今日の南極・北極科学館

2019年12月 5日 (木)

昭和基地ライブ映像

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

ずいぶんと日が短くなりましたね。
今日の立川市の日の出は6:35、日の入は16:28。
暗い時間が長くなったためか、寒さのせいなのか…
冬になると一日中眠くなります(私だけ?)。


南極の昭和基地は現在白夜sun
太陽が沈まない日が続いています。
白夜と極夜については、先日もスタッフブログでご紹介しましたので、
こちらをご覧ください。


南極・北極科学館にある、昭和基地のライブ映像を見てみると…

Img_1188 あ、明るい!
これを撮影したのは、日本時間の午前9:40。
日本と昭和基地は、6時間時差があるため、昭和基地の時刻は
なんと午前3:40です。

Img_1186

Img_1185 今日はちょっと曇っているもよう。

白夜が終わって、昭和基地に夜が訪れるようになるのは、
1月の半ばです。

昭和基地のライブ映像は、極地研究所のHPでもご覧になれますので、
ときどきチェックしてみてくださいconfidentshine

https://www.nipr.ac.jp/webcam-top.html

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
☆白夜14日目

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:7.8℃

2019年12月 3日 (火)

南極の氷

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は、南極・北極科学館に展示している「南極の氷」についてご紹介します!

Photo 南極では、降った雪が押しかためられてゆっくりと氷に変化します。
空気を含んだ雪が氷になるため、氷がとけるときには、
気泡がはじけてぱちぱちと音がします。
長い長い年月をかけて氷になる南極の雪。
氷の中に閉じ込められているのは、太古の空気です。

P1090014
よく「この氷はとけないんですか?」と聞かれますが…
もちろん、普通にとけますよcoldsweats01
皆さんにすぐに触っていただけるように、特に冷却設備などを設けておらず、
そのまま展示していますので、夏はもう…とけてとけて、
朝出した直径30㎝ほどの氷が昼にはなくなるくらいです。
「家で製氷機で作った氷よりもとけない気がする!」と
おっしゃる方もいますが…そんなことはありません。とけます。
とける前に新しい氷を出すようにしていますが、もし氷がなくなっていたら、
科学館の受付にお声がけいただけると幸いですconfidentsweat01


南極の氷は、広報活動に使用するため、南極観測隊員が毎年
越冬期間の終盤に採取しています。
この作業を「アイスオペレーション」と呼んでいます。
氷点下の中、隊員たちは総量1トンにもなる氷を砕いて
ダンボールに入れるという作業をしています。
その大量の氷を、観測船しらせに載せて日本に持ち帰ります。

詳しくは、昭和基地NOW!!のアイスオペレーションの記事をご覧ください↓
第59次隊: https://www.nipr.ac.jp/jare/now/back59/20181107.html
第58次隊: https://www.nipr.ac.jp/jare/now/back58/20171204.html
第57次隊: https://www.nipr.ac.jp/jare/now/back57/20161118.html


さて、その南極の氷、いったいどこに保管しているのでしょう?
実は、極地研究所には「低温室」と呼ばれる低温試料貯蔵室、低温実験室があります。

http://polaris.nipr.ac.jp/~coldlab/NC2/htdocs/

この「低温室」は、南極や北極から持ち帰った大事な試料が保管されているため、
普段は非公開です。年に1回、極地研究所の一般公開の日のみ、
公開しています(事前予約制、人数制限があるため抽選です)。

Img_0129 南極・北極科学館の「南極の氷」も、この低温室に保管されています。
南極・北極科学館の冷蔵庫に保管している氷がなくなったら、
科学館スタッフが低温室に取りに行っています。

Img_0130 このように科学館の近くに段ボールが干してあったら、
「あぁ、氷を取って来たんだな」と思ってくださいsweat01


南極の氷、そしてその氷に含まれている空気を調べることは、
現在進行中の地球温暖化や、地球全体の気候、水や物質の循環などの
研究に結びつきます。
南極の氷を見て触ることで、地球の環境を考える切っ掛けになればうれしいですshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ

☆白夜12日目

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:11.5℃

2019年11月21日 (木)

開催中!「南極隕石展」

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先日のブログでもお伝えしましたが、現在、冬の企画展示
「南極隕石展 - やまと隕石発見50周年 -」を開催中です!!

Img_1018

1969年12月、第10次南極地域観測隊が、やまと山脈で9個の隕石を発見しました。
それが、南極における隕石探査の始まりでした。
隕石がもっとも見つけやすい地域、南極。
日本は今までに、南極で約17,400個もの隕石を採集しています。

今回の企画展示では、
なぜ南極では隕石が見つかるの?
そもそも隕石って何?
隕石にはどんな種類があるの?
極地研究所の隕石研究者はどんな研究をしているの?
などなど
「隕石」のハテナ?について詳しくご紹介します。

Img_1023

南極隕石を発見した第10次隊の貴重な写真(提供:アーカイブ室)や、
常設展示以外の隕石の実物展示もありますよ!

Img_1019
「南極隕石展」は2020年2月29日(土)までの開催です!


また、南極・北極科学館の展示室には、珍しい月や火星の隕石、
さわれる隕石等もあります(常設です)。

P1080223

Photo こちらもお見逃しなく!

ご来館をお待ちしておりますsign03

今回の企画展示では、極地研究所 南極隕石ラボラトリーの皆さんに
多大なるご協力をいただきました!
ありがとうございましたconfident


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
日の出:0:46
日の入:23:48

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:12.2℃

2019年10月24日 (木)

62年前の10月 観測船「宗谷」の出港

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。


今日は第2次南極地域観測隊についてご紹介します。

今から62年前の1957年10月21日、第2次隊を乗せた南極観測船「宗谷(そうや)」が出港しました。
第1次隊の出発は1956年11月8日だったので、前年よりも18日早い出発でした。

シンガポール→ケープタウンと進み、暴風圏を通過して順調に昭和基地に向かっていた宗谷。
しかし、12月31日には厚く固結した海氷に閉ざされ、身動きが取れなくなってしまいます。
その後およそ40日間、宗谷は海氷とともに漂流することになってしまったのでした。

結局、第2次隊は昭和基地にたどり着けず、越冬を断念。

2s1021  【第2次で越冬予定だった隊員たち】

 2nipr274_2 【宗谷(左)と救援に来たアメリカの砕氷船バートン・アイランド号(右)】

昭和基地にいた第1次越冬隊11人は、小型飛行機を使いなんとか宗谷に乗船できましたが、
カラフト犬(体重40kg前後)15頭は、飛行機の燃料不足もあり、
連れ戻すことができませんでした。

そのとき置き去りにされた犬の中に、有名なタロとジロがいます。
タロとジロの兄弟は、第3次隊によって生存が確認され、
第3次・第4次隊の隊員と共に昭和基地で過ごしました。
(タロは第4次隊と共に帰国しましたが、ジロは昭和基地で死んでしまいます。)

03070 【タロ(左)とジロ(右)】2頭とも真っ黒…(ジロは足の先だけ白い)

また、カラフト犬たちと昭和基地で過ごした三毛猫の「たけし」は、
隊員が抱えて宗谷に戻りました。
カラフト犬と違って猫は軽いので、小型飛行機に乗れたのですね。

Takeshi0312  【小型飛行機で宗谷に戻ったたけし】


現在、初期の観測隊について、南極・北極科学館のホールに解説を
展示していますので、詳しくお知りになりたい方はぜひご来館くださいcat
猫のたけしのフェルト人形も展示してありますよ!

たけし人形について、詳しくはこちら

11月上旬まで展示予定です!
お見逃しなく~confidentshine

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-11.0℃
風向・風速:東北東9.6m/s
日の出:3:43
日の入:20:28

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:18.0℃

2019年10月 3日 (木)

カラフト犬と猫のたけしと観測隊

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は、第1次南極地域観測隊(1956-58年)と共に南極に行った
カラフト犬と猫の「たけし」をご紹介します!

1s016

Img085       【カラフト犬】
有名なタロ・ジロをはじめ、第1次隊では22頭のカラフト犬が
犬ぞりを引くために南極に行きました。
第7次隊(1965-67年)まで、40頭近いカラフト犬が南極に行っています。
昭和基地で生まれた子犬もいるので、さらに多くのカラフト犬が
南極で過ごしているのです!

※昭和基地最後の犬についてはこちら

Takeshi008        【たけし】
三毛猫の雄。
第1次隊の永田武(ながた たけし)隊長の名前をもらい、
「たけし」と名付けられました。
雄の三毛猫はとても珍しく、縁起がいいと言われ、航海の安全を願って
南極観測船「宗谷」に乗せられました。
カラフト犬と違ってそりを引くといった仕事などがなかった「たけし」。
主に隊員のペットとして活躍しました。

犬と猫と観測隊員。共に南極に行った仲間として、仲良く過ごしていたようです。

1

Takeshi029

1004

Takeshi020

Photo
※現在では、環境保護のため、動物を南極に連れていくことは禁止されています。

カラフト犬とたけしについては、
2017年度「南極観測隊と動物たち~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~
2018年度「南極観測隊と動物たちⅡ」

2回の南極・北極科学館の企画展示でも詳しくご紹介しましたhappy01


P1070468


P1070478
   【2017年度の企画展示の様子】


カラフト犬のタロは現在、余生を過ごした北海道大学植物園に、
ジロは国立科学博物館に、剥製が展示されています。
たけしは帰国後、第1次隊の作間隊員の家族の一員になりましたが、
1週間ほどして姿を消してしまいました。
その後のたけしの行方を知る人は誰もいません。

しかし…

な、なんと実は今、南極・北極科学館に、たけしがいるのです!!

Img_0275

じゃーんsign03
こちらは、たけしの剥製…ではなく、精巧に作られたフェルト人形(猫形?)shine

山梨県立博物館夏期企画展・山梨放送開局65周年記念で今年度開催された
「すごすぎる!ねこ展~ヒトとネコとの出会いと共存の歴史~」。
その企画展でたけしを作っていただいたのです!

さらに!

このたけしをご寄贈いただき、南極・北極科学館に展示させていただくことになりました。
山梨県立博物館の皆さん、ありがとうございます!!
大切に展示させていただきますconfidentshine

Img_0276

Img_0284
11月下旬から開催予定の冬の企画展示(何の展示になるかお楽しみに!)開始まで、

第1次隊~第4次隊の写真やたけしを展示しています。皆さんぜひご覧ください。
ご来館をお待ちしております!

また、国立極地研究所では、所蔵する写真を公開しています。
カラフト犬やたけしの写真も見られますので、こちらもぜひどうぞ!


・デジタルアーカイブ
・極地研究所アーカイブ室

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-13.6℃
風向・風速:南3.7m/s
日の出:5:20
日の入:19:01

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:23.0℃

2019年10月 2日 (水)

夏の企画展示「のぞいてみよう!ペンギンワールド」終了しました

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

7月27日(土)から、約2ヶ月に渡り開催してきた企画展示
「のぞいてみよう!ペンギンワールド」は、
先週の土曜日に終わりを迎えました。
開催期間中、多くの方に展示を楽しんでいただきました!
ご来館いただいた皆様、ありがとうございました。


南極・北極科学館の企画展示は、国立極地研究所の研究者に
ご協力をいただきながら、広報室の科学館担当スタッフが作成しています。

P1090372

P1090373 解説ポスターを作ったり

P1090395

P1090415 パネルに貼ったり…。

P1090456 パネルが完成したら設置。

Img_0242

Img_0247

Img_0260

P1090575 ペンギンの剥製も。


今回の「のぞいてみよう!ペンギンワールド」では、
生物圏研究グループの皆さんに大変お世話になりました。
「サイエンスカフェ」や「めざせ!極地の研究者」、
「ペンギン研究者に直接質問してみよう!」のコーナー等、
たくさんのイベントも担当していただきました。

Img_0287

Img_0402

Img_0003 イベントにご参加いただいた皆さん、そして、ペンギン研究者の皆さん、
ありがとうございました!

南極・北極科学館は、極地研究所で行っている観測や、
研究の成果をお知らせする施設ですので、
常設展示の内容は少し(?)難しめ…。
中高生以上を対象としています。

そのため、企画展示では、少し対象年齢を下げて、
小学生のお子さんでも楽しんでいただけるような内容を
意識して作成しているのですが…
企画展示をご覧になって、「ここが難しい」、「こういうことをもっと知りたい!」
などご意見をお聞かせいただけるとうれしいですconfident

次回の企画展示は、11月開始予定です!
詳細が決まり次第お知らせします。お楽しみに!!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-9.8℃
風向・風速:北東6.9m/s
日の出:5:24
日の入:18:57

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:24.0℃

2019年9月11日 (水)

お月見の季節🌕

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今週13日(金)は中秋の名月です!
中秋の名月とは、旧暦の8月15日の月のことです。
昔の暦では、秋が7月、8月、9月でしたので、8月は秋の真ん中。
さらに、ひと月の真ん中の15日の月fullmoon
この日は特に、満月(に近い月)が明るく美しい、とされていて、
月を愛でる風習が生まれました。

ここしばらく暑い日が続いていますが、
週末は涼しくなって、秋を感じられるといいですね。
美しい月が見られますようにshine

ところで、南極・北極科学館では、月の隕石を展示していますよ!

Img_0114 こちらが月隕石です!

月は自転と公転の周期がほぼ同じため、地球からは月の裏側を
見ることはできませんが、この隕石はその月の裏側から来たと
考えられているんです。

Img_0111

Img_0112

とても希少な月隕石!ぜひ実物をご覧くださいconfident

ご来館をお待ちしております。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-20.4℃
風向・風速:北東7.7m/s
日の出:6:57
日の入:17:39

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:27.7℃

2019年8月29日 (木)

最終回 ペンギン研究者に質問してみよう!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(8/28)、「ペンギン研究者に直接質問してみよう!」の
第6回目を開催しました!

担当してくださったのは、総合研究大学院大学の
島袋 羽衣(しまぶくろ うい)さんshine
第59次南極地域観測隊に参加し、南極で実際に
ペンギンの調査をされた経験も話していただきました!

Img_0045

新学期が始まった学校も多いようで、昨日の参加者は少な目でしたが、
途切れることなく次々と質問がありました。

Img_0039

Img_0048

Img_0043_2

メモを取りながらお話を聞く方もhappy01
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございましたsign03


ペンギン研究者への質問コーナーは今回で最後ですが、
夏の企画展示「のぞいてみよう!ペンギンワールド」は
9月28日(土)まで開催していますよ!

ぜひペンギンたちに会いに来てください!

Img_0054

Img_0055

Img_0056

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-21.2℃
風向・風速:北東5m/s
日の出:7:59
日の入:16:49

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:29℃

2019年8月13日 (火)

明日8月14日(水)のイベントのご案内

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

まずは、休館のお知らせです。

国立極地研究所の今年の夏季休業日は、8月15日(木)・16日(金)です。
それに伴い、南極・北極科学館も休館します。

また、台風10号の影響が心配なところですね…。
今日、都内は朝から曇り空。午前10時現在、立川は雨が降り出して来ました。

20190813_090245 台風の状況によっては明日14日(水)は臨時休館、
もしくは閉館を早める場合がありますので、
ご来館の際は科学館HPの「ニュースとお知らせ」をご確認ください。


お天気が心配なところですが…
明日は2つイベントを予定しております!


■11:00~ ペンギン研究者に直接質問してみよう!

現在開催中の「のぞいてみよう!ペンギンワールド」のイベントです。
8月中、6回開催予定のこのイベント。明日は3回目です。

第1回第2回の様子は、南極・北極科学館スタッフブログからご覧ください。)

夏休みの自由研究がまだ決まっていない!という皆さん、
明日研究者からお話を聞いて、ペンギンの研究をしてみてはいかがでしょうか?

■15:00~ 南極観測隊員と話そう!

南極 昭和基地とのライブトークです!
今年の夏は2回開催。明日は2回目です。

昭和基地にいる南極観測隊員にたくさん質問してくださいnote

Img_0199   【8月9日の様子】


夏休み期間の特別イベントに、ぜひ皆さんご参加くださいねsign03
ご来場をお待ちしておりますhappy01

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雨
気温:-24.6℃
風向・風速:北北東2.9m/s
日の出:9:06
日の入:15:46

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:28.8℃

2019年8月 8日 (木)

ペンギン研究者に直接質問してみよう!

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は二十四節季の一つ、立秋。
秋の気配が感じられる日のはずなのですが…あ、暑いsunsunsun
外に立っているだけで汗が噴き出す暑さですねsweat01
秋の気配はいずこ…
まだまだ夏本番。熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

さて、昨日は「ペンギン研究者に直接質問してみよう!」を開催しました。
これは、現在開催中の夏の企画展示
「のぞいてみよう!ペンギンワールド」の一環として
ペンギンの研究者に科学館に来ていただき、
来館者の皆さんの質問に直接答える、というイベントです。

昨日の担当は、渡辺佑基先生shine

Img_0168
『それでもがんばる!どんまいなペンギン図鑑』を監修もされており、
企画展示の作成でも大変お世話になった先生です。

Img_0164

Img_0165 参加者は少な目でしたが、自由研究に励むお子さんたちから
「絶滅したペンギンって?」「研究者になるには?」などなど熱心な質問がありました!
参加してくださった皆さん、ありがとうございましたsign03


9(金)、14(水)、21(水)、23(金)、28(水)にも
このイベントを開催します(各日11:00~)。
研究者に交代で来ていただくので、いろいろなペンギン研究者と
直接お話をするチャンスです!

明日は、高橋晃周先生に担当していただきます!

ぜひご参加くださいhappy01

ご来館をお待ちしております!!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.7℃
風向・風速:東北東13.2m/s
日の出:9:29
日の入:15:25

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:31.3℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。