« 月隕石をご紹介 | メイン | 9/20 南極の自然現象 »

2018年9月19日 (水)

観測隊早見表

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

関東各地では、ゲリラ豪雨が続いていますが
南極・昭和基地、今日は吹雪のようです。

Syowacam2

視界も悪いですね…。
南極でも日本でも、天候不良の際は十分に気をつけて
いきたいですね。


今日は「南極地域観測隊 早見表」を紹介します。

Dscn0800

1956年に日本を出発した第1次隊以来
現在活躍中の第59次隊まで、途中3年間の中断はありましたが
半世紀以上も南極観測隊を派遣し続けてきました。

観測船も現行の「しらせ5003」にいたるまで
「宗谷」 「ふじ」 「しらせ5002」 と移り変わってきました。

Dscn0801_2

↑宗谷〜ふじの時代

Dscn0802

↑初代しらせ(しらせ5002)〜現行しらせ(しらせ5003)の時代

これを見れば、何次隊がどの船で、何年に行ったかがすぐに分かりますねflair(自画自賛)

南極観測の今昔を学ぶツールの一つとして、ぜひご活用ください。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-14.1℃
風向・風速 :北東15.1m/s
日の出:6:22
日の入:18:11

【東京都立川市】午前10時 
天気:くもり
気温:20.4℃ 

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。