« オーロラ観測ロケット | メイン | 春の企画展示 »

2020年2月13日 (木)

生物標本

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

61次隊ブログには、セルロン生物チームが採集した
土壌サンプル・地衣標本が掲載されています。

800wri 並べ方やカラフルなマスキングテープがなんだかオシャレ…♪



セルロン生物チームは、昭和基地の西方約600km にある山岳地帯
「セール・ロンダーネ(略してセルロン)」周辺で
地衣類、蘚苔類、菌類、土壌動物などの陸上生物多様性調査を実施していました。

標本は丁寧に梱包されて持ち帰られ、様々な研究に役立てられます。



意外と植生が豊かな極地clover

南極の地衣類は300~400種にのぼり、
ペンギンのふんなどを栄養として利用するものや、
岩の中にもぐりこんで生活するものなどがいます。


極地の生物標本は科学館でも展示していますsearcheye

Img_1990 南極代表「オオハリガネゴケ」(左)と北極代表「カギハイゴケ」(右)



Img_1992顕微鏡では、南極で花を咲かせる「ナンキョクコメススキ」(左)や
コケの生長年輪(右)もご覧いただけます。


極地にひっそり息づく生物たちの世界をのぞいてみませんか?

ご来館をお待ちしておりますhappy01


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-1.1℃
風向・風速:東7.3m/s
日の出:3:41
日の入:21:22

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:9.6℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。