り:14:54


【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:21℃

2017年5月 6日 (土)

5/5 越冬隊員と話そう!開催しました

おはようございます!南極・北極科学館です。

朝から日差しの眩しい良いお天気ですねsun
GWも終盤、みなさまいかがお過ごしでしょうかconfident

科学館では昨日5月5日、こどもの日特別開館イベントとして
南極・昭和基地と中継をつなぐ「越冬隊員と話そう!」を開催しました。

P1050814



GW期間中ということもあって、たくさんの方が参加してくれました。

P1050812

隊員さんの話を真剣に聞く子ども達!
基地での生活を映像で見ながら、驚いたり、笑い声もあがっていました。

P1050822

こちらは散髪の様子hairsalonみんなすっきり頭ですねflair

そして、最後はお待ちかねの質問コーナー!

「オーロラはどのくらい見れますか?」→今年は今のところほぼ毎日見えています!
「どうしたら観測隊になれますか?」→健康な体作りが大事です
「お酒は飲んでもいいんですか?」→ほどほどに・・・
「南極に行くのは初めてですか?」→初めての人と、何回も来ている人といます
「お給料はもらっているんですか?」→もらってますよ~delicious

子ども達からの純粋で鋭い質問に、会場は和やかなムードで包まれていました。

隊員さん達も
「久々に日本の皆さんと話すことができて、とても嬉しいです!」
と喜んでいました。

8月の夏休み期間中にも、昭和基地と中継をつなぐ予定です!
今回参加できなかった方もぜひ、遊びにいらしてくださいnote

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-9.1℃     
風向・風速:南1.8m/s      
日の出:9:27
日の入り:15:08

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:21℃









2017年5月 5日 (金)

5/5 特別開館!

おはようございますsun
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日5/5こどもの日は特別開館!

15時からは南極の昭和基地を生中継するイベント
「越冬隊員と話そう!」も開催予定です。

P1040127


日時:2017年5月5日(金)15:00~15:30
場所:南極・北極科学館内 オーロラシアター横
申込:不要(直接会場にお越しください)
※このイベントに伴い、当日14:45~15:45頃までオーロラシアターを休止いたします。


南極で活動中の第58次越冬隊員と話せるチャンスですflair
お子様はもちろん大人の方もぜひ質問してみてくださいね!


また、本日は特別に「北極の雪」も展示中ですeye

P1050811

常設&人気の展示「南極の氷」とあわせてお楽しみいただけます。

展示室を入ってすぐ右奥の壁際にありますので
実際に触れて極地を感じてみてくださいね!


皆様のご来館をお待ちしておりますhappy01


Dscf0981

2017年5月 2日 (火)

5/2 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

5月に入り、日中は軽装で過ごせる日が多くなりましたね。
ただいま連休中sunという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
南極・北極科学館は本日開館しておりますので
ご家族やご友人と、もちろんのんびりお一人でも、ぜひご来館ください!


さて本日は展示物のご紹介です。

P1050805

ギョロリ!!


こちらは「ライギョダマシ」という
南極海で最も大型になる魚類で、
なんと全長175cn、体重80kgにも達します。

P1050807

この大きさ、表情(?)…インパクト大です。


他にも
ボウズハゲギス(すごい名前ですがかわいいです)

P1050809

コオリウオ科の魚

P1050810

など、珍しくてちょっと愛嬌ある魚たちの
標本がご覧いただけます。


片隅にひっそりと面白い展示が並んでいるのも
この科学館の見どころかもしれません。
お越しの際はぜひ、
「なにこれ!」「スゴイ!」な展示を見つけてみてくださいね。


5/3(水)、5/4(木)は休館ですのでお気をつけ下さい。

なお5/5(金)は特別開館し、15:00~15:30には
「越冬隊員と話そう!」という中継イベントを開催予定です。

皆様のご来館をお待ちしておりますconfidentshine

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。