« 2018年1月 | メイン | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

2/28 冬の企画展示 本日終了!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
今朝は、科学館の館内よりも外のほうが
暖かく感じられます。
午後からは曇ってくるようですが、気温も高く
花粉がたくさん飛びそうですね。
花粉症の方にとっては、つらい季節になってきました。
 
街には桜グッズや桜のスイーツがいっぱいで、
一足先に春気分cherryblossomといった感じです。
 
さて、12月20日から開催していた冬の企画展示
「南極観測隊と動物たち~日本から南極に行った動物
 初期観測隊と歩んだ道~」も今日が最終日となりました。

P1080053

P1080054

Img026

おかげさまで大好評&大反響の展示となりました。
戌年にもかかわらず、今回の企画展示で
一番人気をさらったのは南極に行った子猫の『たけし』でした。
世の中は空前の猫ブームですが・・・
改めて猫ちゃんへの関心の高さを感じます。
きっと『たけし』も喜んでいる事でしょう!
 
Img479
 

Takeshi007

機会がありましたら、
また『たけし』の特集も出来たら、と思います。

展示期間中、約6千人の方に足を運んでいただき
本当にありがとうございました。
今後も様々な企画展示を考えていきたいと思いますので
スタッフ共々よろしくお願いいたします。
 
 
本日もまだまだこれからのご来館をお待ちしております。
最終入館は16:30となっております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-3.1℃ 
風向・風速:東北東9.7m/s 
日の出:04:57
日の入:20:08

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ後曇り
気温:8.4℃

 

2018年2月27日 (火)

2/23(金)に、サイエンスカフェを開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ご報告が遅くなりましたが、先週の金曜日(2/23)に
サイエンスカフェを開催しましたnote

タイトルは、「宇宙(そら)と海から探る南極海」。
「南極」と聞くと、氷に閉ざされた“大陸”だと思われる方が多いと思いますが、
南極は大陸だけじゃないのです!

今回のサイエンスカフェの講師 は… 

Dscn0166_2 先月まで、第59次南極地域観測隊として、南極観測船しらせ…ではなく、
東京海洋大学の「海鷹丸(うみたかまる)」で海洋観測をされていた、
生物圏研究グループ 高尾信太郎助教shine

船での観測風景や、南極の周りを囲む海を調べることでどんなことが分かるのかを、
詳しく話してくださいました。

Dscn0165

Dscn0168

Dscn0170 南極海の役割や…

Dscn0180

Dscn0189

Dscn0190 海での観測の様子…

Dscn0183

Dscn0185 船の中で食べたご飯の話などなど…。おいしそう!

Dscn0167 途中、映像を交えながら、詳しく、そして楽しくお話をしていただきました!

Dscn0171 ご参加いただいた皆さま、遅い時間までありがとうございました!

サイエンスカフェの帰り道、夜空を見上げると、

上弦の月とオリオンの三つ星、おおいぬ座のシリウスが横に並んで、

とてもきれいでしたmoon2

海鷹丸の調査については、こちらをご覧ください。↓

http://www.nipr.ac.jp/jare/yagai/umitaka.html

新学術領域「南極の海と氷床」にも、サイエンスカフェの記事を載せていただきました!

こちらもぜひご覧ください!↓

http://grantarctic.jp/gr_news/

 


さて、次回のサイエンスカフェは、3月24日(土)のランチタイムに
ワシントンホテルのレストラン(カフェ・ド・パリ)で開催します。

詳細はこちら↓

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe

講師は、高尾助教と同じ生物圏研究グループの辻本惠特任研究員shine
「クマムシ」の研究者です!

事前申込制(先着25名)ですので、参加ご希望の方は、お早めに
会場のレストランに(042-526-6666 受付時間:10:30~19:30))
お問い合わせください。


ご来場をお待ちしております!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-3.1℃
風向・風速:南東4.3m/s
日の出:04:53
日の入:20:13

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:5.5℃

2018年2月24日 (土)

立川市協働企画公開講座開催

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
日本気象学会の発行する英文レター誌「SOLA」に掲載された中で、
毎年優秀な論文を選定し、表彰するSOLA論文賞に、 
極地研・気水圏研究グループの後藤大輔助教を
主著者とする論文が選ばれました。
後藤助教らの論文は、「南極成層圏における
微量気体成分の時間・鉛直変動を観測的に初めて示した」
という点が高い評価を受けました。
 
先日(2月21日) 開催された、立川市協働企画公開講座・極域科学シリーズの
講師を務められたのが、今回このSOLA論文賞を受賞した後藤大輔助教 です。
こちらの講座には、寒い中たくさんの皆さんが参加され、
後藤先生のお話に熱心に聞き入っておられました。
 
今日はその講座でのお話を少しだけ紹介したいと思います。

Img_1222

後藤先生は、成層圏という高度10-15km付近よりも高い大気中の
温室効果ガスの研究をされています。
温室効果気体の変動を理解する事で、地球のシステムを
解き明かしていくのがお仕事です。
 

Img_0923

一年間の大気中の二酸化炭素の変化を動画と
グラフを見ながら解説していただきました。
春から植物の活動が活発になり、夏に二酸化炭素の濃度が極小になります。
秋になると北半球は夏に下がった二酸化炭素濃度があがっていき、
冬には更に濃度が高くなります。
この変化を定点で観測した結果、二酸化炭素濃度が
だんだん上がっていることがわかるのだそうです。
 
その他、炭素循環について、
気球による成層圏の大気の採取の方法、
実験や観測結果などについて、たくさんのお話をしていただき、
とても有意義な時間となりました。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-2.4℃ 
風向・風速:北東17.8m/s 
日の出:04:40
日の入:20:27

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:4.7℃

 

2018年2月23日 (金)

本日開催!サイエンスカフェ

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(2/22)は「猫の日」の特別イベントで、
第1次南極地域観測隊で昭和基地に行った
猫のたけしの写真をご来館の皆様にプレゼントしました。

Img479 予想していた以上の反響で、たけしの写真を求めて、
一般の方だけでなく、研究所内の方も大勢来館されましたshine
南極・北極科学館は、研究所の建物とは別棟のため、
普段なかなか所内の方とは触れ合えないので、とても良い機会でしたhappy01
招き猫たけしに感謝です!!

皆さまご来館ありがとうございました!


さて、本日、サイエンスカフェを開催します!
講師は、第59次南極地域観測隊として、先月まで東京海洋大学の「海鷹丸」で
海洋観測を行っていた、生物圏研究グループの高尾信太郎助教shine


南極観測隊は、観測船「しらせ」で昭和基地に全員行くわけではないのです!
第59次隊では、「海鷹丸」に観測隊6名同行者5名が乗船し、
東経110度線を南下して、基本観測(海洋物理・化学観測)、
一般研究観測(プランクトン群生組成の変動と環境変動との関係に関する研究)、
海洋生態系モニタリング観測などを行いました。
詳しい内容は、本日のサイエンスカフェでお話しいただけると思います。

_       【海鷹丸と氷山】

「宇宙(そら)と海から探る南極海」

日時:本日 18:30~20:00
講師:生物圏研究グループ 助教 高尾 信太郎
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

皆さまのご来場をお待ちしております!


「海鷹丸」での観測については、こちらもぜひご覧ください。

       ↓↓↓

http://www.nipr.ac.jp/jare/yagai/

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-4.1℃
風向・風速:東北東7m/s
日の出:04:35
日の入:20:32

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:6.5℃

2018年2月22日 (木)

2/22 猫の日特別企画!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は2(にゃん)月22(にゃんにゃん)日…そう、猫の日ですね!

日本の猫の日は1987年に定められ、年を重ねる毎に盛り上がって来ていますcat
ちなみに犬の日も同じ年から、11月1日(わんわんわん)に定められましたdog

さて、そんな猫の日を記念して、科学館では南極に行った猫の「たけし」写真を
本日来館されたお客様 先着100名様にプレゼント!!

Dscn0162

 

Dscn0161

にゃにゃんと!たけし自ら配布しておりますcat


現在開催中の、冬の企画展「南極観測隊と動物たち」の中でも
たけしの写真がた〜くさん展示されています。
(企画展示は来週28日までの開催です)

P1070468

日本の観測隊とともに、南極に行った唯一の猫「たけし」に会いに…
ぜひ、科学館に遊びに来てください♪
お待ちしておりますcat


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-5.9℃ 
風向・風速:西北西0.8m/s 
日の出:04:31
日の入:20:36

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:2.5℃ 






2018年2月21日 (水)

猫の日 [2.22] イベント!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
今朝の立川市は、空気が冷たく冬に逆戻り・・・
この後も気温は上がらないようですね。
 
イベント情報です。
先日もお知らせしましたが、
明日2月22日(木)、南極・北極科学館では
猫の日にちなんで特別企画を実施いたします。

当日ご来館されたお客さま、先着100名様
なんと南極へ行った猫「たけし」の写真をプレゼント!

三毛猫はそのほとんどがメスで、
オスが生まれることは滅多にないという事から
縁起が良いとされ、昔からオスの三毛猫を船に乗せると
船の守り神になると信じられていました。 

Takesiphoto

縁起の良いオスの三毛猫「たけし」の写真を手にした方には、
思わぬ幸運 club が待っているsign02かもしれませんよ。

猫の日の明日はぜひ!南極・北極科学館へ!
かわいらしい「たけし」 の写真もたくさん展示している
現在開催中の冬の企画展示『南極観測隊と動物たち』も
合わせてお楽しみください。

また、国立極地研究所の情報図書室では只今「猫特集」と題して
南極に行った猫「たけし」にまつわるミニ展示を開催しています。

Kimg0234

ご来館の際には情報図書室のほうにもぜひ
お立ち寄りください。
 
2月22日(木)は『極地研・猫catづくし』の一日ですnotes
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-3.2℃ 
風向・風速:北東4.3m/s 
日の出:04:26
日の入:20:41

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:5,6℃ 
 
 

2018年2月20日 (火)

第59次南極観測隊別働隊が帰国!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

雪の予報から一転して今朝は良いお天気になりましたね。
2月も後半になって、寒さも少しやわらいできたような?
今日は日差しがあたたかく春cherryblossomのような陽気になりそうです。
 
先週、2月17日(土)に第59次南極地域観測隊の
先遣隊18名が無事、成田に帰国しました!
 
第59次本隊がオーストラリアから南極観測船ship「しらせ」で
約3週間かけて昭和基地に向かうのに対し、
先遣隊は航空機airplaneで南アフリカ共和国・ケープタウン経由で 昭和基地に入ります。
昨年11月に昭和基地に到着した先遣隊は、
「ドームふじfujiチーム」「湖沼・ペンギンpenguinチーム」に分かれて、
それぞれ 長期の野外調査を行い、無事に任務を終え
本隊より一足早く先日17日に帰国しました。
 
また、南極観測船『しらせ』と連繋し
東京海洋大学の海鷹丸に乗船し、海洋観測を行っていた
第59次別働隊もオーストラリア・タスマニア州の
ホバートで下船し1月末に空路で日本に帰国しています。
 
皆さん本当にお疲れ様でしたshine
 
そして…なんと!!eye
その海鷹丸に乗船し、帰国されたばかりの
極地研・生物圏研究グループの高尾信太郎助教が
2月23日(金)のサイエンスカフェの講師をつとめてくださいます!
どんなお話が聞けるのか?楽しみですね。。。
皆さん、この機会をお見逃しなく!
 

※海鷹丸・・・南極観測隊が別行動して海洋観測を行う船です

「宇宙(そら)と海から探る南極海」

日時:2018年2月23日(金) 18:30~20:00
講師:生物圏研究グループ 助教 高尾 信太郎
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

たくさんのご参加をお待ちしております。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時雪
気温:-2.1℃ 
風向・風速:北0.9m/s 
日の出:04:22
日の入:20:46

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:5,4℃ 

2018年2月17日 (土)

2/17 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

冬期オリンピックが益々、盛り上がっていますねsnow
今週末はテレビ観戦、という方も多いのではないでしょうか。
来週は東京でも雪予報が出ており、冬を感じる一週間になりそうですね。

さて、今日はブログで何度も登場している
「KD604大型雪上車」のお話です。

Photo

大きさ(縦×横×高さ cm)5,470×2,500×2,660
車両重量7.4トン!

南極点旅行のため、日本が開発した初めての本格的な南極用雪上車です。

現在放送中のアニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」の中でも、この雪上車が登場しました。
その影響もあり、一層注目度が上がっています!

今年はこの雪上車にとって、記念の年にあたります。

1968年9月28日、第9次南極観測隊が昭和基地から南極点を目指して出発しました。
数々の困難を乗り越え、83日目の12月19日、日本隊として初めて南極点に到着しました。
そうです、今年はちょうど50年!という節目の年になるのですwink

この時に、再び注目を浴びる事になったKD604雪上車…なにか運命を感じますねshine
たくさんの人の思いが詰まった雪上車、内部も一部ですが入る事が出来ます。

R004_jpg[第9次隊の極点旅行風景]

まだ寒さの残るこの時期に、雪上車に触れ、南極に思いを馳せてみませんか?
本日も皆様のご来館をお待ちしています。






【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-3.5℃ 
風向・風速:西北西8m/s 
日の出:04:08
日の入:21:00

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:6℃ 

2018年2月16日 (金)

間もなく終了!南極に行った犬&猫+その他動物たち展示

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早いもので、2月ももう半ば。
それなのに、まだまだ寒い日が続きますね。
来週、関東はまた雪予報snowしばらく厚手のコートが手放せません…。

さて、現在開催中の企画展示
「南極観測隊と動物たち
~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」は
今月末で終了となります!

カラフト犬は、タロ・ジロが有名ですが…
実は、第1隊(1956~1958年)では22頭(タロ・ジロ含む)、
第3次隊(1958~1960年)3頭、第4次隊(1959~1961年)11頭、
第7次隊(1965~1967年)2頭の合計38頭sign01のカラフト犬が日本から南極に行っています。
また、第1次隊、第4次隊では昭和基地で子犬も産まれていますし、
第4次隊では、ケープタウンでベルギー隊からハスキー犬をもらっています。

Photo      【第1次隊 母犬シロ子と子犬たち】

Belgica2  【第4次隊ハスキー犬のベルジカと隊員】

日本の南極観測が始まった頃は、たくさんの犬たちが昭和基地で過ごしているのですね。

1004_2      【第1次隊 子犬とじゃれる猫のたけし】

また、昭和基地では、第1次隊の頃に猫の「たけし」やカナリアを、
第4次隊では豚を連れて行っています。


第32次隊(1990~1992年)では、なんとハムスターも!

P1070401 【昭和基地に行ったハムスター】画像提供:第32次 村田功氏


なぜ、いろいろな動物を南極まで連れて行ったのでしょうか?
その答えは…
ぜひ、今回の企画展示をご覧いただければと思いますshine


現在は、南極に動物は連れて行けません。
1998年発効の「環境保護に関する南極条約議定書」により、
南極に元々ない「種」を持ち込んではならないことになりました。

カラフト犬が昭和基地にいたのは、1976年2月まで。
第7次で連れて行った「ホセ」が死んで以降、犬は持ち込んでいません。

Photo_2 【昭和基地最後の犬ホセ】 写真提供:第13次 村山治太氏

P1070473

南極に行った動物たちの貴重な写真もたくさん展示していますので、

ぜひ冬の企画展示開催中に、ご来館いただけるとうれしいですsign01

お待ちしておりますconfident

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-3.3℃ 
風向・風速:東北東8.9m/s 
日の出:04:03
日の入:21:05

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:6.4℃ 

2018年2月15日 (木)

2/15 覗いてびっくり、石の世界

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

あれ、いつもより寒くない…と感じた朝でした。
今日は13℃くらいまで上がるようですのでお昼休憩は外に出たくなりそうですhappy01sun


なかなか運動する時間を取れない人がお昼休憩の時間内に軽いウォーキングをする
「ランチタイムウォーキング」という言葉を聞いたのですが、
たしかにほんのわずかでも外の空気を吸って歩くと気分転換にもなりますので
過ごしやすい陽気の今日、皆さんも試してみては?wink


さて、本日は科学館HPの「隕石・岩石顕微鏡」をご紹介します。
こちらは2013年5月~2017年7月の連載をまとめたものです。

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/microscope/index.html

石をスライドガラスに貼り付けて、
光が通るくらい薄く加工したものを「薄片(はくへん)」といいます。

「偏光顕微鏡」という顕微鏡で薄片を見ると、
鉱物の種類や結晶の構造など、たくさんのことを知ることができます。
南極で採取された隕石、岩石の薄片を詳しくご紹介します。



月隕石 斜長岩質角礫岩、
サフィリン-斜方輝石-黒雲母片麻岩…

うーんcatfacesweat02
難しい名前ばかり並んでいますが…
勇気を出してクリックしてみてください。
キラキラしていてカラフルで、模様のように見えたり、とても綺麗なんです!

あまりにありふれていて、どれも同じように見える石に
こんな世界が隠されていたなんて…とびっくりです。


隕石や岩石の薄片は科学館にも展示していますよeyeshine

P1080045

P1080044 ↑南極で発見された宝石・コランダム(ルビー)の薄片


本日も皆様のご来館をお待ちしております。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-2.7℃ 
風向・風速:東14.2m/s 
日の出:03:58
日の入:21:10

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:8.7℃ 

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。