今日の南極・北極科学館

2018年2月16日 (金)

間もなく終了!南極に行った犬&猫+その他動物たち展示

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

早いもので、2月ももう半ば。
それなのに、まだまだ寒い日が続きますね。
来週、関東はまた雪予報snowしばらく厚手のコートが手放せません…。

さて、現在開催中の企画展示
「南極観測隊と動物たち
~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」は
今月末で終了となります!

カラフト犬は、タロ・ジロが有名ですが…
実は、第1隊(1956~1958年)では22頭(タロ・ジロ含む)、
第3次隊(1958~1960年)3頭、第4次隊(1959~1961年)11頭、
第7次隊(1965~1967年)2頭の合計38頭sign01のカラフト犬が日本から南極に行っています。
また、第1次隊、第4次隊では昭和基地で子犬も産まれていますし、
第4次隊では、ケープタウンでベルギー隊からハスキー犬をもらっています。

Photo      【第1次隊 母犬シロ子と子犬たち】

Belgica2  【第4次隊ハスキー犬のベルジカと隊員】

日本の南極観測が始まった頃は、たくさんの犬たちが昭和基地で過ごしているのですね。

1004_2      【第1次隊 子犬とじゃれる猫のたけし】

また、昭和基地では、第1次隊の頃に猫の「たけし」やカナリアを、
第4次隊では豚を連れて行っています。


第32次隊(1990~1992年)では、なんとハムスターも!

P1070401 【昭和基地に行ったハムスター】画像提供:第32次 村田功氏


なぜ、いろいろな動物を南極まで連れて行ったのでしょうか?
その答えは…
ぜひ、今回の企画展示をご覧いただければと思いますshine


現在は、南極に動物は連れて行けません。
1998年発効の「環境保護に関する南極条約議定書」により、
南極に元々ない「種」を持ち込んではならないことになりました。

カラフト犬が昭和基地にいたのは、1976年2月まで。
第7次で連れて行った「ホセ」が死んで以降、犬は持ち込んでいません。

Photo_2 【昭和基地最後の犬ホセ】 写真提供:第13次 村山治太氏

P1070473

南極に行った動物たちの貴重な写真もたくさん展示していますので、

ぜひ冬の企画展示開催中に、ご来館いただけるとうれしいですsign01

お待ちしておりますconfident

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-3.3℃ 
風向・風速:東北東8.9m/s 
日の出:04:03
日の入:21:05

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:6.4℃ 

2018年2月 2日 (金)

『こねこのタケシ』わたなべあきおさんが来館されました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日、立川は雪snow
カラフト犬たちも雪の帽子をかぶっています。

早く暖かくなりますように…。

P1080005

P1080006


さて、先日『こねこのタケシ 南極大ぼうけん』(作:阿見みどり 出版社:銀の鈴社)の
絵を描かれている、わたなべあきおさんが来館されました!

P1080014


たけしは、第1次隊と共に南極に行ったオスの三毛猫です。
三毛猫のオスは非常に珍しく、航海のお守りになると言われていることから、
第1次隊の隊員と南極観測船「宗谷」に乗り込みました。
ともに昭和基地で過ごしたカラフト犬は、残念ながら昭和基地に
置き去りにされることになってしまいましたが、たけしは無事に帰国し、
作間敏夫隊員の家に迎え入れられることになりました。

Takeshi008

Photo        写真提供:極地研究所アーカイブ室


今回の企画展示で、たけしをはじめ日本から南極に行った動物たちを取り上げていることから、
わたなべさんが見に来てくださったのです!
『こねこのタケシ』は、私たちも企画展示作成時に大変参考にさせていただきました。
絵本の挿絵のたけしが、とてもかわいらしく、あたたかい気持ちになれる絵本です。

手塚治虫先生の虫プロで、アニメーション制作に携わっていたというわたなべさん。
虫プロ時代のお話や、作間隊員と実際にお会いになったときのことなども、
詳しく話してくださいました。

Takeshi50     【たけしを抱える佐久間隊員】

そして…
なんと色紙も描いていただきました!

P1080013


カラフト犬とたけし。とってもかわいいですねshine
寒い中お越しいただき、また、無理なお願いを聞いていただき、本当にありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております!


企画展示「南極観測隊と動物たち ―日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道―」は
今月いっぱい開催しています。
猫のたけしやカラフト犬について詳しくお知りになりたい方は、ぜひご来館ください。
写真もたくさん掲示していますよ。

P1070485


なお、「たけし」は、第1次隊の永田武隊長から取った名前です。
第1次隊の資料を見ると、「武」・「タケシ」・「たけし」と
隊員それぞれに書いており、どの表記も正しいですが、
極地研究所アーカイブ室と南極・北極科学館では、
『南極新聞』に「仔猫の名前決る "たけし”」と記載されていることから、
全て平仮名の「たけし」に統一しています。

P1080016

ぜひアーカイブ室のHPもご覧ください。

貴重な資料もいっぱいですよ~。

    ↓↓↓

http://polaris.nipr.ac.jp/~archives/index.html


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-4.4℃
風向・風速:北東2.6m/s
日の出:02:48
日の入:22:18

【東京都立川市】午前10時
天気:雪
気温:1℃

2018年1月30日 (火)

昭和基地開設61年目!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日1月29日は、昭和基地開設からちょうど61年目でした。


盛大な見送りを受けて、第1 次隊を乗せた「宗谷」が東京の晴海港を出航したのは、
1956年(昭和31年)11月8日のことです。
そして、1957年(昭和32年)1月29日、第1次隊永田武隊長以下全員が
そろってオングル島に上陸し、その地に「昭和基地」を開設することを決定しました。

30_1        【出港時の様子】


第1 次隊の当初の目的は、「日本の南極観測基地として適当な地域を決定し、
基地建設を行い、必要な観測を行って、次年度における第2次隊による越冬観測の準備」で、
次年度に本観測として越冬を行う予定でした。
しかし、現地の状況が良好で、安全の見通しがたったため、
11人が越冬隊として残留することになり、南極での1年間の観測を遂行し
昭和基地で越冬ができる体制を確立します。

21       【昭和基地の建設】


天候が悪化し、「宗谷」が氷に閉じこめられてしまうという危機はありましたが、
ソ連(当時) の「オビ号」に助けられてことなきを得ました。

R024   【氷に閉じ込められた宗谷と救援に来たオビ号】


第1次隊は、海氷の状態も良好で天候にも恵まれ、スムーズに事が運びましたが、
第2次隊は厚い氷と悪天候に阻まれ、越冬を断念することになります。
そしてその際、第1次隊で連れて行ったカラフト犬15頭は置き去りにされてしまいました。

Photo     【カラフト犬のタロ(右)とジロ(左)】

もし第1次隊が、第2隊の様にうまくいかず、越冬を断念していたら、
カラフト犬は置き去りにされることはなかったのかもしれません。
でも、もし第2次隊の失敗がなければ、今日の南極観測はなかったかもしれません。
歴史に「もし」がないのは分かっていますが、ついそんなことを考えてしまいます。

南極観測の創成期とカラフト犬の物語については、

現在開催している企画展示に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

ご来館をお待ちしております!

P1070477

南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-4.2℃
風向・風速:北東4.6m/s
日の出:2:30
日の入:22:35

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:2.7℃

2018年1月26日 (金)

今日の南極・北極科学館

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

さ…寒い。
厳しい寒さが続いていますねsnow
今日はさいたま市で-10℃に迫る寒さだったとか。
立川市も、月曜に降った雪がとけずにに凍り、道がつるつるになっています。
雪国育ちの私、これくらいの雪道はへっちゃら!
…ということは全くなく、今日も転びそうになりながら出勤しました。
科学館の周りもまだまだ雪が残っています。
ご来館の際は足元にお気をつけて!

最近、アニメの影響で、南極観測に興味を持ってくださる方が多いようです。
若い方のご来館も増えていますshine


極地研究所のウェブサイトでも、南極観測について詳しくご紹介していますので、
ぜひご覧ください。

http://www.nipr.ac.jp/jare/
また、昨年度の南極・北極科学館 夏の企画展示では、観測隊員にインタビューをしました。
観測隊にご興味のある方には、ぜひこちらも見ていただきたいです↓note

http://www.nipr.ac.jp/science-museum/kikaku2016.html


そして、極地研究所は、南極だけでなく北極の研究もしています!

http://www.nipr.ac.jp/aerc/


南極・北極科学館では、もちろん北極コーナーもありますので、

南極と合わせてお楽しみいただけると幸いです。

P1060005

P1060012

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-0.6℃
風向・風速:北東2.4m/s
日の出:2:00
日の入:23:01

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:-1℃
(昭和基地と同じくらいの気温!)

2018年1月18日 (木)

立川市協働企画公開講座を開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日、立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の研究者が詳しく紹介します。

極域科学シリーズは、毎年度10~12月の前半の部3回、1~3月の後半の部3回の
計6回を毎年度開催しています。会場は、立川市女性総合センター・アイムの学習室。
昨日は後半の部の1回目でした。
東京では久しぶりの雨降り。足元が悪いので、参加者が少ないのでは、と心配しましたが、
たくさんの方が来てくださいました!

20180117_183305


講師は、極地研究所地圏研究グループの外田 智千(ほかだ ともかず)准教授shine

南極・北極科学館では、今年度の夏の企画展示「地球の証人!南極の石のひみつ」をはじめ、

館内の展示、子ども向けサイエンスカフェなどでもたいへんお世話になっている先生です。

20180117_183352

「南極大陸と地球46億年の歴史」というテーマで、「南極の石を調べるということ」について、
また、極地研究所の活動について詳しくお話をしていただきました。

南極大陸は、38億年-5億年前までの、長大な時間軸の地質と岩石が分布しており、

また、植物などが生えていないので、岩石の観察に適した場所だそうです。

38億年、5億年というと、どれくらいの時間なのかピンと来ませんが、

外田先生曰く「"円”に直して考えるとよく分かると思います」とのこと。

た…たしかに!38億円と5億円!

どちらもすごい規模ですね。

地圏研究グループは、隕石の研究者もおり、南極で隕石採取を行っています。

隕石からは太陽系形成過程を、そして地球誕生の歴史を調べることができます。

まさに、「南極の石」から地球46億年の歴史を知ることができるのですね。

Dsc07693s外田先生は 第58次南極観測隊に参加され、昭和基地より160km離れた

ボツンヌーテンというところに調査に行ったそうです。

そこで採取して来た石も展示し、休憩時間中に皆さんに見ていただきました。

20180117_192016

休憩中にたくさんの方が質問に来られていました。

皆さん本当に勉強熱心です。

20180117_192001_2

お天気の悪い中、参加してくださった皆さんありがとうございました!
次回以降参加したい!という方は、立川市の生涯学習推進センター(042-528-6872)まで
お問い合わせください。
定員に達し次第受付終了となります。まだ若干名の余裕があるそうですので、
ご希望の方はお早めにどうぞ!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時雪
気温:-2.7℃
風向・風速:東北東2.0m/s
日の出:−−−−
日の入:−−−−白夜57日目!

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:8℃

2018年1月10日 (水)

本日より公開!カラフト犬慰霊の像

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

現在開催中の企画展示「南極観測隊と動物たち」の展示に、
新たに「カラフト犬慰霊の像」を加えました!

この慰霊の像は、1959年3月、昭和基地に建立されたものです。
第46次隊(2004~2006年)まで、基地近くの小高い丘にありましたが、台が老朽化したため、
しばらく隊長室で保管し、第49次隊(2007~2009年)が日本に持ち帰りました。

第49次隊の「昭和基地NOW!」でも、
「今日午後、樺太犬慰霊祭が行われました。この観音像は、第1次観測隊とともに昭和基地にやってきて、
日本に戻ることなく亡くなってしまった樺太犬の霊を慰めるために建てられました。
第49次隊では、建立から50年近い年月を経た観音像を日本に持ち帰ることになったため、
観音像を木箱に納める前に第49次観測隊隊員全員が集まって慰霊祭を行いました。」
と書かれています。
↓↓↓

http://www.nipr.ac.jp/jare-backnumber/now/back49/20081222.html


現在、像は極地研究所で保管しており、今回の企画展示で、南極・北極科学館で

展示させていただけることになりました。
しかし、過去の資料を調べ、解説パネルを作成して、さぁ、観音像を展示するぞ!というときに、
「阿弥陀如来像」と書かれている資料を発見します。


あれ?阿弥陀様?観音様じゃないの…??


仏像について不勉強な私たち。
お姿の違いや印の結び方の違い等など、いろいろ調べましたが、
この慰霊の像が観音像なのか阿弥陀如来像なのかが分からず、
展示できないまま、年を越してしまいました。

その後、極地研アーカイブ室の皆さんにも調べていただき、
やはり観音像ではなく、阿弥陀如来像ということが判明しました。

第49次隊の越冬隊長だった牛尾収輝(うしお しゅうき)准教授によると
「当時はあまり考えず、誰かがそう呼んだかで、観音像と称していた」とのことです。

過去の資料でも、「観音像」の記述が多かったので、
きっと隊員の間で代々伝えていくうちに、どこかで阿弥陀如来から観音に変わったのでしょうね。


昭和基地で、50年もの長きに渡り、カラフト犬を慰霊した阿弥陀如来像。

P1070623

ご来館の際には、手を合わせて、カラフト犬の霊がやすらかになるよう祈っていただけると幸いです。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-4.4℃
風向・風速:北北東1.5m/s
日の出:−−−−
日の入:−−−−

白夜49日目!

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:6.3℃

2017年12月27日 (水)

年末年始休館のお知らせ

南極・北極科学館は、12月28日(木)~1月4日(木)休館します。

皆様、良いお年をお迎えください。

Img085

めざせ!極地の研究者を開催しました!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日、「めざせ!極地の研究者」を開催しました!
「めざせ!極地の研究者」は、
極地研究所の研究者になったつもりで、観測活動を模擬体験してみよう!
という子ども向けのイベントです。
研究者が専門的なお話をするので、対象は小学4年生~中学3年生です。

今回は、ペンギンの調査体験をしましたpenguin

P1070545


講師は、極地研究所 生物圏研究グループの高橋晃周(たかはし あきのり)先生shine

P1070546 

P1070547 まずはいろいろなペンギンについて学びます。

P1070549

P1070555 そして調査体験開始。大きな画面でペンギンのカウント練習。

P1070613

さらに、ルッカリー(営巣地)の写真に、シールを貼ってカウントします。

この黒い点全てがペンギン!

P1070566 ペンギンの上に一つ一つシールを貼り…
何羽いるのか数えます。

P1070615

P1070573みんな真剣。

P1070596 ペンギンのヒナ(の模型)を袋に入れて、体重計測も体験しました。

Photo ↑こちらは実際の体重計測の様子。

研究者はこの様にペンギンの数をカウントしたり、
体重を調べたりしているのですね。

P1070574 
何百羽、何千羽のペンギンをカウントするのは嫌になるのではないかと
高橋先生にたずねたところ、
「卵を温めているペンギンや、いろんな格好をしているペンギンを発見できて楽しい」

とのこと。さすがです!

今回の経験で、「ペンギンの研究者になりたい!」と思っていただけたらうれしいです。

次回のめざせ!極地の研究者は、春休み期間の開催を予定しています。

ぜひご参加ください!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時晴れ
気温:-3.1℃
風向・風速:東北東 7m/s
日の出:−−−−
日の入:−−−−

白夜35日目!

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:4℃

2017年12月26日 (火)

しらせ接岸!&サイエンスカフェのご報告!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

第59隊を乗せた観測船「しらせ」が、12月23日(土)現地時間10時45分(日本時間16時45分)、
昭和基地に接岸しました!

現在、昭和基地には第58次越冬隊がいます。
輸送が完了すれば、2月下旬に第58次越冬隊と交代して
第59次越冬隊が一年間の越冬観測を開始することになります。

詳しくは、こちらをご覧ください↓

http://www.nipr.ac.jp/jare/info/jare59_20171223.html


南極・北極科学館の昭和基地ライブ映像でも、しらせがよく見えますよ!

P1070539 今日の10時頃(現地時間朝4時頃)の様子です。

しらせがすぐ近くに見えます!

輸送頑張ってくださいね!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り一時晴れ
気温:-1.0℃
風向・風速:北東 10.6m/s
日の出:−−−−
日の入:−−−−

白夜 34日目!

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:5℃


ところで、すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、
12月16日(土)にサイエンスカフェを開催しました!

講師は、極地研究所 気水圏研究グループの牛尾収輝(うしお しゅうき)准教授shine

ご専門は極域海洋学とのことで、「南極の海で厚くなった氷-その長寿の謎を探る-」というテーマで、

詳しく解説していただきました。

P1070423

P1070418

P1070419 牛尾先生は小さな頃から、水たまりの氷を割るのがお好きだとか…。

やはり子どもの頃から、水や氷に興味がおありだったのですね。

P1070427

P1070428 

P1070431 

P1070430_2 そもそも「海氷」とは何か、南極の海の様子、“長寿”の海氷について、等々

興味深いお話に、参加された皆さんは興味津々でした。

P1070434

P1070439 海氷の厚さを、研究者はどの様に測っているのか、という実演や…

P1070451_2 実際の氷を使った実験など、盛りだくさんな内容でした!

P1070421

土曜日の開催ということもあり、たくさんの方にお越しいただきありがとうございました!

次回は、1月12日(金)の開催を予定しています。

またのご来場をお待ちしております。

最後に…

こちら↓は牛尾先生からいただいた、厚い氷に苦戦するしらせの写真。

20171216_01 今年のしらせは、この様な氷に阻まれることなく、スムーズに昭和基地に到着できたようです。

2017年12月20日 (水)

冬の企画展示2017 開始!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

始まりました!
2017年度冬の企画展示
 「南極観測隊と動物たち
~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」

日本の南極観測の始まり、初期観測隊の苦難、
そしてタロ・ジロを始めとするカラフト犬や猫のたけし、
その他昭和基地に連れて行った動物たちについて等など
盛りだくさんの内容となっています。

ここで、企画展示の一部をご紹介!

P1070477 まずは、初期の観測隊についてのコーナー。

当時の様子や、なぜカラフト犬を置き去りにすることになったのかを

詳しく紹介しています。

P1070468 猫のたけしコーナー。かわいいたけしの写真もいっぱい。

P1070478 カラフト犬コーナー。

第1次隊の犬22頭のカラフト犬だけでなく、

多くの犬が昭和基地に行っているのです!

P1070472 とっても貴重なたけしとカラフト犬の映像も上映!

動くたけしと犬たちが見られます!

P1070484 昭和基地に行った豚やカナリヤ、ハムスターも紹介。

P1070466_2

P1070467_3お勧めはこちら! 

タロ・ジロと写真撮影ができます!

 


この企画展示は2月28日まで。
年末年始(12/28(木)~1/4(木))は休館となりますので、
ご注意ください。
ご来館をお待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-2.6℃ 
風向・風速:東北東 5.3m/s 
日の出:ーーーー
日の入:ーーーー

白夜28日目!

【東京都立川市】午前10時 
天気:晴れ
気温:2.9℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。