« 南極観測船しらせ | メイン | 明日はニャンニャンニャン »

2020年2月20日 (木)

立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(2/19)、立川市共同企画公開講座極域科学シリーズを開催しました。
この講座は、立川市教育委員会・たちかわ市民交流大学市民推進委員会
・国立極地研究所の協働企画の公開講座です。
極域科学シリーズは、毎年度 前半・後半3回ずつ講座を開催しており、
昨日は後半の第2回目。
講師は、地圏研究グループ 堀江 憲路(ほりえ けんじ)助教。


「石の年齢の調べ方」というタイトルで、お話をしていただきました。
内容は…
むむむむむずかしいeyesweat01
でもすごくおもしろいsign03
専門的なお話も多かったので、恥ずかしながら私の頭では半分も
理解できていませんが…とにかく興味深いお話が盛りだくさんでした!

まずは自己紹介。

Img_2094

前半は、石の年齢の調べ方や代表的な年代、数値年代、時間の定義についてのお話。
「石の年代」もいろいろ。
世界最古の鉱物は、オーストラリアのJack Hillsで発見された約44億年前のもの。
世界最古の岩石は、カナダで40億年前のものが見つかっている。
日本最古の鉱物は黒部市の38億年前。
などなど・・・

では、その年代を調べるにはどうしたら良いのでしょうか?
地質年代学についても詳しくご紹介。

Img_2096


じゃあ、そもそも「時間」とは?
1年は365日、1日は24時間。それが当たり前のことだと思っていましたが、
地質記録から14億年前の地球の1日は18時間だったと判明したそうです。
地球の回転する速さは一定ではなく、遅くなっているのですね。
地球の自転、公転から時間を割り出すのは不正確…ということで、
現在では、温度0K(ケルビン)におけるセシウム原子時計を使って、
゛1秒″を定めているのだとか。
知らなかった…。

「年代」を調べるためには、そもそもの「時間」の定義が必要なのだと
よくわかりました。

Img_2098

続いて、石を調べるために必要な機械、SHRIMPのお話。
高感度高分解能イオンマイクロプローブ(Sensitive high-resolution ion microprobe)の
頭文字を取り、また、形がエビに似ているということから「シュリンプ」と呼んでいます。
世界で19台しか稼働していないSHRIMP。日本には4台、うち2台はなんと極地研にあります。
数マイクロメートルの領域で、固体試料の化学組成・同位体組成を分析する装置です。
このSHRIMPを使って「ジルコン」という鉱物を分析することで、鉱物ができた年代を
決めることができます。

Img_2100

Img_2102

SHRIMPの歴史や仕組み、そしてSHRIMPを使った年代測定などについても詳しくお話

詳しくはこちらをご覧ください↓

http://shrimp.nipr.ac.jp/

「チバニアン」の年代測定に関わった堀江さん。
最後はチバニアンの裏話でした。

Img_2093

終了後、参加された方からは「おもしろかった!」「もう一度聞きたい!」と
うれしいお言葉をいただきました。
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました!


次回は今年度最終回。3/11(水)です。
お申し込みは生涯学習推進センター(042-528-6872)へお願いいたします。
※定員40人(申込順)

なお、チバニアンに関しては、現在、南極・北極科学館にて
パネル展示で詳しくご紹介しています。
極地研究所で行った記者発表の映像もご覧いただけますよhappy01

Img_1985


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-8.4℃
風向・風速:東北東3.9m/s
日の出:4:21
日の入:20:48

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:9.1℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。