« お知らせいろいろ | メイン | しらせは今どこ? »

2019年11月26日 (火)

白夜の昭和基地

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

南極・昭和基地が「白夜(びゃくや)」に突入しました!
南極圏(南緯約66.5度から南)や北極圏(北緯約66.5度から北)では
太陽が沈まない時期があります。これを白夜といいます。
反対に、一日中太陽がのぼらない時期もあります。
これは「極夜(きょくや)」といいます。

白夜も極夜も、南極圏と北極圏だけに見られる現象です。
緯度によって期間は異なり、北極点と南極点では、白夜極夜はともに半年ずつ。
日本でも、夏の間は日が長くなり、冬は日が短くなりますが…
太陽がずっと出っぱなしだったり、一日中ずっと太陽が出なかったり…
ということはありません。
日本はちょうど良い位置にありますね。


白夜も極夜も、地球の地軸が傾いた状態で太陽の周りを回っているため起きます。
傾いているため、太陽が一日中当たる時期と当たらない時期ができるのです。

K01222m

こちらは、白夜の昭和基地で1時間ごとに撮影した太陽です。
南極の夏の間、太陽は夜中になっても地平線に近づくだけで沈むことはありません。
昭和基地のある南緯69度では、約50日間白夜が続きます。

白夜が始まったら、本格的な南極の夏。
昭和基地では、次の隊を迎え入れるため、準備に取り掛かります。
第61隊の出発ももうすぐですsign03


昭和基地NOW!!もぜひご覧ください↓

https://www.nipr.ac.jp/jare/now/back56/20151121.html

https://www.nipr.ac.jp/jare/now/back57/20161208.html

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ

白夜5日目


【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:7.5℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。