« 2018年11月 | メイン

2018年12月

2018年12月15日 (土)

12/15 氷の花 ・*.。:*・゚・*

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!

朝晩の冷え込みがグッと厳しくなってきましたね。
こんなに寒い日が続くと、そろそろ高尾山の辺りで
氷の花『シモバシラ』が観られるのでは?
と思ってしまいます。

先月末のサイエンスカフェ「植物シモバシラが魅せる氷の世界」で、
元帯広畜産大学の武田一夫教授に『シモバシラ』のお話を
していただいたばかりだからでしょうか?

お話を聞くまでは・・・
私が知っている霜柱というと、
踏むとザクザクと音がする
地中の水分が地面にしみだして凍ったもので、
同じ名前の植物がある事は知りませんでした。
とても不思議な生態と美しさに、
すっかり魅了されてしまいました。

みなさん、夜のイルミネーションも綺麗ですが、
この冬は早起きして、美しい『シモバシラ』の観察に
高尾山へお出かけしてみてはいかがでしょうか?

寒くてとても出かけられそうにない、という方は
ぜひ、南極北極科学館の「シモバシラ写真展」へどうぞ!

P1090010

P1090008

自然が織り成す造形美にうっとりですね・・・
まるで絹のようにきめ細やかな光沢です。

来年2月28日までの開催となります。
皆様のご来館をお待ちしております。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-3.6℃ 
風向・風速:東北東7.4m/s 
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜23日目

【東京都立川市】午前10時 
天気: 晴れ
気温:5.7℃

2018年12月14日 (金)

サイエンスカフェのお知らせ☆

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

この冬もやってまいりました、カイロを握りしめての足早通勤dash
今朝の寒風は堪えました。。

さて、来週は今年最後のサイエンスカフェを開催しますshine

xmas聖夜のオーロラ物語xmas



日時:2018年12月22日(土) 15:00~16:30

講師:国立極地研究所 宙空圏研究グループ教授 宮岡 宏

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)

定員:40名程度


なんともロマンチックなタイトルですねconfident
クリスマスが近いこの時期ならではの情感あるオーロラのお話しが聞けるかも?

寒がりの方もOKな昼間開催です。笑
皆様のご参加をお待ちしておりますnote



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-5.0℃ 
風向・風速:東14.4m/s 
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜22日目

【東京都立川市】午前10時 
天気: 晴れ
気温:8.0℃

2018年12月13日 (木)

もういくつねると…

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

------------------------------------------------------------------------------------

penguin年末年始休館のお知らせpenguin

12/28(金)~1/4(金)まで休館です。
新年は1/5(土)から開館いたします。

------------------------------------------------------------------------------------

ちなみに本日12月13日は「正月事始め」の日だそうです。

昭和基地のお正月はどんな感じなのでしょう?
『昭和基地NOW!!』バックナンバーより、年越し・お正月の記事を見つけました。

201412311 55次隊の除夜の鐘
https://www.nipr.ac.jp/jare/now/back55/20141231.html



201401013 54次隊のおせち作り
https://www.nipr.ac.jp/jare-backnumber/now/back54/20140101.html


他にも、大掃除、年越しそば、お餅つき…
日本と変わらないですね。
季節の行事を大事にしている観測隊の様子がうかがえますwink

何かと慌しく、気もそぞろになる時期ですが、
一年の振り返りや新年の展望を胸に丁寧に過ごしたいですねshine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-5.4℃ 
風向・風速:東北東11.2m/s 
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜21日目

【東京都立川市】午前10時 
天気: 晴れ
気温:6.7℃

2018年12月12日 (水)

漢字の日

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は「漢字の日」。
毎年この日には、京都の清水寺で今年を表す漢字一字が発表されます。

漢字、といえば科学館でも気になる展示があります。

Dscn1133

氷や雪は 「溶ける」? 「融ける」? 「解ける」?

どれも「とける」と読みますが、ただしくはどの漢字を使うのでしょう?
国際北極環境研究センター 榎本教授に聞いてみました。

融ける=個体が液体になる、を使います。

解ける=固く組み合わさっていたものがほぐれていく(問題が解けるなど)
溶ける=他の液体に溶け込む(塩が水に溶けるなど)

しかし、「溶岩」のように自らが液体になるものにも使われていますね。


常用漢字を見ると、「融」には「とける」という
訓読みがあげられていません。
新聞や学校ではこの読み方は使わないということです。

このため、南極・北極科学館では「融ける」という漢字は
あまり使っていません。

日本語って奥が深い…。

そういった視点から展示を見ていただくのも
新たな楽しみ方かもしれませんconfident

本日も皆さまのご来館をお待ちしております。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-6.5℃ 
風向・風速:東北東12.4m/s 
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜20日目

【東京都立川市】午前10時 
天気: 雨
気温:6.3℃





2018年12月11日 (火)

中高生コンテスト ポスター展示

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ついに最高気温が一桁に。有無を言わさずカイロ出動です。
夜には天気が崩れるところも多く、関東でも初雪か、という予報ですので
皆様もお出掛けの際には寒さ対策を万全にしてくださいねsnow

さて、ただいま科学館では中高生コンテストの受賞提案ポスターを展示していますshine

Dscn1132
Dscn1129 

南極・北極で実施したい研究提案を、
全国の中高生から募集する「中高生南極北極科学コンテスト」。
その表彰や受賞者による受賞提案の発表などを「ジュニアフォーラム」として開催していますcrown

(ジュニアフォーラム2018の様子はこのブログでもお伝えしました。
こちらをご覧ください↓
http://science-museum-blog.nipr.ac.jp/blog/2018/11/24/?ref=calendar


ジュニアフォーラムでも発表された受賞提案を、科学館の展示室奥、オーロラシアター脇に展示。
中高生のユニークな提案が一度にご覧いただけますeyenote

Dscn1128 

Dscn1130 

もしかしたら、未来の研究者がこのなかに?!

皆様のご来館をお待ちしておりますhappy01



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-7.9℃
風向・風速:東南東1.7m/s
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜19日目

【東京都立川市】午前10時
天気: 晴れ
気温:5.7℃

2018年12月 8日 (土)

12月はあっという間・・・

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
12月に入ってすでに一週間が経過してしまいました・・・
本当に師走はあっという間ですね。
 
今日から昭和記念公園では、イルミネーションshineが始まります。
毎年、華やかな光が冬を彩るこの時期になると
クリスマスxmasが近いな・・・と実感します。
国立極地研究所の1階にある情報図書室は
クリスマスの特別な仕様に飾りつけられています。
可愛らしいですね!

P1090004

南極・北極科学館で美しいオーロラを観賞した後に
ロマンチックheart04なイルミネーションを眺めるのも
立川ならではの冬の楽しみのひとつかもしれません。
どうぞ暖かくしてお出かけください。
 
12月22日(土)には、
極地研・宙空圏研究グループの宮岡教授によるサイエンスカフェ
『聖夜のオーロラ物語』も予定しています。
たくさんの皆さんのご参加をお待ちしております。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-6.8℃
風向・風速:北北東4.1m/s
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜16日目

【東京都立川市】午前10時
天気: 晴れ
気温:9.0℃

2018年12月 7日 (金)

雪と氷の調査道具

国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」。
本格的に雪が降り始めるころです。
北海道や日本海側では雪が降るところも多いようですので
防寒対策をしっかりとして過ごしていきたいですね。

科学館では、この夏、企画展示
「雪と氷の大ぼうけん〜雪と氷のひみつ〜」を開催しました。
その時に人気だったコーナーがこちら↓

P1080378

雪と氷の研究者の調査道具の実物展示です!
(現在、展示は終了しています)

道具は全て気水圏研究グループの本山秀明教授からお借りしました。

P1080339

[道具の説明をする本山教授]

さて、ここでクイズです。
この道具は↓何をするものでしょうか?

P1080342

正解は…「雪へら」です!雪を整形しながら掘ることができる優れものです。

さて、次の道具はこちら↓
何をするためのものか分かりますか?

P1080343

その名も「角形密度サンプラー」。む、難しい…。
四角く雪をとって、雪の密度をはかります。

最後はこちらのシート↓
一体何に使うのでしょうか…。

P1080346 
誰かの指紋…?
いえいえ、これは雪の粒が押しかためられて
密度が増して変化していくのを調べる
「霜ざらめ度数」というものです。

雪と氷の調査道具には、様々なものがあるのですねconfident

これからの季節、身近なところで雪や氷に触れることも
多くなってくると思います。

科学館では極地の雪や氷に関する研究成果が盛りだくさん!
雪や氷のことを知ると、寒い冬も楽しく過ごせるかも!?
ご来館、お待ちしておりますsnow

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-3.6℃   
風向・風速:南東0.9m/s  
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜15日目

【東京都立川市】午前10時  
天気: くもり
気温:13.0℃

2018年12月 6日 (木)

昭和基地のイベントメニュー

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先日は「南極ごはん」を紹介しましたが、
本日はそんな昭和基地の献立のなかから工夫を凝らした「イベントごはん」を紹介しますrestaurant

201309289 54次隊の本格ピザ作り
『昭和基地NOW!!』にはレシピも掲載しています(12枚分ですが…笑)
https://www.nipr.ac.jp/jare-backnumber/now/back54/20130928.html


51 51次隊のこどもの日にちなんだお子様ランチcarouselpony



46 46次隊の年越しそばjapanesetea


季節の行事で、隊員の誕生日会で…
食事を楽しみに、大切にしていることがうかがえます。


また、無いものは作る!が基本の南極観測隊。こんな工夫もflair

53 53次隊のミニトマト
「日を追うごとに新鮮な野菜は少なくなっていきます。
そこで昭和基地ではいくつかの水耕栽培装置を使って、隊員達が野菜の栽培を行っています。」
(『昭和基地NOW!!』より)



49 49次隊は手作り豆腐に挑戦!美味しそうに出来上がっていますshine
レシピも掲載
https://www.nipr.ac.jp/jare-backnumber/now/back49/20081205.html


毎日を彩ってくれる食事は、南極の厳しい越冬生活でより力を発揮するのでしょう。
日本にいる私たちも同じように、季節を感じて感謝しながらいただきたいですねhappy01

写真:すべて『昭和基地NOW!!』バックナンバーより


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-3.9℃   
風向・風速:北東9.0m/s  
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜14日目

【東京都立川市】午前10時  
天気: 雨
気温:9.2℃

2018年12月 5日 (水)

12/5 海洋地球研究船「みらい」

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
 
国立極地研究所が代表機関である北極域研究推進プロジェクト(ArCS
の活動の一部として、10月24日から海洋観測のために北極航海をしていた
海洋研究開発機構(JAMSTEC)の海洋地球研究船ship「みらい」 が
まもなく帰港します。
研究者・乗組員の皆さん、約1ヶ月半の航海、本当にお疲れ様でした。
多くの観測を終えて、豊富な観測データを取得できたようですね。
 
「みらい」は、近年北極海に大きく広がってきた
海氷融解域で起こる様々な現象を観測してきた実績をもっており、
国際的な研究の基盤的役割をになってきました。
ArCSにおいても2016年度から太平洋側北極海での観測航海を行い
2018年度は、世界気象機関(WMO)のもとで行われる国際プロジェクト
Year of Polar Prediction(YOPP:極域予測年)に関する
観測を行うことをおもな目的として、
今回、太平洋側北極海やその周辺海域を対象に、
これまで観測データが得られなかった秋季から初冬の
氷が張り出す時期の集中観測を実施しました。
 
初冬の北極の様々な現象の解明につながるような観測成果が
得られたのではないでしょうか?詳しい航海の様子は、
こちら ↓ ↓ ↓ からご覧いただけます。
 
 
また「ArCS」や「YOPP」については科学館ホームページの
掲載記事もご参考にどうぞ。
 
 
 
 
 
【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々雪
気温:-4.1℃   
風向・風速:北東7.1m/s  
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜13日目

【東京都立川市】午前10時  
天気: 曇り
気温:15.9℃
 
 

2018年12月 4日 (火)

いざ南極へ!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

第60次隊が乗り込んだ南極観測船「しらせ」が
11/30にオーストラリアのフリーマントル港を出港しました!
ついに南極に向かう船旅が始まりますship

しらせは今後、氷海に入り、氷をわって南極・昭和基地への接岸を目指します。

Photo 【氷をわって進むしらせ(船首から)】

昭和基地への到着は12月下旬の予定です。



また、「教員南極派遣プログラムHP」が公開されました。
https://sites.google.com/view/nipr-haken

全国の学校教員が南極観測隊に同行し、南極授業や講演などを通じて
南極観測の意義や魅力を子どもたちに届けるこのプログラムは、
第51次隊から始まりました。
第60次隊では2名の教員が派遣されています。


HPには、お二人が更新するブログも!
教員ならではの視点で、観測隊の様子が覗けます。
写真もいっぱいcamera要チェックですwink
https://sites.google.com/view/nipr-haken/現在の派遣




【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-7.1℃   
風向・風速:東9.9m/s  
日の出:--:--
日の入:--:--

☆白夜12日目

【東京都立川市】午前10時  
天気: 晴れ
気温:16.0℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。