« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

10/31 船酔い研究

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館ですhappy01


日中は暖かくてももう薄着はできない…!というところまで秋が深まりましたね。
空や木々の色など、そこここに冬の兆しも見えます。

さて突然ですが、皆さんは乗り物酔いをしますか?ship


YES.の方、国立極地研究所HPの「研究成果」に注目ですeye

『南極航海中の船酔い研究 ~呼気中の二酸化炭素濃度との関係』

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20171016.html



なんと…!あの酔い止め薬もツボ押しも自己暗示も歯が立たず(※個人の経験です)
どうにも逃げられないような乗り物酔いの研究が進められていたとは…。

今回、南極観測船「しらせ」船内で、観測隊員を被験者とし、
船酔いの重症度アンケートの実施と呼気(吐く息)中の二酸化炭素濃度の測定を行った結果、
船酔いの症状が無い、または軽度だった被験者群と、重度になった被験者群とでは
呼気中の二酸化炭素濃度に差があったそうです。


今後更に研究が進み、乗り物酔いがどうして起こるのか解明されるのではないかと
俄かに期待がふくらみますね。


他にもたくさんの研究成果が発表されている国立極地研究所HP、
ぜひチェックしてみてくださいね!



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-15.1℃ 
風向・風速:南東 4.0m/s 
日の出:3:08
日の入:20:06

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:15℃



日が出ている時間が日本は少しずつ短くなってきているのに対し
南極はスキップでもするかのようにぐんぐん長くなっていますねsun

2017年10月28日 (土)

サイエンスカフェ開催しました☕️

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今朝はしっとりとした雨が降り注いでいますね。
昨日までの秋晴れとは、また暫くお別れ…。
台風22号の影響が心配な週末です。

さて、昨日(10/27)18時より、サイエンスカフェを開催しました!

P1070087

講師はこの方shine

P1070094

気水圏研究グループ・特任研究員のヌアスムグリ・アリマスさんです。
とても可愛らしい方で、極地研にもファンが多いんですheart04流暢な日本語で対応してくれました!

母国、新疆ウイグル自治区・中国の紹介で、色とりどりの美しい写真を
たくさん紹介してくれました。

P1070096

長い電車での移動のお話や…

P1070108

伝統的な家屋の紹介。

P1070111

インドが近いので、ナンもよく食べるそうです!
美味しそうですねhappy01

P1070098

北極は「白クマ注意」、南極は「ペンギン注意」
ウイグルでは「ラクダ注意」の看板!!
場所によって注意するものも、こんなにも変わってくるのですね。


そして、第58次観測隊として行かれたお話penguin

P1070129

拠点S17という昭和基地から離れた場所で46日間、6人のグループで観測を行ったアリマスさん。
その間、寝泊まりは雪上車の中、お風呂にも入れず(!)、女性にとっては
大変な生活だったのではないかと思います。

P1070139

こちらはマイクロ波放射計観測の準備をしているところです。
50㎝より深く掘っていくと、急に雪が固くなり、掘るのも大変だったそうです。

P1070140

現地に行き、マイクロ波を使って観測をする事で
南極の氷がいつ、どのように融けているのか?
正確なデータを取る事が出来ます。


そして、南極だけでなく北極の観測もされているアリマスさん。
アラスカでは航空機にマイクロ波放射計を取り付け
副操縦士として飛行機で観測をされました。

P1070151

目で見るだけでは分からない、内陸や山間部の内部の温度まで計る事ができる観測です。

より正確なデータをとるために、飛行機まで飛ばしてしまう
その行動力に感嘆です!

現地での地道な観測が、衛星観測だけでは分からない、より細かな地球の変化を
教えてくれる大切なものなのだと思いました。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!

サイエンスカフェは、ほぼ毎月開催してます。
次回は11月22日を予定しています。
お茶を片手に、科学について、語り合ってみませんか☕️?
皆様のお越しをお待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々雪
気温:-11.4℃ 
風向・風速:北東 12m/s 
日の出:3:23
日の入:20:51

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:14℃











2017年10月27日 (金)

本日開催、サイエンスカフェ!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日に引き続き、今日も都内は良い天気sun
青空が広がっています。

P1070080

科学館のシンボルツリーもすっかり色づきました。
青空と紅い葉、きれいですね~maple

P1070079

きれいな青空も今日までの予報。
台風も近付いているようですので、皆さま備えを万全に!


さて、本日はサイエンスカフェを開催します。
講師は、気水圏研究グループのヌアスムグリ アリマスさん、
テーマは『北極・南極の雪はいつとける?』です。
いつもより30分早い18:00~の開始となります。

え…?海外の方?もしや英語?と思った方、ご心配なく!
日本語でのお話ですので、どうぞお気軽にお越しください。
ご来場をお待ちしております!

20171027


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-16.5℃
風向・風速:南 2.5m/s
日の出:3:28
日の入:20:46

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:15℃

2017年10月26日 (木)

10/26 今日の昭和基地

おはようございます!sun
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

日中の暖かさに惑わされ日没後に凍えていたりしませんか?

建物や木々の陰がくっきりとつくような晴天となった今日も
朝晩は冷えますので皆様お気をつけ下さいmaple

ところで南極の気温ってどのくらいかご存知でしょうか?

南極と言っても広いので(面積は日本の約37倍!)
場所によってかなり差がありますが…


まず日本の南極観測拠点である昭和基地は
大陸の沿岸から約4km離れた東オングル島という所にあるため
比較的温暖で(と言っていいものか…)平均気温は-10℃
最低気温は-45.3℃、最高気温は10.0℃です。

内陸にある日本のドームふじ基地では最低気温-79.7℃という記録があり、
南極にある各国の基地で観測されている気温のうち
最低気温を記録したのはやはり内陸部のボストーク基地(ロシア)の-89.2℃です。

同じ地球上にそんな世界があるとは…いったいどうなっているんでしょうか…。


南極・北極科学館ではそんな極地の研究成果を知ることができますよ。
たくさんの方のご来館をお待ちしていますhappy01shine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-16.7℃ 
風向・風速:北東 0.9m/s 
日の出:3:33
日の入:20:42

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:14℃


日本と南極は季節が反対なので、
日本が冬に向かっている今、南極は夏に向かっています。
今日は風が弱く穏やかなようですね。

P1070078 ↑今日の昭和基地(科学館展示・ライブ映像より)

2017年10月25日 (水)

10/25 イベントのお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
サイエンスカフェのお知らせです。
 
今週末、10月27日(金)は、
国立極地研究所・気水圏研究グループの
ヌアスムグリ アリマスさんを講師にむかえて
サイエンスカフェを開催いたします。
 
テーマは『北極・南極の雪はいつとける?』です。
 
 
地球温暖化の影響でとけていると言われている極地の雪氷ですが
いつ、どこで、どのようにとけているのか?
正確な情報を得るためにおこなった
アラスカと南極の観測の様子と
リモートセンシングセンサーをご紹介します。
 

日時:2017年10月27日(金) 18:00~19:30
講師:気水圏研究グループ 特任研究員 ヌアスムグリ アリマス
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込: 不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

 
皆様のご参加をお待ちしています。
 
 
【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12℃ 
風向・風速:東 10m/s 
日の出:3:38
日の入:20:37

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:13℃
 
 
 
 
 

2017年10月24日 (火)

10/24 今日の昭和基地

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

台風一過となった昨日より気温は上がらないものの、
風はなく穏やかな日になりそうですね。


風速1m/sごとに体感気温が1℃下がるといわれています。
これからの季節、寒がりには堪えます…despair


南極・昭和基地のお天気はどうでしょう?


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-9.4℃ 
風向・風速:北北東 1.0m/s 
日の出:3:43
日の入:20:32

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り時々晴れ
気温:16℃

今日は昭和基地周辺も風が弱いようですね。

南極大陸では内陸から沿岸に向けて風が吹き、
これを「カタバ風」といいます。


これは氷床(ひょうしょう)上で冷えて重くなった空気が
斜面に沿って下っていくもので、
風速約15m/sに及ぶこともありますsnow
カタバ風は上空との気温差が大きいほど強く、
夏より冬のほうが強くなります。


このような場所では強い風によって体の熱がうばわれるため
凍傷や低体温症に気を付けなければいけません。

はるかに温暖な日本に居て、寒さが…なんて言っていられませんがcoldsweats01
自然の厳しさを甘く見ることなく過ごしたいと思います。

2017年10月21日 (土)

10/21 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
雨の日が続いていますね。
今年一番危険な?超大型の台風も近づいているとのことです。
台風への備えはお早めに!
 
みなさん、昨日のラジオはお聴きいただけましたか?
広報室長であり、第58次南極地域観測隊として
南極に行かれた本吉洋一隊長が、文化放送ラジオ『くにまるジャパン極』
に登場しました。 

_suo0886

まずは58次夏隊として行かれた南極のお話。
例年になく氷もゆるく、お天気も良かったため
スムーズにミッションが行われたという事でした。
 
第2幕では、南極の不思議・ビックリについて。 
体験談など楽しいお話もまじえて、語られました。
その後、リスナーの皆さんからの素朴な疑問や
質問に答えたり、と盛りだくさんの内容でした。
 
ラジオでも紹介されていた通り
一週間後の28日には59次隊の先遣隊として、
18人が一足早く、昭和基地へと向かいます。
今回はどんな新発見があるのでしょう?
 
お話の中で一番印象に残ったのは・・・
〝新しい発見は、次の謎につながり、それがサイエンスの宿命〟
というお言葉でした。
 
聴き逃してしまったという方は・・・
こちらからお聴きいただけるようです(10月27日まで)。ぜひ、どうぞ!
   ↓ ↓ ↓
 
 
雨の一日になりそうですが、
たくさんの皆さんのご来館をお待ちしております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れのち曇り
気温:-14.5℃ 
風向・風速:北北東 5.6m/s 
日の出:3:57
日の入:20:19

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:16℃

 
 

2017年10月20日 (金)

10/20 本吉隊長・ラジオ出演中!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早速ですが、本日、10:05より第58次南極地域観測隊長・本吉洋一教授が
ラジオの生放送に出演しております!

http://www.joqr.co.jp/kiwami/2017/10/post-5238.html

南極観測について、豊富な経験からお話してくれます!
ぜひお聞きください〜♪



さらに!

本吉教授のお話が直接聞ける…

サイエンスカフェ特別編~サイエンスバー~『南極最新事情』

20171102b
11月2日(木)19:00〜20:30

極音上映で有名な立川シネマツー1階・シネマカフェで開催します。
事前申込が必要で、定員あとわずかです!

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20171102

お酒を飲みながら科学について語り合う…素敵な時間を過ごしませんか?
皆様のお越しをお待ちしております☆



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:データなし
気温:ー
風向・風速:ー
日の出:4:02
日の入:20:14

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:14℃

2017年10月19日 (木)

立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(10/18)、立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の研究者が詳しく紹介します。

極域科学シリーズは、毎年度6回の講座を開催しており、昨日は今年度の第1回目。
定員は40名ですが、それを超えるたくさんの方のお申込みがあり、
室内はいつも以上ににぎわいました。
寒い中来られた皆さん、ありがとうございました!!

 

P1070067

講師は、極地研究所 国際北極環境研究センター(若手のホープ!)の佐藤和敏さんshine

P1070069

「北極の気象観測と日本の天気予報」というタイトルで、
ご自身の研究や、実際の北極での観測の様子、そして、北極海での観測が
日本の天気予報に与える影響について、詳しくお話をしていただきました。

P1070066

P1070071 とても分かりやすい説明で、皆さん、「なるほどー」と、うなずきながら聞かれていました。

   

天気予報の精度の向上のため、どんな観測が必要なのか、また、
どの様な苦労があるのかがとても良く分かりましたconfident


極域科学シリーズの前半3回は、参加希望者多数のため、すでに受付を締め切りましたが、
後半3回はこれからの募集となります。
南極・北極科学館のイベント情報でも告知しますので、もうしばらくお待ちください。
※申込は立川市生涯学習推進センター(042-528-6872)です。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.2℃ 
風向・風速:東 7.6m/s 
日の出:4:06
日の入:20:10

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:11℃

2017年10月18日 (水)

10/18 南極までの道のり

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

朝から快晴なのはいつ振りでしょう…shine
明るい陽の光が貴重なものに感じられますね。
とはいえ長雨の間に季節が進んだようで、風は冷たいですね。
体温調節に気をつけたいところですmaple

第59次南極観測隊はいよいよ来月、南極へ向け出発する予定です。
観測隊は毎年11月に日本を出発し、オーストラリアまで空路で行き、
先に日本を出発していた観測船「しらせ」に乗り込みます。


その後しらせは氷海に入り、南極にある日本の基地・昭和基地への接岸を目指します。
(しらせが接岸を果たすのは12下旬から1月のはじめ頃です)
隊員は先にヘリコプターでしらせから昭和基地へ移動します。

しらせは厚い氷に囲まれた場合、一度後退してから勢いをつけて前進し、
船を氷に乗り上げ氷を割る「ラミング」という方法を繰り返し、
少しずつ基地周辺へ近づきます。

このように、厳しい環境である南極への道のりもまた、長く厳しいものなのです。

52 
↑昭和基地に接岸中のしらせ


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.9℃ 
風向・風速:東 6.3m/s 
日の出:4:11
日の入:20:06

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:15℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。