« 冬の企画展示2017 開始! | メイン | 立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催! »

2017年12月21日 (木)

12/21 企画展示紹介☆

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

天気はいいが寒い!!と叫ぶ毎日ですcoldsweats01

さて昨日より開催しました冬の企画展示2017
「南極観測隊と動物たち
~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」
そのなかからピックアップしてご紹介したいと思います!

「おうちでつくろう! カラフト犬おりがみdog&三毛猫たけしおりがみcat

P1070480 

難易度の高めな作り方を配布していることもあるのですが
今回はどちらも簡単に作れる可愛いおりがみなので
小さなお子さんにもぴったりですnote


たけしおりがみは三毛柄を工夫してみたり、
カラフト犬おりがみは、展示されているカラフト犬たちの写真のなかから
お気に入りの一頭を見つけて色や柄をつけてみても楽しいかも?!wink


一枚に両面で作り方が載っています。
展示室入口左脇に設置していますのでご自由にお持ちくださいhappy01


また、常設のオーロラシアターも現在この企画展示に合わせて
「タロ・ジロも見た?
南極大陸のオーロラ:光のシンフォニー -昭和基地オーロラべスト集-」
をお送りしていますshine





「第一次南極観測隊がタロ・ジロなど樺太犬とともに昭和基地に越冬した1957年は、
太陽黒点数が観測史上最大となった特別な一年でした。
太陽活動の極大期は、タロ・ジロが観測隊員と再会する1959年頃まで続きました。
無人となった昭和基地で、残された犬たちは、
きっとすばらしいオーロラを見たに違いありません。

このオーロラが撮影された2007年~2011年は、
当時とは逆に異常に太陽黒点が少なく、オーロラ活動が極めて低調な年が続きました。
そうした静穏な数年間の観測の中から、今月は、
昭和基地の全天に拡がる数少ないオーロラブレークアップの映像を集めてみました。
太古の昔から変わることなく降りそそぐ光のシンフォニーをお楽しみ下さい。」


ぜひこちらもあわせてお楽しみください。
皆様のご来館をお待ちしておりますconfidentheart01



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-1.3℃ 
風向・風速:北東 1.4m/s 
日の出:ーーーー
日の入:ーーーー

白夜29日目!

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:4℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。