« 2018年3月 | メイン | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月28日 (土)

4/28 くずしてみよう

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ゴールデンウィークがスタートしましたね。
気持ちのいいお天気で、お出掛けのわくわく感が倍増しそうです。
夏日になるところもあるようですので紫外線や熱中症対策をお忘れなくsun

さて、国立極地研究所の最新トピックスに
「オーロラ4Dプロジェクトがくずし字の教育コンテンツ「くずし字、いろいろ」を開発!」
というニュースがeyesign01

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20180427-2.html


1万文字を超えるくずし字データベースをもとに、
自由に入力した文字をくずし字に変換できるサイトです。

これ、ちょっと一度やってみてください。


入力した文字がくずされて、味のあるイラストとともに表示される瞬間がなんともユーモラス。
言葉によっては全然読めないcoldsweats01と思いつつ、
次は何にしよう?と考えてしまう不思議な魅力があります。

私は「なんきよく ほつきよく かがくかん」をくずしてみました。

これは意外とシンプルに読める字が多く、やわらかい書体が
なにやら面白い展示がありそうな雰囲気を醸し出しています。


古文書というと日常で関わることはなくカタい印象を持ってしまいますが、
こうして楽しんでいるうちに親しみが湧くかもしれませんねhappy01shine
皆さんもとっておきの言葉をくずして古典の趣に触れてみませんか?

「くずし字、いろいろ」
http://www.kuzusu.jp/




そして実際に面白いとご好評をいただいている南極・北極科学館ですが、
只今開催中のアニメ「宇宙よりも遠い場所」とのコラボ展示は
5/12(土)まで
ですのでお見逃し無くwink

本日も皆様のご来館をお待ちしております!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-9.9℃
風向・風速:東南東2.4m/s
日の出:8:51
日の入:15:46

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:21.3℃

2018年4月27日 (金)

ゴールデンウィークの開館日&イベントのご案内

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

明日からゴールデンウィークですね。
1日(火)、2日(水)もお休みを取って、9連休!という方も
多いのではないでしょうか?

南極・北極科学館は、普段、研究所に合わせて祝日は休館ですが、
5月5日(土)のこどもの日は開館しますよ~!

4月28日(土)~5月6日(日)の開館日は、
4月28日(土)、5月1日(火)、2日(水)、5日(土)です。
その他の日は休館しますので、お気をつけくださいconfident
※休館日は、南極・北極科学館のホームページのカレンダーで、
ご確認ください。http://www.nipr.ac.jp/science-museum/


5月5日(土)は、昭和基地との中継を行います!
現在、昭和基地で越冬している南極観測隊員と、直接お話ができますよ。


「南極観測隊員と話そう!」

日時:2018年5月5日(土)15:00~15:30
会場:談話室サザンクロス(南極・北極科学館となり)
申込:不要(直接会場にお越しください)

Img_0085

P1050818

P1050824こちらは昨年の様子。
館内のオーロラシアター横のスペースで開催しました。
今年は会場が変更になり、科学館の隣り談話室サザンクロスで開催します!
ぜひご参加くださいsign03お待ちしておりますshine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇りときどき晴れ
気温:-7.6℃
風向・風速:東北東7.8m/s
日の出:8:46
日の入:15:51

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:20.4℃

2018年4月26日 (木)

4/26 昭和基地NOW!!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。
清々しいお天気になりましたね!(ちょっと風が強いですが…)
初夏のような陽射しと、同じくらい眩しい緑に足取り軽く出勤しましたnotes

さて、極地研HPで南極観測隊の様子をお伝えしている「昭和基地NOW!!」、
最新の記事は「海氷行動安全講習実施!」です。

http://www.nipr.ac.jp/jare/now/


昭和基地のある東オングル島は海に囲まれています。
観測隊は調査などで海氷上を行動することがあるため、訓練が行われました。


「海氷上には、クラックという氷の割れ目があり、
落ちたら、這い上がることができないこともあります。
(中略)
今回は東オングル島の北にある「北の浦」という場所で、
実際に海氷上の危険を体験しながら、行動訓練を行いました。」

海氷は厚いところもありますが、
潮の満ち引きや氷が風に流されて亀裂ができているところがあり危険なのです。


Photo 

厳しい訓練を受けてから南極へ出発する観測隊ですが、
実際に現地でもこのような講習があるのですね。

危険予測のためには心がけも大事ですね。
観測隊の皆さんの安全な活動を願っています!shine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪のち曇り
気温:-6.2℃
風向・風速:北東15.6m/s
日の出:8:42
日の入:15:55

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:19.6℃

2018年4月25日 (水)

4/25 お天気の話 ♪

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
先週末は真夏のような暑さsunでしたが・・・
今週は一気に気温が下がって、今日も朝からrain荒れ模様。
急激な気温の変化に、体がついていけません。
 
そんな中・・・4月22日(日)のNHK『おはよう日本』に
気候変動の研究をされている専門家として
国立極地研究所 気水圏研究グループの猪上淳准教授shineが出演され
近年の極端な気象について、ご自身の研究に基づいた
分析・解説をされました。
その内容を少しご紹介したいと思います。
 
*********************************
 
今年のsnow冬の厳しい寒さと、3月以降の暑さ、極端な気象の背景には
地球温暖化が関係していると考えられます。
北極では、地球全体の温暖化より、さらに早いスピードで
温暖化が進んでいます。
 
最近は海の温暖化の影響もあり、
北大西洋を北上する暖流が変化し、
それにともなって大気の流れも変わってきていることに
世界中の研究者が着目eyeし始めています。 
大西洋で温められた空気が北極海に流れ込みやすく
なっている事が指摘されており、
これらの異変が日本にも影響を及ぼしていると考えられます。 
 
暖かい空気が、大陸ではなく北極へ行ってしまうため
シベリア高気圧にため込んでいる寒気が強くなって
1月、2月は日本付近に強い寒気が流れ込んだと考えられます。
3月以降の暑さも、この北極の冬の異変が
関連するのでは?という見方もあり、実際に大陸に降る雪が
例年より少なくなっていることがわかってきています。
雪の少ない場所が、北に移動すると…
雪のある場所と、暖かい地面で温度差が強くなり
上空に風が強い場所ができ、この強い偏西風が今年の特徴でした。
日本付近は、3月に南側と、例年にはない北側の2つの偏西風に
はさまれた場所で、穏やかな天気、
暖かい気温がもたらされたと考えられます。
 
********************************* 
 
ちょっと難しいですが、とても勉強pencilになる内容でした!
 

P1040365

P1040368<2016年 サイエンスカフェにて>

温暖化はゆっくりと進んでいますが、
大雨、寒波、猛暑などの極端な気象現象に、
どのように対処、適応していかなければならないか?
北極の温暖化が地球全体の気象にかなり影響を
及ぼしていると考えられているなか、
北極の観測を強化して、日々の気象予測に活用していければ、
と最後に猪上先生はお話しされていました。
今後の観測・研究にますます期待が高まります。
 
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり一時雪
気温:-8.9℃
風向・風速:南4.2m/s
日の出:8:38
日の入:16:00

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:16.6℃

 
 
 

2018年4月24日 (火)

サイエンスカフェ開催しました!

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先週の土曜日(4/21)、今年度初!のサイエンスカフェを開催しました。
講師は今年の3月に帰国したばかりの第58次越冬隊隊長の岡田雅樹准教授ですshine

P1080119

南極で焼けた肌が眩しいですねshine
土曜日開催ということもあり、過去最高の100名近くの方にご参加いただきました!!
 

P1080099

 

P1080148

講演では、第58次越冬隊の観測の成果や越冬のようすについて
詳しくお話していただきました。

P1080147_2

まずは隊員の構成の紹介から。
今回、越冬隊員33名中、女性隊員が過去最高の6名が参加しました。
1987年第29次夏隊で初の女性隊員が誕生してから約30年。
南極観測隊の構成にも大きな変化が訪れているのですね!

P1080150

定常観測として何十年も続けられている気象観測の報告や…

P1080151

観測や輸送にも重要な海氷状況についてのお話…

P1080152

 

P1080153

講師の岡田先生がご専門の、オーロラのお話もshine
58次の越冬では、様々な好条件が重なってオーロラを観測できた日が150日もあったとか。
オーロラ帯の下にある昭和基地ならではですね。

昭和基地で撮影された美しいオーロラの動画も上映され、会場は南極ムード満点にconfident

P1080154

また、第58次隊では生物部門の隊員が越冬しました。
生物の隊員は、夏季メインで観測するので、越冬する事はとても珍しいのです。
そのお陰で、生物部門で新たな成果が得る事ができたという、嬉しい報告も聞く事ができました。

P1080155

「久々に、ペンギン以外の動物と会った!」と感激した先遣隊とのエピソードやsmile

P1080156

情報発信の取り組みで
パレスチナ難民キャンプの女子中学校と中継を繋いだ「ガザ南極教室」のお話も。

P1080157

約1年4ヶ月、極地の厳しい環境の中、様々な苦労を乗り越えてきた第58次越冬隊。
研究観測の成果はもちろんのこと、隊員全員が元気に帰ってきたことが一番の成果ですね。
本当にお疲れ様でした!!

当日参加してくださった皆様、満員の会場で見づらかった部分もあったかもしれませんが、
最後までご参加いただきありがとうございました!

サイエンスカフェはほぼ毎月、開催していますのでぜひまたご参加くださいwink
(詳細はHPで随時アップしています!)


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり時々雪
気温:-12℃ 
風向・風速:東北東2.0m/s 
日の出:8:34
日の入:16:04

【東京都立川市】午前10時 
天気:くもり
気温:17.6℃









2018年4月21日 (土)

4/21 本日サイエンスカフェ開催です!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
sun急に暑くなって・・・
体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?
今日も気温がぐんぐん上がっているようですupwardrightupwardright
お出かけの際には熱中症などにもお気をつけください。
 
さて、本日、いよいよサイエンスカフェの開催です!
 
第58次南極地域観測隊の越冬隊長として
無事に昭和基地での任務を終え、
先月帰国したばかりの岡田雅樹越冬隊長による
最新の南極情報などなど・・・
貴重なお話を聞ける、またとないチャンスですsign03
 
ぜひ、たくさんの皆さんにご参加いただきたいと思います。
 
 
日時:2018年4月21日(土) 15:00〜16:30
講師:第58次南極地域観測隊越冬隊長 岡田雅樹
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:40名程度


現在、科学館では「クマムシ」の研究で有名な
若手女性研究者 生物圏研究グループの辻本惠さんが
南極のシグニー島で撮影した、動物や風景の写真も
展示しています!
サイエンスカフェの前には、科学館のほうも
覗いてみていただけたら、と思います。
美しい風景や、愛らしい動物penguin写真の数々を
この機会にぜひshineご覧ください。


ご来館をお待ちしております。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪時々くもり
気温:-4.1℃ 
風向・風速:北東11.8m/s 
日の出:8:22
日の入:16:18

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:19.8℃

2018年4月20日 (金)

サイエンスカフェ開催します!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日から週末にかけて、気温がぐっと上がるようですねsun
日差しもまぶしく、これから夏に向けて紫外線も強くなってくるので
帽子や日傘などでしっかりと対策をとっていきたいですね。

明日(4/21)は、いよいよ…!
先月帰国したばかりの越冬隊長によるサイエンスカフェを開催しますwink

「第58次越冬隊の帰国報告」

Img_3069

帰国直後の、第58次南極地域観測隊の越冬隊長が、成果や越冬のようすについてお話します。

日時:2018年4月21日(土) 15:00〜16:30
講師:第58次南極地域観測隊越冬隊長 岡田雅樹
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:40名程度

南極のオーロラ、ペンギン、大気、海、輸送などなど…
まさに南極の「いま」を聞く事ができる貴重な時間です!

お飲物を用意して、皆様のお越しをお待ちしております〜penguin


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-5.5℃ 
風向・風速:北北西2.0m/s 
日の出:8:17
日の入:16:22

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:19℃

2018年4月19日 (木)

4/19 HP新連載☆

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ここ数日ぐずついた空模様でしたが、今日は穏やかに晴れ渡り、
あたたかな日なたにほっとしますhappy01sun

週末にかけて更に気温が上昇、
真夏のような気候になるとの予報が出ていますね。

さて、南極・北極科学館HPで新連載が始まりました!
「南極観測隊経験者にインタビュー」と題してひとりずつ取り上げ、
観測隊に参加したきっかけや、南極で印象に残ったことなど
たくさんお話を伺おうと思いますkaraoke
初回は、地圏研究グループ、また極地研広報室長でもある本吉洋一教授です。

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/interview/

まず注目すべきは上部の「参加した観測隊」の欄。
こんなに?!とびっくりするほどの回数です。
まさに南極の男shine

D5000_366

専門は地質学です。
「何の変てつもないように見える石は、
実は地球に起った様々な変動を記録したタイムカプセルなのです。
その石にいかに多くを語らせるか、地質学者の腕の見せ所です。」とのこと。
研究とは目の前の地道な作業を通して、大きなものと対話することでもあるのでしょうか。


また、この連載とは別に、2016年夏の企画展示「南極観測いまむかし」で展示した
「観測隊員にインタビュー」もHPにまとめて掲載しています。
こちらは企画展当時、南極へ出発する準備中だった
第58次隊の隊員インタビューもご覧いただけます。
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/kikaku2016.html

南極への熱意や意気込みが感じられますね!


ちなみに前年度の連載「南極・北極ナンバー」は
科学館HP下部のバナーからまとめてご覧いただけますよhappy01
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/number/



そのほか色々な情報もHPでいち早くお知らせしますのでチェックしてくださいね!



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-7.9℃
風向・風速:東北東14.0m/s
日の出:8:13
日の入:16:27

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:17.4℃

2018年4月18日 (水)

南極の氷にさわってみよう!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日、立川は冷たい雨が降っていますrain
こんな寒い日にも関わらず、今日は朝から館内がにぎわっています。

P1080092雨の中、ご来館いただきありがとうございます!

さて、南極・北極科学館の展示で、オーロラシアターと人気を二分するのがこちら↓

Photo 南極の氷です。今日のような寒い日でも大人気!

毎年、観測隊員が氷を削り、しらせに載せて持ち帰って来ます。

P1080091 館内でも、その作業の様子を写真入りでご紹介しています。

Photo_3 とっても貴重な南極の氷、ぜひさわってみてください!

そして、その氷を保管しているのは、極地研究所の「低温室」と呼ばれる大きな冷凍庫です。
この低温室は、普通の氷だけでなく、極地から持ち帰った大事な研究用の試料も保管しているので、
残念ながら一般の方は入室できません。

でも、年に一度、夏に開催している極地研究所の一般公開の日には、抽選で入ることができます。
一般公開の開催については、詳細が決まり次第、極地研究所のHPに掲載しますので、
ぜひときどきチェックしてくださいね。http://www.nipr.ac.jp/


なお、「南極・北極科学館に寒さが体験できる部屋があるの聞いたのですが…」という
お問い合わせをよくいただきますが、残念ながら当館にはございません。
「一般公開で、抽選で極地研の低温室に入った」というお話を聞いた方が、
「南極・北極科学館には寒い部屋がある」と思われるのかもしれませんね。


低温室のブログもぜひご覧くださいshine↓↓
しらせが持ち帰った冷凍試料(アイスコア)の段ボールで、貯蔵庫がいっぱいになったそうですよ~。

http://polaris.nipr.ac.jp/~coldlab/NC2/htdocs/index.php?page_id=36


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.2℃
風向・風速:北東7.2m/s
日の出:8:09
日の入:16:31

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:10.5℃

2018年4月17日 (火)

4/17 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日・明日は天候の崩れるところが多いようですが
雨で乾いた空気がしっとりすると、お肌にとっては嬉しいですね。

天候が不安定な最近ですが、4月にはこんな記念日があるというのはご存知でしたでしょうか?

1961年4月12日、世界初の有人宇宙衛星線・旧ソ連のボストーク1号が打ち上げに成功しました。
搭乗したガガーリンが宇宙から地球を見て言った「地球は青かった」という言葉は有名ですね。
この日を記念して、毎年4月12日は「世界宇宙飛行の日」と定められています。

先日、アニメ「宇宙(そら)よりも遠い場所」とのコラボイベントを
開催した極地研ですが、このアニメタイトルの由来となったのは
元宇宙飛行士の毛利衛さんが2007年、南極の昭和基地へ行った時に
「宇宙には数分でたどり着けますが、昭和基地には何日もかかるのですね。宇宙よりも遠いですね。」
と言ったことに由来します。

第1次南極観測隊が日本を出発したのは1956年。
人類が初めて宇宙に着くより先に、宇宙よりも遠い場所(南極)に、日本も観測に行っていたのですね。

Nipr111_76k

初期観測隊の苦労は、想像を遥かに超えるものだったのだと思います。
それから60年、今では船も基地も大きく安全になり
日本の南極観測は世界でもトップクラスの成果を上げる程までになりました。

「南極は地球と宇宙をのぞく窓」
これは、南極で観測をする意義について、本吉洋一 極地研広報室長から
教えてもらったフレーズです。

南極観測から分かる事、それは地球・宇宙を知る大きな手がかりとなります。
みなさんも、南極・北極科学館で宇宙をのぞいてみませんか?



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-10.5℃ 
風向・風速:東北東7.8m/s 
日の出:8:05
日の入:16:36

【東京都立川市】午前10時 
天気:くもり
気温:12.2℃


プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。