« 6/22 本日開催!サイエンスカフェ | メイン | 6/26 選べる!交通アクセス »

2018年6月23日 (土)

サイエンスカフェ開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(6/22)、サイエンスカフェを開催しましたcafe
Dscn0459 

講師は第58次越冬隊として南極に行かれた
宙空圏研究グループ・江尻省(みつむ)助教ですshine


Dscn0464_2

今回のテーマは…

見てるのに見えないものを見る
〜そらのリモートセンシング〜
南極・昭和基地の上空80〜110kmを遠隔観測(リモートセンシング)
した研究内容を紹介していただきました!

Dscn0471

 
上空100kmというと…飛行機が飛ぶのが10kmなので
その約10倍の高さです!

昭和基地で使用された2つの装置。
一つはこの「大気光イメージャ」。

Dscn0473

色々なものが映るので、そらの全体像をとらえるのに
向いているそうです。

もう一つはこちらの「ライダー」。

Dscn0475

 宙空境界領域にレーザー光をとばして観測します。
そらに向かって「おーい」と呼ぶと、どの高さで誰が「はーい」と
返事をしたかが分かる、ハイテクな装置です。

極地研のある立川で5年の歳月をかけて開発し
昭和基地へ運ぶのに一旦ばらし、3週間をかけて組み立てて…
汗と苦労の結晶ですね!

ではそんなに高いそらで誰が返事をするのか?
その答えは「金属原子」ですflair

上空に金属原子!?驚きですね!
その起源は海の波しぶきによって上空に
あげられた「海洋起源」と
流星によって星に含まれた
物質がはこびこまれた「流星起源」が議論されてきました。
現在は後者の「流星起源」が有力とされているようですshine

高いそらで起きている現象のお話に
会場は終始驚きの連続でした。
P1080275

遅くまで参加していただいた皆様、ありがとうございましたwink

サイエンスカフェが終わり外に出ると
澄んだ星空に月がぽっかりと、うかんでいましたmoon1
月や星と自分の間に、「見えているけど見えていないもの」がある…eye
じーっとそらを見上げて不思議な気持ちになった夜でした。

皆さんも、そんなことを思いながら
今日のそらを眺めてみてはいかがでしょうか。

次回は7月20日(金)18:30〜開催です。
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20180720
ご参加お待ちしておりますconfident


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-19.4℃
風向・風速:東北東 3.0m/s

★極夜24日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:23.2℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。