イベント情報

2017年10月19日 (木)

立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(10/18)、立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の研究者が詳しく紹介します。

極域科学シリーズは、毎年度6回の講座を開催しており、昨日は今年度の第1回目。
定員は40名ですが、それを超えるたくさんの方のお申込みがあり、
室内はいつも以上ににぎわいました。
寒い中来られた皆さん、ありがとうございました!!

 

P1070067

講師は、極地研究所 国際北極環境研究センター(若手のホープ!)の佐藤和敏さんshine

P1070069

「北極の気象観測と日本の天気予報」というタイトルで、
ご自身の研究や、実際の北極での観測の様子、そして、北極海での観測が
日本の天気予報に与える影響について、詳しくお話をしていただきました。

P1070066

P1070071 とても分かりやすい説明で、皆さん、「なるほどー」と、うなずきながら聞かれていました。

   

天気予報の精度の向上のため、どんな観測が必要なのか、また、
どの様な苦労があるのかがとても良く分かりましたconfident


極域科学シリーズの前半3回は、参加希望者多数のため、すでに受付を締め切りましたが、
後半3回はこれからの募集となります。
南極・北極科学館のイベント情報でも告知しますので、もうしばらくお待ちください。
※申込は立川市生涯学習推進センター(042-528-6872)です。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.2℃ 
風向・風速:東 7.6m/s 
日の出:4:06
日の入:20:10

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:11℃

2017年9月27日 (水)

9/27 イベント情報

おはようございます。

国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
イベントのお知らせです。
10月7日(土)は、
たちかわ市民交流大学10周年記念講演会が
立川市の女性総合センター(アイム)ホールで開催されます。
 
講師は、国立極地研究所・地圏研究グループの本吉洋一教授です。
本吉教授は計3回、隊長として南極観測隊に参加され、
現在は極地研究所の広報室長も務められています。
 

_suo0886

日本の南極観測の歴史や南極の自然現象や生き物、
南極を取り巻く国際環境などについて
豊富な経験から語られる、楽しいお話を
たくさんの皆さんに、ぜひ、聞いていただきたいと思います。
 

日時:2017年10月7日(土) 14:00~16:00

講師:国立極地研究所/地圏研究グループ 教授 本吉洋一

場所:女性総合センター(アイム)ホール

受講料:無料 保育:あり(1歳〜学齢前)

受付: 生涯学習推進センター(042-528-6872)

定員:150名(申込順)

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪
気温:-12.1℃ 
風向・風速:東北東8.2m/s 
日の出:5:46
日の入:18:42

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:24℃

 

2017年9月26日 (火)

サイエンスカフェを開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先週の金曜(9/22)に、サイエンスカフェを開催しました!

講師は、極地研究所 国際北極環境研究センター/気水圏研究グループの榎本浩之教授shine

P1070026_2

 「北極と南極の海氷を探る」というタイトルで、主に「海氷」について

詳しくお話をしていただきました。

P1070014

 「海氷」「流氷」「氷山」「棚氷」の違い、海氷の種類、海氷の誕生、
北極・南極の海氷の比較など、とても分かりやすい解説に、
参加者の皆さんは熱心に耳を傾けられていました。

P1070018

1 海氷に実際に下りて、調査する様子。氷の下は冷たい海。

まさに観測は命がけだということがよく分かりました。

でも、危険と隣り合わせの観測を紹介する榎本先生はにこにこ笑顔でうれしそう・・・。

雪と氷が大好きなのだそうです。

まさに研究者の鏡ですね!

榎本先生、スケジュールがぎっしりの中、

サイエンスカフェを担当していただきありがとうございました。

そして、お天気の悪い中、参加してくださった皆さん、ありがとうございました!!

次のサイエンスカフェは、10/27(金)の予定です。
ぜひご参加くださいhappy01

 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温:-26.9℃ 
風向・風速:南5.3m/s 
日の出:5:50
日の入:18:38

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:22℃

2017年9月21日 (木)

9/21 今日の南極・北極科学館

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は青空がとてもきれいsun

お散歩日和のためか、館内はにぎわっています。

遠足シーズン突入ですねmaple


さてさて、研究成果のお知らせです!
「江戸時代のオーロラ絵図と日記から明らかになった史上最大の磁気嵐」

極地研究所の片岡龍峰准教授と国文学研究資料館の岩橋清美特任准教授は、
江戸時代の古典籍に残る記録から、明和7年7月28日(1770年9月17日)に
史上最大の磁気嵐が発生していたことを明らかにしました。

大きな磁気嵐のときには、極域のオーロラが活発になるだけでなく、
低緯度の地域でもオーロラが見られることがあります。

古典籍『星解』には、山から放射状に吹き出すような形のオーロラの絵が描かれており、
説明文に「北にある若狭の国で火事が起こったのではないか」と記載されていることから、
京都から見えたオーロラを描いた絵図だと考えられているそうです。

岩橋特任准教授は、京都市伏見区の東丸神社に所蔵されている東羽倉家の日記を調査する過程で、
『星解』に描かれたオーロラと同日のオーロラの記述を発見。
そして、片岡准教授は、東羽倉家の日記の記述をもとに、京都からのオーロラの見え方を計算し、
その形を再現しました。
その結果・・・

詳しくは、ぜひこちらをご覧ください!
 ↓↓↓

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20170920.html

こちらは赤いオーロラの写真。

A034_3

こんなに空が真っ赤だと、なんだか怖いですね。
江戸時代に京都で見えたのも、このようなオーロラだったのでしょうか?


ところで、明日はサイエンスカフェを開催します!

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe
18:30開始(受付開始は18:00)です。ぜひお越しくださいconfident

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
※天気のデータなし
日の出:6:12
日の入:18:19

 

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:24℃

2017年8月30日 (水)

「氷河の流れ」の実演開催!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日は、実演「氷河の流れを見てみよう!」を開催しました。
3回目の開催ということで、ご覧になる方は少ないかな?と心配していたのですが、
夏休み期間最後のイベントだったためか、とても多くの方にご参加いただきました!

P1060899氷の研究者から「固い氷が流れる」という話を聞き、

P1060903氷河に見立てたスライムで、どのように氷が流れて行くのかを観察。

スライム氷河の動きに、皆さん興味津々でした。

ご参加いただき、ありがとうございました!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ時々曇り
気温-30.4℃ 
風向・風速:南3.8m/s 
日の出:7:49
日の入:16:58

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:29.5℃

2017年8月23日 (水)

「めざせ!極地の研究者」を開催しました

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(8/22(火))、子ども向けサイエンスカフェの「めざせ!極地の研究者」を開催しました!

講師は、極地研究所 地圏研究グループの今榮直也(いまえ なおや)先生。
「隕石」について詳しくお話をしていただきました。

P1060791

P1060799

P1060843 南極には、隕石が集まりやすい地形があることや、

P1060839 実際に南極で隕石採集をした体験談等を詳しく話していただきました。

P1060786 光が通るほど薄く削った「薄片」の顕微鏡写真を使って、
鉱物ごとに色を塗るという体験も行いました。

P1060827

P1060828_2体験シートに、みんな一生懸命色を塗っています。

上手に塗れたかな~?

P1060781 本物の隕石を実際に見たり、触ったり・・・。


参加者の皆さんからは、
「本物の隕石に触れて良かった」
「自由研究の良い題材になった」
「少し難しかったけど、勉強になった」
等、たくさんのご意見をいただきました。

ご参加いただき、ありがとうございました!

次回の「めざせ!極地の研究者」は冬休み期間の開催を予定しています。

またのご参加をお待ちしておりますhappy01

 


さて、明日は「氷河の流れを見てみよう!」を開催します!
こちらもぜひご参加ください。

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#summer

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-26.4℃  
風向・風速:東2.5m/s  
日の出:8:19
日の入:16:31

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:31℃

2017年7月27日 (木)

開館8年目を迎えました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

7月24日、南極・北極科学館は、オープンしてからちょうど7年が経ちました!
24日は月曜日で休館だったので、25日にお祝いしよう!と思っていたのですが、
ぼんやりしていたら過ぎてしまっていました…。

こちらはオープン前の記事です↓

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/201007242open.html

8年目を迎え、館内の展示や企画展、イベント等、より充実させたいと考えています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、今週の土曜日、昭和記念公園でサイエンスカフェを行います。
立川花火の日なので、会場が少し混み合うかもしれませんが、
ぜひサイエンスカフェ終了後、きれいな花火もお楽しみくださいshine

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe

1

2

タイトルは、「北極の気象観測と日本の天気予報」です。
極地研究所の若手研究者が、天気予報について詳しくお話しします!
入場無料、出入り自由ですので、お気軽にどうぞ~。

お待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時) 
天気:晴れ時々曇り
気温:-8.9℃ 
風向・風速:東14.6m/s 
日の出:10:26
日の入:14:32

【東京都立川市】午前10時 
天気:曇り
気温:24℃

2017年7月11日 (火)

「めざせ!極地の研究者」を開催しました

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。


先週土曜日に、今年度第一回目となる「めざせ!極地の研究者」を開催しました!

このイベントは、
「極地の研究者は普段どんなことをしているの?研究者になったつもりで、研究者の仕事を体験してみよう!」と

いうもので、年に数回開催しています。

対象は主に、小学校高学年~中学生です。今

回は、「Youはなぜ南極へ?」というタイトルで、

極地研究所気水圏研究グループの橋田 元(はしだ げん)准教授に

お話をしていただきました!

P1060478

P1060466

P1060476

ご自身が観測隊として南極に行かれたときの経験談や、

観測隊員になるには?観測隊として必要な職業は?

そして、家族と離れて遠い南極等に行き、辛くなったときの対処法などなど、

詳しくお話をしていただき、皆さん興味津々に聞かれていました。

付き添いの保護者の方にも楽しんでいただけたようで良かったです。

ご参加いただき、ありがとうございました!

次回のめざせ!極地の研究者は、詳細が決まり次第、

南極・北極科学館サイトで告知します。

もうしばらくお待ちくださいconfident

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)     
天気:吹雪
気温:-8.6℃         
風向・風速:北東20.4m/s  
※太陽がのぼらない「極夜」42日目

もうすぐ極夜が明けます!

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:29℃

2017年6月 6日 (火)

6/6 イベント情報

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


今日は1日中、曇りの予報となっていますね。
梅雨入りも近そうです。
6月2日(金)のサイエンスカフェにご参加された皆さま、
遅くまでお付き合いいただき、どうもありがとうございました。

極地研・ 宙空圏研究グループ 西山尚典助教の
お話はいかがでしたでしょうか?
こちらのサイエンスカフェの模様は、
後日またブログでご紹介したいと思います。


次回のイベントのお知らせです!
次回のサイエンスカフェは6月14日(水)に開催します。
タイトルは・・・
『南極と北極で氷を掘って過去の地球環境を探る』です!




日時:2017年6月14日(水) 18:30~20:00(受付開始18:00~)
講師:国立極地研究所 気水圏研究グループ 教授 東久美子
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

南極や北極の氷を分析してわかる過去の気候や環境。
それらの最新の研究について紹介していただきます。
たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。


今日の昭和基地は寒そうです~!wobbly

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-22.5℃     
風向・風速:南4.2m/s  
 太陽がのぼらない「極夜」7日目

【東京都立川市】午前10時      
天気:曇り
気温:18℃



2017年5月19日 (金)

5/19 本日開催サイエンスカフェ!

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!


今日は朝から快晴の立川市です。
さっそく昭和基地のお天気を見てみましょう。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11.1℃     
風向・風速:東6.2m/s      
日の出:10:32
日の入り:14:03

【東京都立川市】午前10時      
天気:晴れ
気温:18.7℃

だんだんと太陽の出ている時間も短くなってきました!

さて、お待たせいたしました!
本日、18:30からサイエンスカフェを開催いたします。
(受付開始は18:00からとなっております)

今日お話ししていただく内容は・・・
「南極で石を調べる」
講師は極地研・地圏研究グループの 外田智千准教授です。



南極大陸の石を調べることで、どんなことが
わかるのでしょうか?
最新の南極の石の研究を紹介していただきます。
どうぞお楽しみに!!

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

 

      

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。