« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

この日だけ!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

6月最終日となりました。
異例の早さで昨日梅雨明けした東京は、朝から夏空ですsun


さて、よくご来館の方から
「見学できるのは科学館だけ?となりの大きな建物は何?」
というご質問をいただきます。

南極・北極科学館(平屋建て)と、
国立極地研究所(他の二つの研究所と合同の、6階建ての大きな建物)は
同じ敷地に別棟で建っています。


科学館は研究所の広報施設として開館しています。
いっぽう研究所の建物はというと、
お入りいただけるのは1階の一部
(北側出入口から南側出入口までつづく通路部分と情報図書室)のみです


…が!!


研究所には一般公開という日が、年に一度あるのですrockshine


この日だけは、研究所の色んな場所で展示がご覧いただけたり、
体験ができたり、研究者のお話しが聞けたりするんですwink


科学館では常設・企画展示を通して「極地の今」をお伝えしていますが、
一般公開ではより旬な研究成果に触れたり、
より身近に感じていただけたりするのではと思いますhappy01


今年は8/4(土)開催です!
特設サイトもオープンしましたhappy02

http://www.nipr.ac.jp/tanken2018/

見逃せないプログラムが目白押しですよeye

極地気分を満喫できること間違いなしです。
ぜひ皆様お誘いあわせの上ご来場ください!


一般公開日は、もちろん科学館も開館しております。
夏の企画展示も予定されていますのでこちらも要チェックですnote

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-4.4℃
風向・風速:北東19.3m/s

★極夜31日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:29.5℃

2018年6月29日 (金)

6/29 今日の昭和基地

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今朝も真夏のような日差しが降り注ぐ科学館sun
連続真夏日にまだ6月という事を忘れてしまいそうです。
こんなときはどこでもドアで南極に涼みに行きたい…
乾燥した南極の冷たい空気がエアコンからでてこないかしら…
と、色々と妄想しながら乗り切りたいと思います。

さて、今日は南極の海に住む生き物のお話です。
冬、南極の海は海氷に覆われ、気温マイナス40℃を超す
寒さの厳しい雪と氷の世界です。
一方、氷の下の海水はマイナス1.8℃と
温度は1年中ほぼ一定で、海氷上に比べて穏やかな環境です。

砂地の海底にはウニ、クモヒトデ、ウミグモ、伸ばすと1m程にもなる
ヒモムシなどが見られます。

Dscn0482

△ウニの一種

Dscn0486

△ヒモムシの一種

そして、魚たちもいますfish

Dscn0480

△ボウズハゲギス (うそみたいな本当の名前)

Dscn0479

△コオリウオの一種 (ヘモグロビンがなく、血が白いのが特徴!)

Dscn0481

△ナンキョクダルマハダカ (こちらもパンチの効いたお名前…)


他にも、南極海からは320種を超える魚類が
報告されているそうです!スギョイ!

科学館では、実際に南極で魚を釣っている映像もご覧頂けます。
涼しい館内で極地の自然にたっぷりと触れにいらしてくださいwink



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-11.4℃
風向・風速:北東22.2m/s

★極夜30日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:29.8℃

2018年6月28日 (木)

顕微鏡の世界

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は南極・北極科学館にある顕微鏡をご紹介します!
当館では、現在12台の顕微鏡を設置しています。

P1080310_2

P1080311

 内、7台は偏光顕微鏡です。

偏光顕微鏡は、2 枚の「偏光板」を使って、対象物を観察する顕微鏡です。
偏光板とは、さまざまな方向に進む光の中から、一定方向に進む光だけを通す
フィルターの役目をするもの。サングラスなどにも使われています。

P1080298 こちらは、隕石の顕微鏡写真です。

石を顕微鏡で見ると、こんなにきれいなんですねshine
分厚い石を顕微鏡で見るためには、光が通るくらい薄くして、
スライドガラス板に貼りつけないといけません。これを「薄片(はくへん)」と言います。
その薄片を偏光顕微鏡で観察するのです。 

薄片は、2 枚の偏光板の間にセットして観察します。

偏光板が1 枚のときと2 枚のときで、それぞれ鉱物の見え方がちがってきます。

偏光板を使うことで鉱物特有の色がついたり、
薄片をセットしたステージを回転させると色が変わったり、消えたりします。
これらの性質を利用して鉱物の種類や特徴を調べます。

昨年の夏の企画展示「地球の証人 南極の石のひみつ」で、偏光顕微鏡と、
薄片の作り方について詳しく展示しましたので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

せっかくなので、他の隕石、岩石の顕微鏡写真も…。

P1080304

P1080307

P1080304_2

P1080308

以前、当館HPで隕石・岩石の写真を月替わりで掲載していました。

ご興味のある方はこちらもどうぞ↓↓

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/microscope/

P1080305

P1080309

P1080300 石だけでなく、植物なども顕微鏡で見られます(偏光顕微鏡ではなく、普通の顕微鏡です)!

一体何の写真なのか…来館して、実際に顕微鏡を見ていただけるとうれしいですhappy01
(顕微鏡がぼやけて見えないときは、お気軽に受付にお声掛けくださいね。)

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪
気温:-6.6℃
風向・風速:南南西2.4m/s

★極夜29日目

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:28.5℃

2018年6月27日 (水)

6/27 今日の南極・北極科学館

おはようございます。

国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
しばらく晴天が続くと思っていたら・・・
時々晴れ間は見えるものの
今日は、なんだかスッキリしない曇り空ですね。
仕方ないですね、梅雨rainですから。
風が強いようですので、お洗濯物denimなど飛ばされないよう
お気をつけください。
 
じめじめとして気分も曇りがちなこの時期、
読書bookをしてリフレッシュしてみるのも良いですね。
国立極地研究所1階のアトリウムにある
情報図書室では、梅雨時にちなんで
お天気cloudの本の特集をしているようです。

P1080291

私にも、昔よく読んでいたお気に入りのお天気の絵本がありまして、
その絵本のなかには「月にかさがかぶると雨」とか
「ツバメが低く飛んだら雨」など、
昔ながらのお天気を予測する方法が描かれていて
空を見上げるのが楽しくなった記憶があります。
 
科学館へご来館の際には
ぜひ情報図書室のほうも覗いてみてはいかがでしょうか?
どんなお天気の本が並んでいるのか?楽しみですねnote
 
今日もたくさんの皆さまのご来館をお待ちしております。
 
では極夜28日目をむかえた
昭和基地のお天気を見てみましょう!
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時雪
気温:-8.7℃
風向・風速:北北東8.3m/s

★極夜28日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:27.6℃
 

2018年6月26日 (火)

6/26 選べる!交通アクセス

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

梅雨の晴れ「間」と呼ぶには長いほど、晴天の夏日が続く予報です。
夏好きにはたまらない季節がやってきましたnotes(あまり共感されない…)



本日は南極・北極科学館の交通アクセスをご案内しますhappy01


立川駅からすこし距離があるため、路線バスが便利ですbus
立川駅北口を出たところにバスターミナルがあります。

2番乗り場から出ている「大山団地方面ゆき」乗車

↓10分ほど(※道路状況による)

6つ目のバス停「立川学術プラザ」下車

こちらのバス停が国立極地研究所の正面ですwink

そこからの案内図はこちら↓
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/map2018.pdf

平日なら研究所が開いていますので、1階を通り抜けた先、左手に科学館が見えます。
土曜日は研究所が閉まっているため、研究所の建物の左側にお回りください。
駐車場の突き当たりに見えるコンクリート平屋の建物が科学館です。
突き当りを右にすこしお進みいただくと、左手の奥まったところに入口があります。


また、モノレールでお越しの場合、
JR立川駅でモノレールに乗り換え、「立川北駅」から1つ目の「高松駅」から徒歩10分ほどです。
道案内はこちらをご覧下さい↓
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/map-monorail.html



いやいや私は散歩が趣味なのでshoeという方もいらっしゃると思います。
立川駅北口から徒歩25分ほどです。

地図はこちらをご覧下さい↓
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/guide.html#02

たくさんの方のご来館をお待ちしておりますconfidentshine

 

Dscf0981



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-7.5℃
風向・風速:北東30.5m/s

★極夜27日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:25.2℃

2018年6月23日 (土)

サイエンスカフェ開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(6/22)、サイエンスカフェを開催しましたcafe
Dscn0459 

講師は第58次越冬隊として南極に行かれた
宙空圏研究グループ・江尻省(みつむ)助教ですshine


Dscn0464_2

今回のテーマは…

見てるのに見えないものを見る
〜そらのリモートセンシング〜
南極・昭和基地の上空80〜110kmを遠隔観測(リモートセンシング)
した研究内容を紹介していただきました!

Dscn0471

 
上空100kmというと…飛行機が飛ぶのが10kmなので
その約10倍の高さです!

昭和基地で使用された2つの装置。
一つはこの「大気光イメージャ」。

Dscn0473

色々なものが映るので、そらの全体像をとらえるのに
向いているそうです。

もう一つはこちらの「ライダー」。

Dscn0475

 宙空境界領域にレーザー光をとばして観測します。
そらに向かって「おーい」と呼ぶと、どの高さで誰が「はーい」と
返事をしたかが分かる、ハイテクな装置です。

極地研のある立川で5年の歳月をかけて開発し
昭和基地へ運ぶのに一旦ばらし、3週間をかけて組み立てて…
汗と苦労の結晶ですね!

ではそんなに高いそらで誰が返事をするのか?
その答えは「金属原子」ですflair

上空に金属原子!?驚きですね!
その起源は海の波しぶきによって上空に
あげられた「海洋起源」と
流星によって星に含まれた
物質がはこびこまれた「流星起源」が議論されてきました。
現在は後者の「流星起源」が有力とされているようですshine

高いそらで起きている現象のお話に
会場は終始驚きの連続でした。
P1080275

遅くまで参加していただいた皆様、ありがとうございましたwink

サイエンスカフェが終わり外に出ると
澄んだ星空に月がぽっかりと、うかんでいましたmoon1
月や星と自分の間に、「見えているけど見えていないもの」がある…eye
じーっとそらを見上げて不思議な気持ちになった夜でした。

皆さんも、そんなことを思いながら
今日のそらを眺めてみてはいかがでしょうか。

次回は7月20日(金)18:30〜開催です。
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20180720
ご参加お待ちしておりますconfident


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-19.4℃
風向・風速:東北東 3.0m/s

★極夜24日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:23.2℃

2018年6月22日 (金)

6/22 本日開催!サイエンスカフェ

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ここのところ、日ごとに変わるお天気。
傘を開いたり閉じたりの小雨、強い風雨、明るい曇り、そして今日は控えめな晴れ…
梅雨どきの空はなんて表情豊かなんでしょう。


さて、本日はサイエンスカフェを開催いたしますhappy01flair

見てるのに見えないものを見る
~そらのリモートセンシング~

 
↑昭和基地にて夏作業中、日焼け対策ばっちりの講師


「空を見上げた時に雲が無ければ、太陽や月、星といった宇宙にあるものが見える。
ということは、私たちの視界の中にはその宇宙と地球の境目も入っているはずなのですが、
そこにあるものも起こっている現象も、ほとんど見えませんよね。
それを見るために行っている観測を紹介する予定です。」


日時:2018年6月22日(金) 18:30〜20:00

講師:国立極地研究所 宙空圏研究グループ助教 江尻 省

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)

定員:40名程度


サイエンスカフェは、飲み物を片手に科学について語り合おうという、
お気軽にご参加いただける講演会です。


また科学館HPでは、7月開催予定のイベントや
過去に開催したイベントの様子もご覧いただけますよeyenotes

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20180622


その他科学館の情報はHPでいち早くお知らせしますのでチェックしてくださいね。
本日のサイエンスカフェも皆様のご参加をお待ちしておりますshine



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-21.8℃
風向・風速:南南東 5.0m/s

★極夜23日目

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:26.4℃

2018年6月21日 (木)

今日は夏至

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は夏至ですね。
北半球では、一年のうちで最も昼の時間が長い日です。
日本は梅雨の時期で曇っている日が多いので、
あまり昼の長さが長いという感じがしませんが…。

北緯66.5度より北の「北極圏」は、現在「白夜(びゃくや)」。
太陽の沈まない日が続いています。
当館では、ノルウェーのスバールバル諸島、スピッツベルゲン島のニーオルスン基地の
ライブ映像をご覧いただけます!

P1080268 さすが白夜!ノルウェーが夜の時間帯でもずっと明るいsun
(このライブ映像は、冬季は休止となります。画面が真っ暗になりますので…。)


反対に、南極圏は今日は冬至。現在、太陽がのぼらない「極夜(きょくや)」が続いています。
ずっと暗いと気が滅入りそうですよね…。
科学館ブログでも何度かご紹介していますが、
南極にある各国の基地では毎年冬至の前後に、気分を盛り上げようと、
「ミッドウィンター祭」を開催しています。
今年はどんなお祭りになるのでしょうか?報告が楽しみですねshine

 
ニーオルスン基地と昭和基地のライブ映像は、極地研究所HPのトップページでもご覧になれますよconfident

http://www.nipr.ac.jp/


ところで、明日はサイエンスカフェを開催します!
ぜひご参加ください。
ご来場をお待ちしておりますsign03sun

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れときどき曇り
気温:-17.0℃
風向・風速:南南東 3.5m/s

★極夜22日目

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:22.6℃

2018年6月20日 (水)

6/20 今日の昭和基地

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

梅雨空が戻ってきた本日。
西日本から関東にかけて大雨の予報も出ています。
大阪では余震も続いているところもあるようですので
十分に注意してお過ごしください。

話は変わりますが…皆さんは初めて行く場所には
どうやって行きますか?

地図を見て、目印になるものを探して行かれると思いますが
南極にはその目印になるものがありません。

そのため、南極では目的地に安全に移動するための
目印を作っていく「ルート工作」という作業を行っています。

Photo


海氷の割れ目や障害物を確認しながら慎重に進みます

Photo_2

海氷に穴をあけ、厚さをはかり、安全を確かめます。

Photo_3

目印となる旗を立て、旗と旗の間の方位と距離をはかり
「ルート方位表」を作ります。

Photo_4【提供:気水圏研究グループ 牛尾准教授】
危険なクラックには旗を×印に立て、近づかないようにします。

この一連の作業を「ルート工作」といいます。
安全に観測する為にはかかせない、大事な作業です。

昭和基地NOW!「いよいよルート工作のはじまり」
http://www.nipr.ac.jp/jare/now/

極夜時期の今も、薄明るくなる時間を見計らって
ルート工作をしています。

南極観測がはじまって60年が経ち
厳しい環境の中で安全に過ごすための知恵が
こうして今も積み重ねられています。

極地で暮らす知恵を学びに来ませんか?
本日も科学館でお待ちしておりますwinkshine






【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-15.1℃
風向・風速:北北西3m/s

★極夜21日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:19℃

2018年6月19日 (火)

6/19 北極ってどんなところ?

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

梅雨寒が続いていましたが、久々に夏のような陽射しが戻り、蒸し暑くなりそうですsun


さて、今日は北極のお話です。


国立極地研究所は、南極や北極で研究・観測を行っていますsearch
隔絶された「氷の大陸」で、観測隊を組んで向かうため、比較的注目度が高い南極。
いっぽう北極は、いったいどんなところなのでしょうか?
(南極・北極科学館も南極に関する展示が大部分を占めています。
北極ファンの皆様、申し訳ありません…。)



「北極圏」とは、北緯66度33分より北の地域をさしますsnow

アメリカ、カナダ、デンマーク、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン、ロシア、フィンランド
の8か国が領土を持っており、これらの陸地に囲まれた海を北極海といいます。
その面積は約1,400万平方キロメートルで、南極大陸の面積にほぼ匹敵します。


動植物が豊かな北極では、ホッキョクグマやホッキョクギツネ、
アザラシやジャコウウシなどが見られますhappy01

2 ホッキョクギツネ(可愛らしい…)




Photo ジャコウウシ(インパクト大…)


種類が豊富な植物には北極固有のものも多く、夏には花畑のような景色が見られますshine

165m

極地というと凍てついた世界を想像しがちですが、こんな面もあるのですねflair


また、南極と違い、北極圏には昔から暮らす人々がいます。
アラスカ、カナダ北極域、グリーンランドには「イヌイット」や「イヌピアット」と呼ばれる先住民族が、
スカンディナビア半島やロシアのコラ半島にかけては「サーミ」と呼ばれる先住民族が暮らしています。


日本の北極観測基地は、ノルウェーと北極点との間に位置するスヴァールバル諸島
スピッツベルゲン島のニーオルスンにあります。
ここには各国の北極観測拠点も置かれ、協力して観測を行っています。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-9.8℃
風向・風速:東4.6m/s

★極夜20日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23.5℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。