« 2019年9月 | メイン | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

中高生コンテスト

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先日、第16回中高生南極北極科学コンテストの受賞提案が決定しました!crownshine

中高生南極北極科学コンテストは、中高生を対象に
南極・北極で実施したい研究提案を募集するものです。

今年は34校215件の応募がありましたhappy01school

11月10日には「南極北極ジュニアフォーラム2019」を開催し、
表彰式および、受賞者による提案内容の発表、
南極・昭和基地とのライブ中継による前年受賞提案の実験報告等を行いますkaraoke


Img_7914 Img_7971

Img_8049【昨年のジュニアフォーラムの様子】


中高生と研究者の交流、また参加者同士の交流の場としても貴重な機会となるこのイベントには
今年もレベルの高いユニークな提案が集まっているようですeye

今年の受賞提案はこちらをご覧ください。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:猛吹雪
気温:-2.8℃
風向・風速:東北東13.1m/s
日の出:3:09
日の入:21:01

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:17.8℃

2019年10月30日 (水)

イベントの秋

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

10月もあとわずか、金曜日からは11月ですね!
紅葉も進み、秋の行楽に出かける方も多いのではないでしょうか。

立川市では、極地研も参加する様々な秋のイベントが開催されます。

11/3(日)たちかわ楽市

1

統数研と極地研が立川に移転して10周年を記念して
講演を行います。


10/19(土)から12/1(日)
立川体験スタンプラリー

Img_0356

立川北・高松駅周辺の会場で開催されるイベントに参加して
スタンプを集め、素敵なプレゼントをゲット!
※南極・北極科学館でのスタンプ設置は11/9(土)1日のみです。

お出かけにはベストシーズンのこの時期maple
立川に、そして科学館にぜひ!お越しくださいsmile

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-5.1℃
風向・風速:南4.4m/s
日の出:3:15
日の入:20:59

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:17℃

2019年10月29日 (火)

ヌアスムグリ・アリマス特任研究員が「日本雪氷学会賞(平田賞)」を、青木輝夫特任教授が「日本雪氷学会賞(論文賞)」を受賞

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。


極地研究所気水圏研究グループのヌアスムグリ・アリマス特任研究員が、
「2019年度日本雪氷学会賞(平田賞)」を受賞しました!

「平田賞」は、雪氷学の研究に顕著な成果をあげ、
今後の発展を奨励することが適当と考えられる正会員に贈られる賞です。
アリマスさんは、
「マイクロ波を用いた北極・南極における雪氷融解の検出研究」について
高い評価を受け、「平田賞」に選ばれました。


南極・北極科学館でもお世話になっているアリマスさんshine
ちょうど2年前の2017年10月27日(金)に、
「北極・南極の雪はいつ融ける?
―南極大陸での雪上車観測とアラスカでの飛行機観測から―」
というタイトルで、サイエンスカフェを担当してくださいました。

P1070107  第58次観測隊として南極に行かれたアリマスさん。
南極での観測内容や体験談はもちろん、ご出身の新疆ウイグル自治区の
ご紹介も非常に興味深かったです。
天山山脈の美しさには息を呑みましたeye

この日は民族衣装のステキな帽子を被ってお話をしてくださいました。

P1070114

詳しくはこちら

また、国際北極環境研究センターの青木輝夫特任教授が共著者となっている論文が
「2019年度日本雪氷学会賞(論文賞)を受賞しました。
「論文賞」は雪氷学の発展に貴重な貢献となる論文の著者である正会員に贈られる賞です。

この度の受賞、おめでとうございます!!
詳しくは、こちらをご覧ください↓

https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20191021.html

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-4.8℃
風向・風速:東北東9m/s
日の出:3:20
日の入:20:54

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:15℃

2019年10月26日 (土)

掃除の秋

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

久しぶりの良く晴れた週末ですね。

P1090675
今日の科学館もこのとおりsun
すっきり晴れてます!

P1090668_2



気候の良い秋は、行楽の季節というのが一般的ですが、
大掃除をするのに最適な季節でもありますよ。

大掃除といえば年末。
しかし冬は掃除に使う水は冷たいし油汚れは冷え切って硬くなっているし…

そのぶん、秋に大掃除を行なえば
水は冷たすぎないし油汚れは冬より落としやすいflair

手足の裾をまくっても寒くないし窓を開けて換気しながら掃除が出来ます!



南極の昭和基地からもお風呂掃除の最新記事が届いていますよpc
昭和基地NOW!!「昭和基地のお風呂掃除」

浴室だけでなく循環設備などお風呂に関わる一式全ての清掃とは…sweat01
一般家庭とは掃除の規模が違いますね。


科学館では本日も開館前に
館内の清掃を済ませてみなさまをお迎えしております。

P1090676

館内のお掃除グッズの一部chick


普段は手をつけにくい隙間や物陰まで
冷え込みが厳しくなる前にスッキリさせたいですねshine



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-13.6℃
風向・風速:東11.5m/s
日の出:3:34
日の入:20:37

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:18.9℃

2019年10月25日 (金)

防寒服

国立極地研究所 南極・北極科学館です。

肌寒い日が増えてきて、そろそろ冬物のコートの準備をする時期になりましたね。
南極・北極科学館では観測隊が実際に使用している「防寒服」を展示しています!

Img_0336【観測隊の服を着てみよう!コーナー】

南極の冬に大活躍するのがこちらの「羽毛服」です。

Img_0337
フード部分が大きくできていて

Img_0338
フード下に帽子を重ね着できるようになっています!

また、ポケットはこのように↓

Img_0340手袋をしていても簡単に開けられるよう、スナップボタン式になっています。

Gps【防寒服を着て作業する隊員】

防寒服は平均気温がマイナス10度以下の南極で過ごすために
色々な工夫がギュッっと詰まった服なんですね。
実際に着てみることもできるんですsign01

防寒服以外にも…


Img_0342


防寒「靴」の展示もあります。
左のD型雪靴はウールの2倍温かいテビロン綿を使っています。
つま先や靴底は二重構造で寒さが伝わりにくく
南極の寒さから足を守ってくれます!
こちらも実際に履いて試していただけますpenguinflair

是非みなさんも最強の「寒さ対策」を科学館で体験してみませんか?
ご来館お待ちしておりますnote



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.4℃
風向・風速:東9.4m/s
日の出:3:38
日の入:20:32

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:15.3℃






2019年10月24日 (木)

62年前の10月 観測船「宗谷」の出港

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。


今日は第2次南極地域観測隊についてご紹介します。

今から62年前の1957年10月21日、第2次隊を乗せた南極観測船「宗谷(そうや)」が出港しました。
第1次隊の出発は1956年11月8日だったので、前年よりも18日早い出発でした。

シンガポール→ケープタウンと進み、暴風圏を通過して順調に昭和基地に向かっていた宗谷。
しかし、12月31日には厚く固結した海氷に閉ざされ、身動きが取れなくなってしまいます。
その後およそ40日間、宗谷は海氷とともに漂流することになってしまったのでした。

結局、第2次隊は昭和基地にたどり着けず、越冬を断念。

2s1021  【第2次で越冬予定だった隊員たち】

 2nipr274_2 【宗谷(左)と救援に来たアメリカの砕氷船バートン・アイランド号(右)】

昭和基地にいた第1次越冬隊11人は、小型飛行機を使いなんとか宗谷に乗船できましたが、
カラフト犬(体重40kg前後)15頭は、飛行機の燃料不足もあり、
連れ戻すことができませんでした。

そのとき置き去りにされた犬の中に、有名なタロとジロがいます。
タロとジロの兄弟は、第3次隊によって生存が確認され、
第3次・第4次隊の隊員と共に昭和基地で過ごしました。
(タロは第4次隊と共に帰国しましたが、ジロは昭和基地で死んでしまいます。)

03070 【タロ(左)とジロ(右)】2頭とも真っ黒…(ジロは足の先だけ白い)

また、カラフト犬たちと昭和基地で過ごした三毛猫の「たけし」は、
隊員が抱えて宗谷に戻りました。
カラフト犬と違って猫は軽いので、小型飛行機に乗れたのですね。

Takeshi0312  【小型飛行機で宗谷に戻ったたけし】


現在、初期の観測隊について、南極・北極科学館のホールに解説を
展示していますので、詳しくお知りになりたい方はぜひご来館くださいcat
猫のたけしのフェルト人形も展示してありますよ!

たけし人形について、詳しくはこちら

11月上旬まで展示予定です!
お見逃しなく~confidentshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11.0℃
風向・風速:東北東9.6m/s
日の出:3:43
日の入:20:28

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:18.0℃

2019年10月23日 (水)

サイエンスカフェを開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先週土曜日(10/19)にサイエンスカフェを開催しました!

Img_0311

講師は、極地研究所生物圏研究グループの自見 直人(じみ なおと)さん。

Img_0317 今年度極地研究所に入られたばかりの若手研究者です。

海洋生物の新種の探索・進化をメインに研究をされており、
今回は「新種ってどうやって見つけるの?」というテーマで
お話をしていただきました!

Img_0315

まずは「分類学」について。

分類学、と聞くと、難しい学問のように思ってしまいますが…
「まずは名前をつけて同じ特徴を持つもの同士でグループを作る」、
「細分化することによって、ものの分類がわかりやすくなる!」
ということなのだそうです。

普段の私たちの生活でも、分類学が活きています。
例えばスーパーでお茶を購入する際に、スムーズにお茶のコーナーに行けて、
自分の飲みたいお茶の種類を選べるのは頭の中で「分類」しているから。

Img_0330
そして、生物の名前「学名」のお話。
全世界で一つの種の共通認識を共有できるようにするため、
生物の種名は、ラテン語で属と種の2つの名前で明記するとのこと。

ラテン語なのは、もう使われていない言語のため変化しないからなのだとか。
学名ってなんだか難しいなーと思っていましたが、お話を聞いて納得!

続いて海洋生物について。
多毛類(ゴカイ)の分類学的研究を中心に研究をしている自見さん。
標本も持って来てくださいました!

Img_0324

Img_0322 触ってもOKとのことだったので、触ってみましたが(ひえーcoldsweats02sweat01)…。

Img_0321会場にはなんとも言えない一体感が…
参加された皆さんは興味津々eye&和気藹々happy01でした!

多毛類は多くの種類があり、北極~南極、陸・淡水・海どこにでもいて
新種も見つけやすいそうです。
では、どのような手続きを踏めば新種になるのか?についても
詳しくお話をしていただきました。

Img_0314

Img_0334これまでに自見さんは20種類以上の新種を発表してきたそうです。
 

こちらの記事もぜひご覧ください↓

https://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170121.html

いつもとは一味違った今回のサイエンスカフェ。
「生物分野の基礎的な研究がどういうものか知ることができてよかった」
「若手研究者の方の熱意やワクワク感が強く伝わってとても楽しめた」
「実物に触ることができるのは、すばらしい試み」等、
参加者の皆さんからうれしい感想をたくさんいただきました。
ご参加ありがとうございましたsign03


次回のサイエンスカフェは、11月16日(土)です。
ご来場をお待ちしております!!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11.4℃
風向・風速:北北東1.0m/s
日の出:3:48
日の入:20:23

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:17.8℃

2019年10月19日 (土)

本日開催!サイエンスカフェ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

本日はサイエンスカフェを開催します!shine


「新種ってどうやって見つけるの?」



【2017年新種として報告した"フジキブクレハボウキ"】
なかなかパンチありますね(´-`)


地球に生息する多くの生き物の種はどのように認識され、区別されているのでしょうか?
 多毛類(ゴカイ)の新種報告を行ったりする分類学を専門とする講師が、
それらの例を中心に"新種の見つけ方"を紹介します。


日時:2019年10月19日(土) 15:00〜16:30

講師:国立極地研究所 生物圏研究グループ 自見直人

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)



昨日からの雨が止み、太陽が少し顔を出してきました。
お足もとに気をつけて、ぜひお気軽にお越しくださいねconfident


また、次回のサイエンスカフェは11/16(土)を予定しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。



サイエンスカフェって行ったことないけどどんな雰囲気?という方は
ぜひ前年度の報告をご覧になってみて下さいねcafe
当日の様子やアンケート結果を掲載しています。



たくさんの方のご参加をお待ちしておりますnotes



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-6.5℃
風向・風速:南3.9m/s
日の出:4:07
日の入:20:05

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:17.5℃

2019年10月18日 (金)

明日はサイエンスカフェ♪

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

明日10/19(土)、サイエンスカフェを開催しますflairshine


「新種ってどうやって見つけるの?」


【南極における潜水調査】



【2017年新種として報告した"フジキブクレハボウキ"】


地球にはヒト(Homo sapiens)以外にもコウテイペンギン(Aptenodytes forsteri)・
シロナガスクジラ(Balaenoptera musculus)・ゴマフアザラシ(Phoca largha)...等々
多くの生物が生息しています。

その数は全部で180万種以上ともいわれ、今なお多くの新種が発見され続けてます。
このように多くの生き物がいるなかで私達は

どうやってその種を認識し・区別すればいいのでしょうか?
私は多毛類(ゴカイ)の新種報告を行ったりする分類学を専門としていますが、

それらの例を中心に"新種の見つけ方"を紹介します。



日時:2019年10月19日(土) 15:00〜16:30

講師:国立極地研究所 生物圏研究グループ 自見直人

場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)

参加費:無料

申込:不要(直接会場にお越しください)


"新種"と聞くとわくわくしませんかhappy02

まさに今この瞬間に発見された生物がいるかもしれない…。
地球のどこかに、まだ誰にも発見されていない生物がいるかもしれない…。


生物研究者のお話から、いつも見ているのとは違った視点から
生物たちの深い世界を感じることができるかもしれません。

ぜひお気軽にご参加くださいconfidentお待ちしております!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.9℃
風向・風速:南東0.8m/s
日の出:4:11
日の入:20:01

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:15.6℃

2019年10月17日 (木)

講演会のご案内

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先日までの暑さはどこへやら。急に寒くなりましたね。
南極・北極科学館のシンボルツリーも色づき始めました。

Img_0306

Img_0308 これから紅葉の季節maple
紅葉を見に、遠くに旅行に行くのもすてきですが、
極地研究所の周りの木々も色づくときれいです。
近くに昭和記念公園もありますし、お散歩がてらぜひご来館くださいconfident


その昭和記念公園で、11月3日(日)、4日(月)に
「たちかわ楽市2019」というイベントがありますよ。
極地研究所では、11月3日(日)13:00-13:30に、
公園内の花みどり文化センター講義室で講演会を開催します!

1
実は今年2019年は、国立極地研究所、そして極地研究所と
同じ建物に入っている統計数理研究所が、
立川に移転して10周年の、記念の年なのです!
(同じ建物に入っているもう一つの研究所「国文学研究資料館」は
一足早く2008年に移転しています。)


そこで、統計数理研究所と共に花みどり文化センターで
講演会を行う運びとなりました。

講演会の極地研の講師は…
南極・北極科学館でも大変お世話になっている
伊村 智(いむら さとし)副所長ですshine
「南極の池で見つけた不思議な世界」というテーマでお話をしていただきます。
コケボウズ達は何を語るのでしょうか?

入場無料の講演会です。
皆さんのご参加をお待ちしております!!
(11/3(日)、南極・北極科学館は休館日ですのでご注意ください。)

Img_0309 「こけ坊」たちも楽しみにしていますsign03


広報誌『極』の「きょくまん」で、コケボウズ発見について紹介しています。
こちらもぜひご覧ください↓
『極』15号  
『極』16号  

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-6.7℃
風向・風速:北東13.8m/s
日の出:4:16
日の入:19:57

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:16.5℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。