« 7/14 今日の昭和基地 | メイン | 7/18 休館日のお知らせ »

2018年7月17日 (火)

火星の隕石を見てみよう!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館ですsun

暑いですね…。
もう「暑い」と言うことばしか出てこないくらい、毎日暑いです。
立川市は、10:00の時点で32℃を超えています。
今日は何度まで上がるのでしょうか…。
皆さま、こまめな水分補給を!!

さて、今年、火星が大接近します!
地球と火星は約2年2ヶ月ごとに接近しますが、接近となるのは約15年ぶり。
最も接近するのは、今月31日です。

ということで、今日は火星の隕石をご紹介しますshine

P1080333 こちらが、南極のやまと山脈で2000年に採取された、火星の隕石です。
なぜ火星起源だと分かったのかというと…
火星に着陸したNASAの火星探査機バイキングが測定した大気の成分と、
隕石に含まれるガスの成分が一致したためです。

火星の隕石はとっても貴重!ぜひじっくりご覧くださいeye
(私には、地球の石との区別が全くつきませんが…。)

P1080334 また、月の隕石の展示もありますよ。

P1080223 火星と月の隕石は、同じケースに入っています。

貴重な隕石の展示をぜひご覧くださいshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-21.5℃
風向・風速 :東北東3.1m/s
日の出:11:27
日の入:13:29

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:32.2℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。