« 6/8 北極の鳥たち | メイン | 小型水中無人探査機による南極湖沼の湖底連続撮影! »

2018年6月 9日 (土)

6/9 今日の昭和基地

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日、東京の最高気温予報は30℃sun
朝からじりじりと太陽が照りつけていますね。

こんなに暑いと地球温暖化が気になり
南極の氷はどうなってるの?と思われる方もいるかもしれません。

では、南極と氷の関係をこの方々に聞いてみましょう。

Photo

【撮影:生物圏研究グループ 渡辺准教授】

宇宙と交信中?
南極に住むアデリーペンギン達です!

では早速質問を…
南極の氷がなくなると、ペンギン達はどうなるの?

「僕たちはいつも、氷の上をゆっくり歩いて、氷の割れ目を探して
魚を捕りに海にとびこむんだよ」

「でもね、去年僕たちが住んでいる所は氷が少なかったから、
好きな場所で
たっぷり餌を食べることができて、とってもハッピーだったんだ!」

えー!氷が減るとペンギン達は困ると思っていたのに…
意外な答えでビックリです。

氷がなくなってペンギンがハッピーになるなんて、自然科学の面白さですね!

これは、広い南極の片隅で起きた一部のエリアでの現象です。
また、氷の流出は風向きによるもので、
地球温暖化と直接関連しているわけではありません。

[参照:宝島社・どんまいなペンギン図鑑]

手つかずの自然が残る極地を研究することで
私たちの知らないことがまだまだ分かってきそうですね!


南極・北極科学館では今日も…

Photo_2

南極の氷やshine

Dsc02262

ペンギン達(剥製)とpenguin
極地の「今」をお伝えするべく、皆様のお越しをお待ちしております〜wink


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-9.5℃
風向・風速:北東15.7m/s

★極夜10日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:28.2℃






プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。