« 11/16 イベントまとめ | メイン | 11/18 今日の昭和基地 »

2017年11月17日 (金)

11/17 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日も晴天!
秋の空は空気が澄んでいて高く広く見えますね。



P1070319

科学館の空にも、今日は流れ星の様な飛行機雲がくっきりと見られました。
上空の湿度が高く、気温が低い時に出来やすいそうです。

では、南極上空にはどんな雲が浮かんでいるのでしょうか。

2
これは「極成層圏雲(きょくせいそうけんうん)」です。

超低温の大気で発生するとても珍しい雲です。
60k 
こちらは雲ではなく光。
太陽の周りに光の輪が現れる「日暈」です。
上空に薄い雲がかかっている場合、光が上空の薄い雲の中にある氷の粒に反射・屈折して起こる現象です。

南極で見られる雲は、どこか神々しい…ですねshine


南極と日本、遠くはなれていても一つにつながっている空。
秋の空の眺め方も、角度や気持ちをかえる事で、色々なものが見えてくるかもしれませんね。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪時々曇り
気温:-3.3℃ 
風向・風速:北東16m/s 
日の出:1:27
日の入:22:54

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:8.2℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。