« 2018年6月 | メイン | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

7/31 火星が地球に大接近!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。
 
台風のあとという事もあり、今週は厳しい暑さが続きそうですね。
熱中症などにお気をつけください。
 
今日7月31日、火星が地球に5,759万キロメートルの距離まで近づきます。
2003年の5,576万キロメートル以来、15年ぶりの大接近です。
火星はおよそ15~17年ごとに地球に大接近し、次に今回ほど近づくのは
17年後の2035年9月となります。
今夜は、赤く明るく輝く火星を観察してみましょう。
夏は花火も良いですが・・
このロマンチックな夜空mistの天体ショーをお見逃しなく!
 
そして科学館には、
なんと!!火星起源とされる、南極観測隊が採集した
火星隕石が展示されています。

P1080432

 
最近、水の存在を示す証拠が見つかった!?
などと話題の多い火星ですが
この機会にぜひ科学館の火星隕石も見ていただけたら嬉しいです。
とっても貴重な隕石です。
科学館では他に、月隕石なども展示していますので
そちらも一緒にご覧ください。
 
皆様のご来館をお待ちしております。
 
 
 【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-14.1℃
風向・風速 :東北東12,9m/s
日の出:10:07
日の入:14:50

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:28.8℃
  
 

2018年7月28日 (土)

めざせ!極地の研究者を開催しました

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

台風の影響で、昨晩から雨が降ったりやんだりと
不安定な天気が続いています。
午前中は開館していますが、状況によって閉館時間を早める事も
ありますので、科学館HPをご確認いただいてからお越し下さい。
▽科学館HP
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/


7/26(木)、子ども向けイベント「めざせ!極地の研究者」を開催しました。
「オーロラ写真を推理する」

Dscn0612

講師は宙空圏研究グループの田中良昌先生。

P1080412

オーロラってなに? どこで見えるの?
まずは基本的なお話から。

P1080408

 

P1080409

 

P1080410

オーロラは緯度の高い、南極や北極でよく見られます。
また、オーロラの色によって、どの原子や分子から光が出ているかが分かります。

Dscn0604


2カ所以上の場所から同時に見ると、オーロラの高さや本当の形が分かります。

今回は3つの地点で同時に撮られたオーロラ写真をつかって
子ども達と一緒に高さを推理しました!


Dscn0606


P1080415


3つの異なる高さで撮られたオーロラの透明なシートを3枚
切り貼りして、一番ぴったりと形が合う高さを探します。

Dscn0619_3

みんな真剣に作業しています!

そして、答え合わせ。

Dscn0622_3

ほとんどの子が正解を導きだす事が出来ていました!すごい!

工作を通して、オーロラについて理解を深めている子が多かったようですflair

Dscn0629

「オーロラの写真は綺麗だけど、そこから何がわかるのかな?」
今回のイベントをきっかけに、さらにオーロラについて興味をもってくれると嬉しいですconfident

8/4(土)一般公開でも、オーロラ研究者はもちろんのこと
極地の研究者が大集合して、みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!

▽国立極地研究所 一般公開
http://www.nipr.ac.jp/tanken2018/


皆様のお越しをお待ちしておりますpenguin

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-7.8℃
風向・風速 :東13.3m/s
日の出:10:22
日の入:14:35

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:23.2℃






2018年7月27日 (金)

7/27 企画展紹介

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

はじめから異常な暑さで飛ばしてきた夏に数日前から少しブレーキがかかり、
本日の最高気温は30℃くらいです。
通常の夏…。過ごしやすく感じますねcoldsweats01


さて、夏の企画展示「雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~」より
写真パネル展示をご紹介しますcamera

広大な雪原、迫力ある氷河や氷山、繊細な雪の結晶…
様々な形が美しい雪や氷。

水の中で透明感が際立っていたり、陽を受けて白さが輝いていたり、時には光の色に染まったり、
南極・北極の壮大な風景の中では、より豊かな表情を見せてくれるようです。

P1080424


P1080425


なかには、よく見ると…アレ?!という写真もflair
P1080426撮影:JARE58 西山隊員

綺麗な氷の写真かと思いきや、真ん中に顔を出すアザラシが!
氷に囲まれて、なんだかウットリしているみたい…。
(雪氷の研究者もこんなふうに雪や氷に魅せられた方々なのでしょうね)

じっくり見てみると面白い発見もあるかもしれませんよ。
ご来館の際はぜひ間近でご覧になってくださいねwink


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ一時くもり
気温:-9.2℃
風向・風速 :東11.9m/s
日の出:10:27
日の入:14:30

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:27.5℃


台風の進路が気になるところですね…。
荒天の場合、明日7/28(土)は臨時休館の可能性もありますのでご了承ください。
その際は南極・北極科学館HPにてお知らせいたします。
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/

2018年7月26日 (木)

7/26 今日の昭和基地

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨晩、極地研究所のある立川では雨が降り
久々に爽やかな風が吹く心地よい朝を迎えました。

週末には台風12号が接近する予報も出ていますが
立川では花火大会が予定されています。(7/28)
昨年も雨の中の花火だったので今年は晴れますように…。

さて、先週の土曜日(7/21)からはじまった
夏の企画展示「雪と氷の大ぼうけん 〜雪と氷のひみつ〜 」
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#kikaku

夏休みに入ったこともあり、たくさんの方がご来館してくださってます!

Dscn0586

入ってすぐ出迎えるのは南極・北極で研究者が撮影した
雪や氷の風景写真。
見るだけで涼しくなりますね!

Dscn0587

雪ってなに? 氷ってなに?
基本的なことから学べるパネルがならびますwink

Dscn0588

こちらは雪や氷の研究者へのインタビュー記事。
雪や氷に興味をもったきっかけや、どのような研究をしているのかを
分かりやすく答えてもいらいました!

Dscn0589

展示室内に入ると、少し専門的なお話も。
氷床コアと呼ばれる円柱型の氷を研究しているお話や・・・

Dscn0590

氷の上の危険なところはどんなところ?
安全に移動するにはどうしているの?
というお話など。

Dscn0592

氷の研究者が現地で使っている貴重な道具の紹介もあります!

Dscn0591

写真コーナーではウェッデルアザラシがお出迎えshine
「ぼくに会いにきてね〜!」

夏の企画展示は9/29までです!
雪や氷、極地の研究を学びにぜひ、お越し下さいsmile


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-15.7℃
風向・風速 :東3m/s
日の出:10:32
日の入:14:25

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:26℃













2018年7月25日 (水)

7/25 夏休みですね!

こんにちは。

国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
連日の暑さが少しやわらいだような?
気がしますね。
まだまだ気温は高いのですが、慣れでしょうか…bearing
 
夏休みに入って、南極・北極科学館は
朝からたくさんのみなさんにご来館いただき、
大変にぎわっております。
 
科学館でお子様たちに人気なのは、やはり!
ペンギンやアザラシのはく製でしょうか?
科学館にも立派なはく製があるのですが・・・
今日は国立極地研究所1階アトリウムのはく製を
ご紹介したいと思います。

Image1

Image2

研究所1階のアトリウムは、平日ですと一般の方も出入りできます。
科学館にいらした際には、ぜひ、そちらのほうへもお立ち寄りください。
 
かわいいpenguinペンギンたちが、みなさんのお越しをお待ちしています。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-22.8℃
風向・風速 :北東1.9m/s
日の出:10:38
日の入:14:20

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:28.7℃

 
 
 

2018年7月24日 (火)

サイエンスカフェを開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先週の金曜日(7/20)に、サイエンスカフェを開催しました。
講師はこの方!

P1080394 極地研究所地圏研究グループの青山雄一先生shine

「南極で重力をはかりました~それで何がわかるの?~」というテーマで、
ご自身の研究内容と、参加された第59次南極地域観測隊(夏隊)での観測について、
詳しくお話をしてくださいました。

重力のお話はなんだか難しそう…と思っていましたが、
青山先生の説明がとても分かりやすく(途中難しい数式が出ましたが…)、
「重力」に興味が持てました!

P1080387 最初は、第59隊で南極に行ったときのお話から。

Dscn0529 そして、南極氷床のお話。南極でなぜ重力をはかるのか…この氷床が重要です。
ちょうど、今、当館で開催中の企画展示「雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~」にも
関連のある内容でした。

Dscn0562 そして、重力の計測方法。

Dscn0582

P1080381 重力計も持って来ていただきました!
南極で実際に使用したものだそうです。

P1080396初めて見る地震計に、皆さん興味津々…。

P1080398
地球の万有引力と、自転による遠心力の合力である、重力。
普段当たり前にあって、感じることもないですが、
この重力を調べることによって、地球内部の物性がわかったり、
南極氷床の質量の増減がわかったりするのです。
重力観測は、地球環境の変化をとらえる目となるのですね。

P1080382

初めてサイエンスカフェに参加してくださった方からも、
「とてもわかりやすくて楽しかった」というお声をいただきました。

ご参加いただき、ありがとうございました!
8月4日(土)の極地研究所の一般公開でも、サイエンスカフェを開催しますよ!
プログラムはこちらからご確認ください↓

http://www.nipr.ac.jp/tanken2018/program.html

盛りだくさんの内容です。ぜひ一般公開にもご来場くださいconfident


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-19.1℃
風向・風速 :東1.5m/s
日の出:10:43
日の入:14:14

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:32.0℃

2018年7月21日 (土)

本日から!夏の企画展示

おはようございます!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

さて、科学館では本日7/21(土)より、夏の企画展示
「雪と氷の大ぼうけん ~雪と氷のひみつ~」を開催しますhappy01sun

南極・北極科学館 夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」

「雪と氷のちがいって?」「雪や氷にはどんな種類があるの?」
極地研究所で行っている雪と氷についての研究を詳しく紹介します!

期間:2018年7月21日(土)~9月29日(土)

日時:毎週火曜日~土曜日 10:00〜17:00(最終入館16:30)

休館日:日曜・月曜・祝日・8月11日(土・祝)~8月14日(火)

入場料:無料


雪や氷についての解説パネルや写真パネルsnowはもちろん、
研究者へのインタビューパネルkaraoke
図書コーナーbook、写真撮影コーナーcamera
かんたん工作の作りかたhairsalonの配布など、盛りだくさんsign01
このブログでも見どころを随時お伝えしていきますね。


ご家族やお友達とのお出かけに、夏休みの自由研究に、涼を感じに…
猛暑続きのこの夏、雪と氷の展示で
元気が出るような楽しさと癒しを提供できたらと思いますshine


皆様お誘いあわせの上ご来館ください。
お待ちしておりますconfident


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-26.1℃
風向・風速 :東5m/s
日の出:11:00
日の入:13:56

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:31.0℃

2018年7月20日 (金)

明日から開催!夏の企画展示

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早いもので、今日は7月20日ですね。
明日から夏休み!!という学生さんも多いのではないでしょうか?
ぜひ明日から開催(今日がんばって準備します!)の

南極・北極科学館 2018年度 夏の企画展示
雪と氷の大ぼうけん~雪と氷のひみつ~

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html

を見にいらしてください!

「雪と氷のちがいって?」
「雪や氷にはどんな種類があるの?」
雪と氷について詳しくご紹介します。
極地研究所で行っている雪と氷の研究も詳しく展示しますよ。
自由研究にもぴったりの内容ですshine

暑い夏、雪と氷の話題で涼を取ってはいかがでしょうか。

33m

570k 雪と氷の写真もたくさん展示しています。
ご来館をお待ちしております!


また、今日は18:30~サイエンスカフェを開催します。
こちらもぜひご参加くださいcafe

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-17.8℃
風向・風速 :南南西5.2m/s
日の出:11:07
日の入:13:50

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:31.7℃

2018年7月19日 (木)

明日はサイエンスカフェ!

おはようございますhappy01
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

一雨来そうなどんより空も、猛暑続きのこの時期には
陽射しがない分ありがたく思えますね。
とはいえ油断は禁物sweat01今日もしっかり熱中症対策を心がけたいですね。

さて、明日はサイエンスカフェを開催しますsign01

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南極で重力をはかりました 〜 それで何がわかるの?

昭和基地から約160km南にある山、ボツンヌーテンでの重力観測。
黄色い円筒状の機械が屋外型の絶対重力計です。




昭和基地にある重力室内での重力観測。3台の重力計で同時に観測を行いました。



地球上に生活する皆さんが、四六時中感じている重力。そんな身近な重力を南極ではかってきました。
でも、「どうして、わざわざ南極で重力をはかるの?」と思いますよね。
地味だけど地球環境の変化をとらえる目となる「重力観測」を中心に、
第59次夏隊に参加して担当した観測を紹介します。


日時:2018年7月20日(金) 18:30〜20:00

講師:国立極地研究所 地圏研究グループ助教 青山 雄一

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)

定員:40名程度

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイエンスカフェは、
飲み物を片手に研究者の講義を聴こう、科学について語り合おう、という
科学館の人気イベントですwink

科学館HPでも過去のイベントの様子を紹介していますのでご覧下さい↓
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20180720

ぜひお気軽にご参加ください。
お待ちしておりますconfidentnote




【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪のち曇り
気温:-13.3℃
風向・風速 :北東21.0m/s
日の出:11:13
日の入:13:44

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:32.4℃

2018年7月18日 (水)

7/18 休館日のお知らせ

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

 
暑い毎日が続いていますが
科学館のほうは平日にもかかわらず
たくさんの皆さんにご来館いただいております。
外出の際、熱中症にはくれぐれもご注意ください。
 

こうも暑いとsun・・・

南極大陸に降り積もったサラサラの雪に
シロップをかけたカキ氷を食べたいなぁ?sweat01などと
と想像してしまいます。
 
実際に昭和基地の隊員さんたちが、
デザートにカキ氷をいただくこともあるようですよ。downwardleft
 
http://www.nipr.ac.jp/jare/now/back56/20151107.html
 
 
さて、もうすぐ夏休みyachtですね~!
夏休みの科学館の休館日のお知らせです。 

P1080337

長い夏休み、皆さんもうご予定はお決まりですか?
小・中学生の皆さんは宿題が先?遊びが先?
自由研究に困ったら・・・
南極・北極科学館で面白いテーマを探してみませんか?
 
ご来館をお待ちしております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-17℃
風向・風速 :北北東2.4m/s
日の出:11:20
日の入:13:37

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:31.5℃

 

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。