« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月15日 (金)

イベント情報

おはようございます。

国立極地研究所 南極・北極科学館です。

明日から3連休、という方も多いかと思いますが、非常に強い台風18号の

動きが気になるところ…。十分に警戒して過ごしたいですね。




さて、明日9月16日(土)、科学館ではイベントを開催します!

実演「氷河の流れを見てみよう!」



夏に開催して大好評だったイベントの特別版です☆

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html

氷の研究者が「スライム」を使って、氷河がどのように流れるのかを解説します。

時間は11:00~11:20、科学館内の北極コーナーで開催しますので

「夏に行きたかったけど行けなかった」という方、最後のチャンスです!

夏の企画展示「南極の石のひみつ」も9月30日まで、とあとわずかですので

あわせてぜひ、遊びにいらしてくださいlovely


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪のち雪
気温:-15.1℃ 
風向・風速:北東20.1m/s 
日の出:6:38
日の入:17:57

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23℃



 


2017年9月14日 (木)

9/14 薄片コースター配布中♪

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館ですhappy01


以前もご紹介した夏の企画展示の簡単工作「薄片コースター」
科学館受付カウンターにて、第4弾を配布中です!

P1060949


薄片とは、岩石を光が通るくらい薄く削ったものです。
夏の企画展示期間中、約2週間ごとに薄片の種類を変えて
全5種類の薄片コースターを配布しています。

そして9/16(土)からは第5弾、ついに最後の薄片コースターの登場ですflair

岩石の種類によって含まれる鉱物が異なるため、色などがガラっと変わる薄片。
薄片コースターはその違いもお楽しみいただけるよう印象の異なる5種類をご用意しました。


ですのでまだ作ったことのない方はもちろん、
既にお持ちの方もぜひ「今度はどんな薄片かな?」とチェックしてみてくださいね。
皆様のご来館をお待ちしていますshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-20.0℃
風向・風速:東北東10.5m/s
日の出:6:43
日の入:17:54

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:27℃

2017年9月13日 (水)

今日の昭和基地

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日の夕方、こちらはサッと雨が降り、その後、虹が出ました。
帰り際、科学館近くで写真をパシャリ。

20170912_174144 (腕が悪くて)あまりきれいには映せませんでしたが、
くっきりしたアーチの、とてもきれいな虹でした。

日本では時々見られる虹。
では、南極では見られるのかというと…
昭和基地付近ではめったに雨が降らないため、
人工的に水滴を作らないと虹は出ないそうです。


その代わり、昭和基地ではきれいなオーロラが見られます!

20150623044538

20150623022030 ↑こちらは、2015年に昭和基地で撮影されたオーロラです。

紫・緑・赤等、とてもカラフルなオーロラですねshine
現在、南極・北極科学館のオーロラシアターで、
このオーロラの映像を上映していますので、
ぜひご覧くださいwink

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/exhibits.html#theater


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪
気温:-16.8℃
風向・風速:北東4.8m/s
日の出:6:47
日の入:17:50

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:27.2℃

こちらは良い天気ですが…
台風が来ている地域の皆さんはお気を付けて!

2017年9月12日 (火)

9/12 観測隊は今

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は朝からどんよりしたお天気で…涼しい?かと思いきや
動くと意外な蒸し暑さに気づきますねsweat01


さて、国立極地研究所のホームページでは
「昭和基地NOW」が更新されていますrun

「58次隊と59次隊の合同で11月から内陸にある
ドームふじ基地への内陸旅行が予定されています。
(中略)その内陸旅行のための準備が始まりました。」とのことeye

(58次隊は現在活動中、59次隊は今年の秋に南極へ出発する予定です)

日本の南極基地のひとつであるドームふじ基地では、
大陸を覆う氷床(降り積もった雪が押し固められたもの)を深く掘り、
そこに閉じ込められた過去の大気などの情報から
地球の気候変動を研究するための氷床掘削作業が行われています。


今回は数年後に計画されている掘削作業の準備のほか、様々な作業があるようですよ。


詳しくはこちらをご覧下さい↓
http://www.nipr.ac.jp/jare/now/


皆さんもぜひ「南極観測隊の今」をのぞいてみてくださいね!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪時々曇り
気温:-17.1℃ 
風向・風速:南東2.4m/s 
日の出:6:52
日の入:17:46

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り時々雨
気温:27℃

2017年9月 9日 (土)

9/9 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。
 
 
今日は朝から気持ちのよい秋晴れです!
 
昨日は、太陽表面の爆発現象「フレア」が連日観測され、
太陽から放出された電気を帯びた大量の粒子が
地球に到着したというニュースが各局で取り上げられていましたね。
 
 
南極・北極科学館では、SDO衛星の[AIA193カメラ」で撮影した
最近の太陽の画像を動画にしたものを、モニターでご覧いただいております。
波長193Aの紫外線で見ており、太陽コロナの様子がわかります。
 

P1060948

展示室入って右手のオーロラコーナーのモニターで
ご覧いただけますので、ぜひご来館ください。
 
 
お待ちいたしております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-8.5℃ 
風向・風速:東北東10.4m/s 
日の出:7:05
日の入:17:57

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:24℃
 
 
 

2017年9月 8日 (金)

9/8 今日の昭和基地

おはようございます。

国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今朝は久々の晴天に、心もすっきり、晴れやかな気持ちになりますねsun

さて、今日の昭和基地のお天気はどうでしょうか?


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり後ふぶき
気温:-25.2℃ 
風向・風速:東5m/s 
日の出:7:09
日の入:17:31

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:25℃



Syowacam

館内にある昭和基地の天測点カメラの映像です。

日の出前ですがとても明るいですね!

満月に近い月のあかりと、それにも負けないほどの明るいオーロラが出ているようですshine

ニュースなどでご存知の方も多いかもしれませんが、11年ぶりとも言われる非常に大きな磁気嵐が発生している影響で、オーロラ活動も活発になっているようです。

日本の昭和基地はオーロラを強く光らせる地域のほぼ真下にあり、オーロラ観測の特等席とも言われています。




9p3

68m


南極にはなかなか行けませんが、この機会に夜空を見上げ、地球と太陽の関係、宇宙の壮大さに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

南極・北極科学館では、地学・生物・宙空・気水など様々な分野の研究から地球や宇宙のことを知ることが出来ます。

皆様のご来館を、心よりお待ちしています。

2017年9月 7日 (木)

9/7 展示紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館ですhappy01

日中はまだ蒸し暑い日もありますが、
朝晩の空気や風には秋を感じるようになりましたね。

服装や寝具をうまく調節しつつ
快適に過ごしたい今日この頃です。

さて、開催中の夏の企画展示
「地球の証人!南極の石のひみつ」の展示をご紹介します。
この企画展示には触れる石のコーナーがあるんですよ。



P1060935


こちらは国立極地研究所が板橋区にあったときの定礎石!
(国立極地研究所は2009年に板橋区から現在の立川市に移転しました)

P1060934

なんと南極の石でできているんですeye


他にも触れる石が並んでいますので
ご来館の際はぜひ見て、触って、じっくり極地を感じてみてくださいね。



P1060936

触れる石のコーナーは展示室を入ってすぐ右手の壁際です。

なお、夏の企画展示は9/30(土)までです。
皆様のご来館をお待ちしています!

(夏休みも終わり、比較的空いております。じっくり見るなら今かも?!wink



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ後曇り
気温:-26.5℃ 
風向・風速:0.0m/s 
日の出:7:13
日の入:17:28

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り時々雨
気温:24℃

2017年9月 6日 (水)

9/6 今日の科学館

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


朝から小雨模様の立川市です。
快活に過ごした夏も終わり、少し疲れも出始める頃ですね。
体調を崩されている方も多いのでは?
秋は少しのんびりと過ごしたいものです。

今日ご紹介するのは『クマムシ』です。
クマムシは、緩歩動物(かんぽどうぶつ)と呼ばれる生き物です。
「緩歩」は、ゆっくり歩くという意味。

秋をのんびり過ごしたいという今日のテーマにピッタリ?eye

8本の足で、ゆっくり歩く姿がクマにそっくりなので、
クマムシと呼ばれるようになったのだそうです。

体長は、小さなものは0.05mm。
大きなものでも、1.7mmくらいと、
小さいのに、とっても強いんです!


水がなくても、150度もの高温でも、
マイナス200度の寒さでも平気、とにかく、生きる力が強いのです。
身の危険を感じると、死んだふりもします。

2016年、国立極地研究所の研究チームは、南極で採取し
約30年にわたって凍結保存していた微小動物のクマムシを蘇生させ、
産卵・繁殖させることに成功しました。

クマムシみたいに、ゆっくりと力強く、生きていきたいものですね・・・

ご来館をお待ちしております。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-23℃ 
風向・風速:南2.5m/s 
日の出:7:18
日の入:17:24

【東京都立川市】午前10時 
天気:小雨
気温:20.5℃

2017年9月 5日 (火)

9/5 イベントのお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


秋晴れのさわやかなお天気ですね!
9月も2週目に入りました。

今月のイベントのお知らせです。
8月に3回にわたって開催いたしました実演「氷河の流れを見てみよう!」ですが、
好評につき9月16日(土)の特別開催が決定しました。
夏休みに見逃してしまった皆さん!チャンスです!

実演「氷河の流れを見てみよう!」

実演「氷河の流れを見てみよう!」

日時:9月16日(土)11:00~11:20
場所:南極・北極科学館内 北極コーナー
申込:不要(直接会場にお越しください)

氷の研究者が「スライム」を使って、氷河がどのように流れるかを解説します。
氷河の流れ方にはどんな特徴があるのでしょうか?
ぜひ予想しながら間近に観察してみてくださいね。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-19.6℃ 
風向・風速:東北東13.6m/s 
日の出:7:22
日の入:17:20

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23℃

2017年9月 2日 (土)

9/2 今日の科学館

こんにちは!

国立極地研究所 南極・北極科学館です。

立川市は青空が見えてきました。sun
夏休みも終わり落ち着いた土曜日を迎えている今日の科学館です。


さっそく今日の昭和基地のお天気を見てみましょう!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪後晴れ
気温-8.4℃ 
風向・風速:北東 19.4m/s 
日の出:7:35
日の入:17:09

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:16.9℃

昭和基地は吹雪のようです。

今日は雪のように真っ白な、
南極に生息する鳥をご紹介したいと思います。
 

2

昭和基地でよく目にする鳥の一つに、ユキドリという鳥がいます。
ハトより一回り大きいくらい?その名の通り、雪のように全身が真っ白で、
目とくちばしだけが黒い可愛らしい鳥です。
 
ユキドリが飛ぶ姿は青い空によく映えるので、
観測隊の皆さんも写真におさめることの多い鳥です。
トウゾクカモメなどの外敵の襲撃を避けるため
切り立った沢の崖にたくさんで繁殖しています。
その露岩地域は「雪鳥沢」という名前がつけられています。 
 
ユキドリは南極だけに生息しています。
 
こちら↓は科学館に展示してある雪鳥のはく製です。

P1060912

ぜひ、ご来館いただき実物をご覧ください。

お待ちしております。

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。