« インスタライブ開催決定! | メイン | 越冬交代式 »

2020年2月 1日 (土)

ナンキョクオキアミ

こんにちは!
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日から2月scissors

今年はうるう年なので、2月はいつもより1日多い29日まであります。
なんだか少し特別な感じshine

Img_1926

Img_1924



立川の空はよく晴れて暖かな日差しが降り注いでいますが、
昨日に引き続いてやや風があり、この時期らしい肌寒さです。



さて、極地研HP「南極観測」のページで連載の61次観測隊ブログ
海洋観測の話題でたびたび出てくる言葉、ナンキョクオキアミについて知っていますか?

18m

エビに似た外見ですね。でもエビとは別物。


巨大な群れを作って南極海を群泳する、小さな生き物です。

オキアミといえば釣りエサでおなじみですが、80種類以上もいるオキアミの仲間のうち
最も大型なのがナンキョクオキアミ。

Img_1917



南極海に生息する鳥類や鯨類など
様々な海洋動物がナンキョクオキアミを食べて生きていて、
この小さな生き物は、南極海の生態系に大きく関わる大切な存在なのです。

Img_1919

夏の間は、海面近くで活発に植物プランクトンを食べ、
植物プランクトンが少なくなる冬の間は、海底へ移動して春を待ちます。
なんと、数ヶ月間なにも食べなくても、
自分の体を小さくして生き延びることができるそうですよsign01eye


こちらの標本は、ナンキョクオキアミに青い色をつけて樹脂で固めた樹脂標本です。

Img_1911

上が成体オス。
下が成体メス。

オスとメスで見た目に違いがあるなんて知らなかった~flair


南極・北極科学館では、標本や解説文で
ナンキョクオキアミについてご紹介していますwink

ご来館の際は、ぜひご覧ください。



【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-1.9℃
風向・風速:東0.8m/s
日の出:2:42
日の入:22:27

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:8.0℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。