« 壮大!流しそうめん | メイン | ○。2019年の思い出 。○ »

2019年12月25日 (水)

プランクトンネット

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今年の12月22日は冬至でしたね。
カボチャを食べたり、ユズ湯で温まったりしましたか?

北半球では昼が最も短い日であり、
南半球では夜が最も短い日。

一日を通して太陽が沈まない白夜が約2ヶ月続く昭和基地では
現在、34日目の白夜を迎えています。

現在の昭和基地ライブ映像の様子

Img_1467


今日もよく晴れた昭和基地の空です。


太陽が沈まず一日中光が降り注ぐ白夜の時期は、
光合成によってエネルギーを生産する植物プランクトンが
とても活発になる時期でもあります。

南極・北極科学館では、船の上から調査のために
プランクトン採集をする時に使用するネットを展示しています。

Img_1462




プランクトンネットというこちらのネット。
2つとも同じに見えますが…実は網目の大きさが違うのですeye

ひとつは0.10㎜四方の網目で
植物プランクトンも採集できる、植物目合いと呼ばれる網目サイズ。

もうひとつは0.33㎜四方の網目で、
ほとんどの植物プランクトンは通り抜けてしまうために
動物プランクトンのみ採集できる、動物目合いと呼ばれる網目サイズです。

微細な違いで、大きな役割の違いがあるんですねflair

展示品は実際に南極で使用されたネットですsign03

Img_1466_2



網目に差があるんだと知った上で、目の前に立つと

2つのネットの透け度合いに差が感じられます。
どちらの種類のプランクトンネットかが分かり、より楽しめますよwink

実物を見に、どうぞ南極・北極科学館へお越しください。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-1.7℃
風向・風速:東0.9m/s
☆白夜34日目

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:4.0℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。