« バレンタインは南極で | メイン | 展示Pick Up! »

2019年2月15日 (金)

南極授業が終了しました

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

毎朝、南極に負けないくらいの冷たい空気に縮こまってしまいます。
今日は日中もあまり気温が上がらず、寒さの厳しい一日になりそうですねbearing



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時) 
天気:曇り
気温:-1.1℃ 
風向・風速:西南西2.0m/s 
日の出:3:59
日の入:21:11

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:2.1℃ 



さて、先日もご紹介した教員派遣プログラムの一環である「南極授業」。

60次隊に同行している教員の方の南極授業計4回が無事終了しました。

今回は、相模女子大学、調布市立第七中学校、理科ハウス(逗子)、極地研が中継会場となり、
ワークショップ形式など新たな取り組みも実施されましたhappy01


201902039 昭和基地との中継で会話を楽しむ様子

『60次隊NOW!!』には参加者の皆さんの、
授業を熱心に聞く姿、実験や工作などを楽しんで取り組む姿がeyenotes

第1回(相模女子大学)
http://science-museum-blog.nipr.ac.jp/jare_summer_now/2019/01/2019129601-bd25.html
第2回(極地研)
http://science-museum-blog.nipr.ac.jp/jare_summer_now/2019/02/201923-f9cd.html
第3回(調布市立第七中学校)
http://science-museum-blog.nipr.ac.jp/jare_summer_now/2019/02/201928-6308.html
第4回(逗子・理科ハウス)
http://science-museum-blog.nipr.ac.jp/jare_summer_now/2019/02/201929604-6497.html


楽しかった、素晴らしい時間だった、という嬉しい感想がたくさん聞かれたようです。
皆さん、ありがとうございました!shine






また、第59次越冬隊と第60次夏隊・同行者を乗せた観測船「しらせ」が
2/13にリュツォ・ホルム湾定着氷域を離れ、北上を開始しましたship

今後、復路の海洋観測等を実施後、シドニーへ向け帰路につきます。

P1090056 科学館では第60次の隊員を紹介しています☆

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。