« 2019年4月 | メイン | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

5/31 夜のはじまり

こんにちは!
国立極地研究所 南極北極科学館です。

さっそく今日のお天気を見てみましょうhappy01


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.2℃ 
風向・風速:東5.4m/s 

☆極夜1日目

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:23.6℃

南極・昭和基地は今日から「極夜」に入りましたnight
太陽がのぼらない、夜の状態がこれから1ヵ月半ほど続きます。
(11月後半からの「白夜」は反対に、太陽がのぼった昼間の状態が続きます。)

極夜の時期は日差しがないため、寒さもより厳しくなりますsnow

201706181

オーロラは綺麗に見えそうですが、観測隊にはこんな悩みが。。

「それは朝起きても真っ暗なのでとにかく眠く、なかなか目が覚めない事です。
1日20時間寝れるのでは。とも思ってしまいます。
やはり人間は太陽の光を浴びて生きていると実感できる時でもあります。」

(「昭和基地NOW!!」第58次隊の記事より)

こんな苛酷な環境で活動する観測隊。
心身の健康管理がより重要になる時期なのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

科学館の春の企画展示は今日5/31まで!

南極・北極科学館 春の企画展示 「南極点をめざして〜極点旅行50年記念〜」

Photo


Dscn1461

https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#kikaku

どうぞお見逃しなくwink
皆様のご来館をお待ちしております♪

2019年5月30日 (木)

5/30 夏のイベントいろいろ

こんにちは!
国立極地研究所 南極北極科学館です。

5月も残すところあと2日となり、夏の気配を感じる季節ですね。
今年の夏は何をしよう??と計画を立てている方も多いかと思いますが
科学館には様々なイベント情報が届いています!

Dscn1667

Dscn1668

ぜひ、夏の計画の参考にしてくださいwink

その中でもオススメはこちら↓

Dscn1670

多摩六都科学館で開催予定の
「科学の本棚」です。

Dscn1671

「私の一冊」コーナーでは
我らが広報室長 本吉洋一教授も
科学者としての人生を決めた一冊を紹介していますbook

詳しくはこちら↓
https://www.tamarokuto.or.jp/event/index.html?c=event&info=2001&day=2019-06-01

また、南極・北極科学館では
7月の後半から「ペンギン」をテーマに夏の企画展示を開催予定ですpenguin

Img_1192[撮影:JARE60 西澤隊員]

夏のお楽しみの1つとして、計画に入れていただけると嬉しいです!
本日も皆様のお越しをおまちしておりますshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪
気温:-10.7℃ 
風向・風速:東北東14.9m/s 
日の出:11:58
日の入:12:39

※↑明日から白夜!!

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23.6℃

2019年5月29日 (水)

企画展示 今月いっぱいまで!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

5/31(金)までの開催となっている春の企画展示「南極点をめざして」shine

館内では、この企画展にあわせて
第9次隊の記録映像を上映しています!
P1090183

科学館で常設展示している雪上車が実際に南極の雪原を走行している様子や、

南極点を目指す道中に行われた様々な科学的観測作業の様子など
当時の録画映像が見られる貴重な記録ですeye

Dscn1656

Dscn1661




また、村山雅美隊長をはじめ隊員たちの肉声も
映像とともに記録されていて、
一見の価値ありですsign03

記録された声を聞いていると、その人柄まで伝わってくるようで
文字で記録された資料だけでは読み取りきれない
魅力が感じられますconfident


このように、
今月いっぱい開催中の春の企画展示「南極点をめざして」では
必見の展示が盛りだくさんですcrown

残り少ない開催期間ですので、お見逃しなく~shine



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-11.2℃ 
風向・風速:東北東16.3m/s 
日の出:11:43
日の入:12:54

【東京都立川市】午前10時 
天気:くもり
気温:23.0℃

2019年5月28日 (火)

もうすぐ終了!春の企画展示

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

5月も終盤、梅雨を思わせる蒸し暑さですねsweat01
ご好評いただいている春の企画展示「南極点をめざして」の
展示期間も残すところわずかとなりました。


南極・北極科学館 春の企画展示 「南極点をめざして〜極点旅行50年記念〜」
https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#kikaku


極点旅行を成し遂げた第9次隊のことを
解説パネルや写真、インタビューなどで知っていただきたいのはもちろん、
極点旅行を題材に描かれた関屋敏隆さんの絵本『南極点』の
原画展示もぜひ多くの方にご覧いただきたいですart

Photo

Dscn1473 【展示の様子】


南極点への夢と情熱が詰まった企画展示、まだ見ていないという方はお急ぎくださいrun
皆様のご来館をお待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-16.2℃ 
風向・風速:北3.4m/s 
日の出:11:32
日の入:13:05

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:27.2℃

2019年5月25日 (土)

サイエンスカフェ開催しました!

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(5/24)、令和初!のサイエンスカフェを開催しましたwink
「南極で気球をあげよう!」

201905241

南極オゾンホールの発見にも貢献した気球観測について
国立極地研究所 宙空圏研究グループ 冨川喜弘准教授に
分かりやすく紹介していただきましたflair

Dscn1632[講師の冨川准教授]

気球観測は上空の情報(気温、気圧、風、湿度など)を
簡単に得ることができる観測方法です。

気球観測には
40gほどの軽い装置をつり下げて飛ばすものから
数十kgほどの装置をつり下げ、数ヶ月間も飛ばすものまでと様々です!

Dscn1648

科学館に展示している気球↑は
高度30kmくらいまでの気温、気圧、風速、湿度を観測する
「ラジオゾンデ観測」のもので、世界中の1000ヶ所以上で1日2回実施されています。

南極オゾンホールの発見につながった
「オゾンゾンデ観測」

地球温暖化に影響を及ぼす上空の水蒸気を測る
「水蒸気ゾンデ観測」

同じ高度を長期間(〜数ヶ月)にわたって飛ぶことができる
「スーパープレッシャー気球観測」

などについて、詳しくお話していただきました。

現在、冨川准教授は南極全域の気温・風・気圧を観測し気候予測を向上させるのに役立つ
南極上空での「スーパープレッシャー気球観測」を計画されているようです!

Dscn1643

お集りいただいた皆さま、ありがとうございましたconfident
次回は6/22(土)に開催予定です↓
https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html

ご参加、お待ちしております♪


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-11.3℃ 
風向・風速:北北西2.1m/s 
日の出:11:08
日の入:13:29

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:26.4℃

2019年5月24日 (金)

5/24 令和初!サイエンスカフェ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日(5/24)、令和初となるサイエンスカフェを開催します!
「南極で気球をあげよう!」
201905241
【昭和基地でのオゾンゾンデ(オゾン観測装置を気球にぶら下げて飛ばす)観測の様子】

講師:国立極地研究所 宙空圏研究グループ准教授 冨川喜弘
日時:2019年5月24日(金) 18:30〜20:00
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:40名程度


南極オゾンホールの発見にも貢献した気球観測についてのお話です。
詳しくはこちらをご覧ください↓
https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe20190524


今日は今年初の真夏日になる所もあるようですsun
暑い季節に向かう今、極地の話でひんやり涼んでみませんか?

みなさまのご参加をお待ちしておりますshine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-9.6℃ 
風向・風速:北東15.3m/s 
日の出:11:01
日の入:13:35

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:24.5℃

2019年5月23日 (木)

南極写真500枚

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

梅雨明けのような夏の陽射しですね!
思わず日陰を求めてしまいます。
週末にかけて30℃を越える日もある予報ですので、熱中症対策を始めたいところですsun


さて、科学館ホールでは、第60次隊の写真をスライドでご覧いただけます。

P1090278 
P1090269 
P1090267
こちらは60次夏隊に同行した教員の方が撮影したもの。
南極の風景、観測の様子、隊員たちの生活など、盛り沢山ですwink


観測隊に同行する教員は、南極・昭和基地から中継による授業も行い、
南極観測の魅力を子どもたちに届けますschool
このスライドの写真を撮影した、新井教員による授業の様子はこちらをご覧ください↓
http://science-museum-blog.nipr.ac.jp/jare_summer_now/2019/02/201923-f9cd.html


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-8.4℃ 
風向・風速:北東16.9m/s 
日の出:10:54
日の入:13:42

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:23.7℃

2019年5月22日 (水)

タロ・ジロも見た!?

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今週の火曜日(5/21)に極地研から発表された研究成果がこちら↓
「1958年に日本で見られた扇形オーロラの実態を解明」
https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20190521.html

1958年2月11日、記録的な巨大磁気嵐が発生し、日本各地で
オーロラが観測された事が大きく取り上げられました。

1958年といえば、第2次南極観測隊が無念の越冬断念をした年と重なります。
悪天候ゆえ、第1次隊が断腸の思いで犬達をおいて昭和基地を離れ
宗谷に向かった日がちょうど2月11日でした。

Photo[左:ジロ 右:タロ]

奇跡的に日本で見ることができたオーロラ。
遠く離れた南極の地で、タロ・ジロたちも同じ空を眺めていたかもしれません。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-9.5℃ 
風向・風速:東南東1.7m/s 
日の出:10:48
日の入:13:58

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:21.1℃

2019年5月21日 (火)

荒れ模様

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は嵐のような大雨・強風ですねtyphoon
この季節には珍しいのではないでしょうか。
お出掛けの際はくれぐれもお気をつけくださいbearingrain


本日は日本のほうが荒天のようですが、ブログでもお伝えしたように
先週の南極・昭和基地は吹雪続きでした。


雨が降ることは少ないものの、常に風が強い南極。
先月の「昭和基地NOW!!」には吹雪(ブリザード)に関する記事が掲載されています。

201904111 
https://www.nipr.ac.jp/jare/now/20190411.html



「ブリザードは極寒の猛ふぶきというイメージがありますが、
海からの暖かく湿った空気が流れ込んでくるため、気温は普段よりも高くなります。

そして、地球の南端にある南極では、海からの風は北風。
暖かく湿った風といえば南風となる日本とは逆さまな所に、
地球の逆側にいることを実感することができます。」


日本と逆になるのは、考えてみればなるほど…とは思いますが、なんだか不思議。



気象に限らず、当たり前のようなことを、まっさらな気持ちで今一度見つめてみると
意外な姿、新しい世界が見えてくるかもしれませんねsearch

この風雨が止んだあとの景色もそんな気分で眺めてみたら、何か見えてくるでしょうか…?




【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-13.4℃ 
風向・風速:東北東6.5m/s 
日の出:10:42
日の入:13:54

【東京都立川市】午前10時 
天気:強い雨
気温:19.2℃

2019年5月18日 (土)

5/18 今日の昭和基地

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日の昭和基地のお天気はというと…

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-8.6℃ 
風向・風速:北東19.9m/s 
日の出:10:25
日の入:14:11

【東京都立川市】午前10時 
天気:くもり
気温:21.5℃



ブログを毎日ご覧いただいている方はお気づきかもしれませんが、
今週は昭和基地では吹雪の日が続いていますsnow

なので、昭和基地ライブ映像をお届けしている天測点カメラのレンズには
数日にわたって雪が張り付いてしまっていますsweat01

このようにレンズに付いた雪以外何も見えません…sweat02
(今日の午前中の天測点カメラ映像)

P1090273


(昭和基地の天測点カメラのライブ映像は国立極地研究所ホームページからもご覧いただけます↓)
https://www.nipr.ac.jp/webcam-top.html


しかし!こんなときでも大丈夫shine
南極・北極科学館では昭和基地の5つの地点に設置されたカメラで
現在の昭和基地の様子をお届けしています!

30秒毎に各カメラの映像が自動で切り替わりますmovie

こんな映像や…P1090274


こんな映像に切り替わり、

P1090276


さらに、ホームページからもご覧いただける管理棟屋上カメラの映像もeye

P1090275_2


今日もこのように昭和基地の現在の様子を見ていただくことができていますhappy01


ご来館の際はぜひチェックしてみてくださいflair


プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。