イベント情報

2018年4月27日 (金)

ゴールデンウィークの開館日&イベントのご案内

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

明日からゴールデンウィークですね。
1日(火)、2日(水)もお休みを取って、9連休!という方も
多いのではないでしょうか?

南極・北極科学館は、普段、研究所に合わせて祝日は休館ですが、
5月5日(土)のこどもの日は開館しますよ~!

4月28日(土)~5月6日(日)の開館日は、
4月28日(土)、5月1日(火)、2日(水)、5日(土)です。
その他の日は休館しますので、お気をつけくださいconfident
※休館日は、南極・北極科学館のホームページのカレンダーで、
ご確認ください。http://www.nipr.ac.jp/science-museum/


5月5日(土)は、昭和基地との中継を行います!
現在、昭和基地で越冬している南極観測隊員と、直接お話ができますよ。


「南極観測隊員と話そう!」

日時:2018年5月5日(土)15:00~15:30
会場:談話室サザンクロス(南極・北極科学館となり)
申込:不要(直接会場にお越しください)

Img_0085

P1050818

P1050824こちらは昨年の様子。
館内のオーロラシアター横のスペースで開催しました。
今年は会場が変更になり、科学館の隣り談話室サザンクロスで開催します!
ぜひご参加くださいsign03お待ちしておりますshine


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇りときどき晴れ
気温:-7.6℃
風向・風速:東北東7.8m/s
日の出:8:46
日の入:15:51

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:20.4℃

2018年4月13日 (金)

昭和基地とのライブトークを行います!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

か…風が強い…typhoon
立川市はここ数日、強い風が吹いています。
出勤する私たちも、そして来館される方も、みんな髪がぼさぼさに…。
先日は、科学館入口の案内表示パネルが吹き飛ばされてしまいました。

ご来館の際は、強風にお気をつけくださいねcoldsweats01

さて、ゴールデンウィークの予定は皆さんお決まりでしょうか?
南極・北極科学館は、祝日は休館ですが、5月5日(土)こどもの日は開館します!
そして、南極の昭和基地とのライブトーク「南極観測隊員と話そう!」も開催します!!

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#gw

P1050812

Img_0092

Img_0095昨年はたくさんの方にご参加いただきました!
館内のオーロラシアターの横のスペースで開催したのですが…
狭くてぎゅうぎゅうだったため、今年は会場をかえて、
科学館隣りの談話室サザンクロスにて開催する予定です。
ぜひご参加ください!


ところで、こちら南極・北極科学館には、元南極観測隊員の方や、
これから観測隊員となって南極に行く方がよく見学に来てくださいます。
昨日は、第58次隊だった林健太郎隊員が来館されました。
第58次の越冬隊は先月帰国したばかりですが、林隊員は夏隊だったため、
昨年の春に帰国しています。

http://www.nipr.ac.jp/jare/jare58/


昨年の春のミニ企画展示「南極フォトギャラリー ~JARE57-58Memories~」では、
林隊員が撮影した写真をたくさん展示させていただきました。

P1060072

P1060079 

_ 私のお気に入りはこちら。海からザバーッ!とあがってくるアデリーペンギン。
すごい躍動感ですeye

__2

__3 他にも、かわいい動物たちの写真や…

__4

2_ 観測の様子などの写真も。

すてきな写真をたくさん提供していただき、ありがとうございました!

P1080089 また、本を出版されたそうで、一冊いただきました!

南極のお話…ではなく、北極を舞台にしたファンタジー小説です。
主人公は、ホッキョクギツネの子。
これからじっくり読ませていただきます!

P1080090 サインのキツネがかわいいheart04

すてきな本とサイン、ありがとうございました!

P1060006

P1060011 ホッキョクギツネ、館内の北極コーナーにも展示されています!
ふわっふわの真っ白な冬毛がきれいですよshine

また、昨年の春の企画展示の写真の一部を館内に展示しています。

ぜひ南極の写真と、北極のホッキョクギツネを見にいらしてくださいhappy01

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-7.7℃
風向・風速:東北東15.1m/s
日の出:7:50
日の入:16:53

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:16.3℃

2018年3月31日 (土)

本日開催!アニメイベント

こんにちは。

国立極地研究所 南極・北極科学館です。

とうとう本日、テレビアニメ「宇宙よりも遠い場所」のコラボイベント開催です!

16:00まで、極地研究所 1階の極地観測棟倉庫で開催していますので、

ぜひご参加ください。

詳しくは、こちらをご確認ください↓↓

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html

楽しいイベントになりますように!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪一時曇り
気温:-8.1℃
風向・風速:北北東10.5m/s
日の出:6:59
日の入:17:50

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:10.4℃

2018年3月30日 (金)

明日開催!アニメ「宇宙より遠い場所」コラボイベント

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

テレビアニメ「宇宙よりも遠い場所」とのコラボイベント
いよいよ明日開催ですsign03

会場は、南極・北極科学館ではなく、極地研究所の極地観測棟1階倉庫です。
明日は、イベントに参加される方も、南極・北極科学館のみのご来館の方も、
極地研究所正面入口からのみのご入場となりますので、ご注意ください。
(遊歩道など、普段通れる道は封鎖します。)

当日のアクセスマップをご確認の上、お越しください。↓↓

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event/20180331b.pdf


また、以下の注意事項を必ず守ってくださいますよう、お願いいたします。
(何かトラブルがあった場合、今後二度とアニメとのコラボイベントはできなくなってしまいます…。
なにとぞよろしくお願いいたしますbearingsweat01

・徹夜の待機はお控えください。
・公共機関をご利用ください。
・会場内での飲食・喫煙はできません。
・昼食時は、南極・北極科学館横のサザンクロス(収容人数40名程度)か、

 徒歩10分程の昭和記念公園内屋台、立川駅周辺のレストランのご利用をおすすめします。
・敷地および会場内では、スタッフの指示に従って行動をお願い致します。

注意事項ばかりで申し訳ありませんが、楽しいイベントにしたいと思いますので、
ご協力のほど、どうかよろしくお願いいたします。


なお、このイベントに先立ち、3月10日(土)~、南極・北極科学館では
アニメの第3話で出てきたシーンと同じ場所に、
場面写パネルを展示しています。
こちらも合わせてぜひご覧ください。
全部で9枚のパネルを展示しています!

P1080063

なお、明日はかなりの混雑が予想されますので、
南極・北極科学館の展示やオーロラシアターをじっくりご覧になりたい方は、
別の日にご来館いただいたほうが良いかと思います。
昨年の春休み期間は、旅番組で当館を紹介していただいたこともあり、
平日でも来館される方が非常に多かったのですが、
今年は(平日は)わりと空いております。ご来館をおまちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雪ときどき曇り
気温:-8.4℃
風向・風速:南3.0m/s
日の出:6:56
日の入:17:55

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:14.7℃

2018年3月29日 (木)

「めざせ!極地の研究者」を開催しました

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日、小・中学生対象イベント「めざせ!極地の研究者」を開催しました!
講師は、自称「極地研の健康優良児」、高橋透さんshine

Dscn0310

Dscn0313

「極域のすごく高い空の研究者編」と題して、ご自身の研究内容や、
なぜ高い空を研究する必要があるのか、について詳しくお話をしていただきました。

Dscn0311 まずは極地研究所の紹介から。
5つの研究グループがあり、高橋さんはその中の宙空圏研究グループに所属しています。

Dscn0322 ノルウェーのトロムソにある観測所を頻繁に訪れ、研究をしている高橋さん。

Dscn0314 すごく高い空を…

Dscn0319 レーダー、レーザー、高感度カメラを使って、太陽からやってきた粒子が
どのように地球に影響を与えるかを研究しているそうです。

Dscn0331 光はどういうものなの?ということを知るために、
「分光器」の工作も行いました。

Dscn0328 設計図に沿って紙を切り、組み立てます。

Dscn0326みんな真剣…。

P1080062 完成!中にCDが入っていて、分光できるようになっています。

Dscn0335_2 作った分光器で、実際にいろいろな光を見てみました。

Dscn0325_2 とてもアットホームな雰囲気で、
皆さんに楽しんでいただけたのではないかと思います。

ご参加いただき、ありがとうございました!


来年度のイベントの日程は未定ですが、また年に数回開催する予定です。
詳細が決まり次第、南極・北極科学館HPのイベント情報で告知しますので、
ときどきご確認くださいconfidentshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇りのち雪
気温:-8.6℃
風向・風速:東北東2.3m/s
日の出:6:52
日の入:17:59

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:19.4℃

2018年3月15日 (木)

立川市協働企画公開講座を開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日、立川市協働企画公開講座「極域科学シリーズ」を開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の講師が詳しく紹介します。
会場は、立川市女性総合センター・アイムの学習室。
昨日の講座は、「極域科学シリーズ」今年度の最終回でした。

講師は、極地工学研究グループの石沢賢二さんshine
「探検・観測の成否を握る輸送‐砕氷船・飛行機・雪上車の昔と今‐」というテーマで、
極地の“輸送”について、ご自身の体験を交えながら詳しくお話ししていただきました。

20180314_183228 山形ご出身の石沢さん。
山形弁の混じった独特の語り口調で、お話がとにかくおもしろく、
私たちもげらげら笑いながらお聞きしました。

Dscn0233

Dscn0242

Dscn0248 外国の基地のお話や…

20180314_194903 雪上車などの輸送手段について

などなど…。

南極で基地を維持するためには、輸送がどれほど大事かがとても良く分かりました。


普段の極域科学シリーズは、極地での研究観測の内容が多いのですが、
今回は、その研究観測を支える立場からのお話で、とても興味深い内容でした。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!
来年度の立川市協働企画公開講座の開始は、秋頃になると思います。

またのご参加をお待ちしております。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時吹雪
気温:-5.7℃
風向・風速:北北東1.7m/s
日の出:05:58
日の入:19:01

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:16.7℃

2018年2月27日 (火)

2/23(金)に、サイエンスカフェを開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ご報告が遅くなりましたが、先週の金曜日(2/23)に
サイエンスカフェを開催しましたnote

タイトルは、「宇宙(そら)と海から探る南極海」。
「南極」と聞くと、氷に閉ざされた“大陸”だと思われる方が多いと思いますが、
南極は大陸だけじゃないのです!

今回のサイエンスカフェの講師 は… 

Dscn0166_2 先月まで、第59次南極地域観測隊として、南極観測船しらせ…ではなく、
東京海洋大学の「海鷹丸(うみたかまる)」で海洋観測をされていた、
生物圏研究グループ 高尾信太郎助教shine

船での観測風景や、南極の周りを囲む海を調べることでどんなことが分かるのかを、
詳しく話してくださいました。

Dscn0165

Dscn0168

Dscn0170 南極海の役割や…

Dscn0180

Dscn0189

Dscn0190 海での観測の様子…

Dscn0183

Dscn0185 船の中で食べたご飯の話などなど…。おいしそう!

Dscn0167 途中、映像を交えながら、詳しく、そして楽しくお話をしていただきました!

Dscn0171 ご参加いただいた皆さま、遅い時間までありがとうございました!

サイエンスカフェの帰り道、夜空を見上げると、

上弦の月とオリオンの三つ星、おおいぬ座のシリウスが横に並んで、

とてもきれいでしたmoon2

海鷹丸の調査については、こちらをご覧ください。↓

http://www.nipr.ac.jp/jare/yagai/umitaka.html

新学術領域「南極の海と氷床」にも、サイエンスカフェの記事を載せていただきました!

こちらもぜひご覧ください!↓

http://grantarctic.jp/gr_news/

 


さて、次回のサイエンスカフェは、3月24日(土)のランチタイムに
ワシントンホテルのレストラン(カフェ・ド・パリ)で開催します。

詳細はこちら↓

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe

講師は、高尾助教と同じ生物圏研究グループの辻本惠特任研究員shine
「クマムシ」の研究者です!

事前申込制(先着25名)ですので、参加ご希望の方は、お早めに
会場のレストランに(042-526-6666 受付時間:10:30~19:30))
お問い合わせください。


ご来場をお待ちしております!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-3.1℃
風向・風速:南東4.3m/s
日の出:04:53
日の入:20:13

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:5.5℃

2018年2月23日 (金)

本日開催!サイエンスカフェ

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(2/22)は「猫の日」の特別イベントで、
第1次南極地域観測隊で昭和基地に行った
猫のたけしの写真をご来館の皆様にプレゼントしました。

Img479 予想していた以上の反響で、たけしの写真を求めて、
一般の方だけでなく、研究所内の方も大勢来館されましたshine
南極・北極科学館は、研究所の建物とは別棟のため、
普段なかなか所内の方とは触れ合えないので、とても良い機会でしたhappy01
招き猫たけしに感謝です!!

皆さまご来館ありがとうございました!


さて、本日、サイエンスカフェを開催します!
講師は、第59次南極地域観測隊として、先月まで東京海洋大学の「海鷹丸」で
海洋観測を行っていた、生物圏研究グループの高尾信太郎助教shine


南極観測隊は、観測船「しらせ」で昭和基地に全員行くわけではないのです!
第59次隊では、「海鷹丸」に観測隊6名同行者5名が乗船し、
東経110度線を南下して、基本観測(海洋物理・化学観測)、
一般研究観測(プランクトン群生組成の変動と環境変動との関係に関する研究)、
海洋生態系モニタリング観測などを行いました。
詳しい内容は、本日のサイエンスカフェでお話しいただけると思います。

_       【海鷹丸と氷山】

「宇宙(そら)と海から探る南極海」

日時:本日 18:30~20:00
講師:生物圏研究グループ 助教 高尾 信太郎
場所:談話室サザンクロス(南極・北極科学館隣り)
参加費:無料
申込:不要(直接会場にお越しください)
定員:先着40名程度

皆さまのご来場をお待ちしております!


「海鷹丸」での観測については、こちらもぜひご覧ください。

       ↓↓↓

http://www.nipr.ac.jp/jare/yagai/

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り時々晴れ
気温:-4.1℃
風向・風速:東北東7m/s
日の出:04:35
日の入:20:32

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:6.5℃

2018年2月16日 (金)

間もなく終了!南極に行った犬&猫+その他動物たち展示

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早いもので、2月ももう半ば。
それなのに、まだまだ寒い日が続きますね。
来週、関東はまた雪予報snowしばらく厚手のコートが手放せません…。

さて、現在開催中の企画展示
「南極観測隊と動物たち
~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」は
今月末で終了となります!

カラフト犬は、タロ・ジロが有名ですが…
実は、第1隊(1956~1958年)では22頭(タロ・ジロ含む)、
第3次隊(1958~1960年)3頭、第4次隊(1959~1961年)11頭、
第7次隊(1965~1967年)2頭の合計38頭sign01のカラフト犬が日本から南極に行っています。
また、第1次隊、第4次隊では昭和基地で子犬も産まれていますし、
第4次隊では、ケープタウンでベルギー隊からハスキー犬をもらっています。

Photo      【第1次隊 母犬シロ子と子犬たち】

Belgica2  【第4次隊ハスキー犬のベルジカと隊員】

日本の南極観測が始まった頃は、たくさんの犬たちが昭和基地で過ごしているのですね。

1004_2      【第1次隊 子犬とじゃれる猫のたけし】

また、昭和基地では、第1次隊の頃に猫の「たけし」やカナリアを、
第4次隊では豚を連れて行っています。


第32次隊(1990~1992年)では、なんとハムスターも!

P1070401 【昭和基地に行ったハムスター】画像提供:第32次 村田功氏


なぜ、いろいろな動物を南極まで連れて行ったのでしょうか?
その答えは…
ぜひ、今回の企画展示をご覧いただければと思いますshine


現在は、南極に動物は連れて行けません。
1998年発効の「環境保護に関する南極条約議定書」により、
南極に元々ない「種」を持ち込んではならないことになりました。

カラフト犬が昭和基地にいたのは、1976年2月まで。
第7次で連れて行った「ホセ」が死んで以降、犬は持ち込んでいません。

Photo_2 【昭和基地最後の犬ホセ】 写真提供:第13次 村山治太氏

P1070473

南極に行った動物たちの貴重な写真もたくさん展示していますので、

ぜひ冬の企画展示開催中に、ご来館いただけるとうれしいですsign01

お待ちしておりますconfident

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-3.3℃ 
風向・風速:東北東8.9m/s 
日の出:04:03
日の入:21:05

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:6.4℃ 

2018年1月18日 (木)

立川市協働企画公開講座を開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日、立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の研究者が詳しく紹介します。

極域科学シリーズは、毎年度10~12月の前半の部3回、1~3月の後半の部3回の
計6回を毎年度開催しています。会場は、立川市女性総合センター・アイムの学習室。
昨日は後半の部の1回目でした。
東京では久しぶりの雨降り。足元が悪いので、参加者が少ないのでは、と心配しましたが、
たくさんの方が来てくださいました!

20180117_183305


講師は、極地研究所地圏研究グループの外田 智千(ほかだ ともかず)准教授shine

南極・北極科学館では、今年度の夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」をはじめ、

館内の展示、子ども向けサイエンスカフェなどでもたいへんお世話になっている先生です。

20180117_183352

「南極大陸と地球46億年の歴史」というテーマで、「南極の石を調べるということ」について、
また、極地研究所の活動について詳しくお話をしていただきました。

南極大陸は、38億年-5億年前までの、長大な時間軸の地質と岩石が分布しており、

また、植物などが生えていないので、岩石の観察に適した場所だそうです。

38億年、5億年というと、どれくらいの時間なのかピンと来ませんが、

外田先生曰く「"円”に直して考えるとよく分かると思います」とのこと。

た…たしかに!38億円と5億円!

どちらもすごい規模ですね。

地圏研究グループは、隕石の研究者もおり、南極で隕石採取を行っています。

隕石からは太陽系形成過程を、そして地球誕生の歴史を調べることができます。

まさに、「南極の石」から地球46億年の歴史を知ることができるのですね。

Dsc07693s外田先生は 第58次南極観測隊に参加され、昭和基地より160km離れた

ボツンヌーテンというところに調査に行ったそうです。

そこで採取して来た石も展示し、休憩時間中に皆さんに見ていただきました。

20180117_192016

休憩中にたくさんの方が質問に来られていました。

皆さん本当に勉強熱心です。

20180117_192001_2

お天気の悪い中、参加してくださった皆さんありがとうございました!
次回以降参加したい!という方は、立川市の生涯学習推進センター(042-528-6872)まで
お問い合わせください。
定員に達し次第受付終了となります。まだ若干名の余裕があるそうですので、
ご希望の方はお早めにどうぞ!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時雪
気温:-2.7℃
風向・風速:東北東2.0m/s
日の出:−−−−
日の入:−−−−白夜57日目!

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:8℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。