今日の南極・北極科学館

2019年8月13日 (火)

明日8月14日(水)のイベントのご案内

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

まずは、休館のお知らせです。

国立極地研究所の今年の夏季休業日は、8月15日(木)・16日(金)です。
それに伴い、南極・北極科学館も休館します。

また、台風10号の影響が心配なところですね…。
今日、都内は朝から曇り空。午前10時現在、立川は雨が降り出して来ました。

20190813_090245 台風の状況によっては明日14日(水)は臨時休館、
もしくは閉館を早める場合がありますので、
ご来館の際は科学館HPの「ニュースとお知らせ」をご確認ください。


お天気が心配なところですが…
明日は2つイベントを予定しております!


■11:00~ ペンギン研究者に直接質問してみよう!

現在開催中の「のぞいてみよう!ペンギンワールド」のイベントです。
8月中、6回開催予定のこのイベント。明日は3回目です。

第1回第2回の様子は、南極・北極科学館スタッフブログからご覧ください。)

夏休みの自由研究がまだ決まっていない!という皆さん、
明日研究者からお話を聞いて、ペンギンの研究をしてみてはいかがでしょうか?

■15:00~ 南極観測隊員と話そう!

南極 昭和基地とのライブトークです!
今年の夏は2回開催。明日は2回目です。

昭和基地にいる南極観測隊員にたくさん質問してくださいnote

Img_0199   【8月9日の様子】


夏休み期間の特別イベントに、ぜひ皆さんご参加くださいねsign03
ご来場をお待ちしておりますhappy01

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:雨
気温:-24.6℃
風向・風速:北北東2.9m/s
日の出:9:06
日の入:15:46

【東京都立川市】午前10時
天気:雨
気温:28.8℃

2019年8月 8日 (木)

ペンギン研究者に直接質問してみよう!

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日は二十四節季の一つ、立秋。
秋の気配が感じられる日のはずなのですが…あ、暑いsunsunsun
外に立っているだけで汗が噴き出す暑さですねsweat01
秋の気配はいずこ…
まだまだ夏本番。熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

さて、昨日は「ペンギン研究者に直接質問してみよう!」を開催しました。
これは、現在開催中の夏の企画展示
「のぞいてみよう!ペンギンワールド」の一環として
ペンギンの研究者に科学館に来ていただき、
来館者の皆さんの質問に直接答える、というイベントです。

昨日の担当は、渡辺佑基先生shine

Img_0168
『それでもがんばる!どんまいなペンギン図鑑』を監修もされており、
企画展示の作成でも大変お世話になった先生です。

Img_0164

Img_0165 参加者は少な目でしたが、自由研究に励むお子さんたちから
「絶滅したペンギンって?」「研究者になるには?」などなど熱心な質問がありました!
参加してくださった皆さん、ありがとうございましたsign03


9(金)、14(水)、21(水)、23(金)、28(水)にも
このイベントを開催します(各日11:00~)。
研究者に交代で来ていただくので、いろいろなペンギン研究者と
直接お話をするチャンスです!

明日は、高橋晃周先生に担当していただきます!

ぜひご参加くださいhappy01

ご来館をお待ちしております!!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.7℃
風向・風速:東北東13.2m/s
日の出:9:29
日の入:15:25

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:31.3℃

2019年7月30日 (火)

めざせ!極地の研究者を開催しました

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日も暑いですねsun
10時の時点で立川市は30℃を超えています。
「JR立川駅から歩いて行きたいのですが…」という
お問い合わせのお電話を時々いただきますが、
立川駅から歩くとこちらまでは25分程かかりますsweat01
炎天下、25分の道のりはとても辛いと思いますので、
立川バスまたは多摩モノレールをご利用ください。

(南極・北極科学館までの交通案内はこちら↓)

https://www.nipr.ac.jp/science-museum/guide.html#02


ところで、先週の25日(木)、「めざせ!極地の研究者」を開催しました!
このイベントは、小中学生のお子さんに研究者の仕事を
模擬体験していただけるものです。

今回の講師は、宙空圏研究グループの橋本 大志(はしもと たいし)さんshine

Img_0054
「波動を操ろう」というタイトルで、”電波”について、
そして南極上空の風を測るレーダー「PANSY」について、
詳しくお話をしていただきました。

Img_0063

Img_0064 【南極・北極科学館に展示されているPANSYの実物】

また、アンテナの向きを変えずに、電波を出す方向を自在に操る「PANSY」。

Img_0024

Img_0026

その仕組みを、波と波がぶつかって起きる不思議な現象(重ね合わせの原理)を
水を使った実験で実際に確かめてみました。

Img_0039

Img_0027

Img_0031 まずは実験装置の工作。みんな真剣です。

Img_0043


Img_0050
実験!「波ってこんな風に伝わるんだ~。」


Img_0053
最後は、「極地の研究者」になるためのヒント。

子どもたちだけでなく、大人でもとても勉強になる内容でした!


梅雨寒から急に暑くなった先週、体調崩された方が多かったようで、
キャンセルが相次ぎ、残念ながら参加者は少な目でした…。
でも参加された皆さんにはとても楽しんでいただけましたよ!
「今年の自由研究は”波動”にする!」というお子さんもhappy01
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

「めざせ!極地の研究者」は、夏休み期間中もう1回開催予定sign01
ただ今準備中です。
参加ご希望の方は、お手数ですが、ときどき「イベント情報」の

チェックをお願いいたします↓。

https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-22.6℃
風向・風速:東北東6.1m/s
日の出:10:12
日の入:14:43

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:30.7℃

2019年7月19日 (金)

本日開催サイエンスカフェ&ただいま準備中ペンギン展

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。

来週27日から開催予定の企画展示「のぞいてみよう!ペンギンワールド」sign03
着々と準備を進めておりますhappy01

開館前と閉館後、少しずつ展示替えを行っているところです。
今朝は写真パネルを数枚掲示しました。

P1090455_2

P1090457_2企画展示開始前ですが、ちょっとだけ展示を楽しんでいただければと思います。


ところで、今日の夜はサイエンスカフェを行いますよ!
タイトルは、「バイオロギングでさぐる極地の海鳥の暮らし」。
バイオロギング装置を用いて明らかになってきた
南極のペンギンや北極のウミガラスの生態や、
現地での調査内容について、詳しく紹介していただきます。

Photo

Photo_2 講師は、生物圏研究グループの高橋 晃周(たかはし あきのり)准教授です。
高橋先生には、今回の企画展示を監修していただきました!
今日はどのようなお話が聞けるのでしょうか。

南極・北極科学館の隣り談話室サザンクロスにて、18:30開始です。

https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html#cafe
ぜひご参加ください!


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:くもり
気温:-19.8℃
風向・風速:東北東1.9m/s
日の出:11:14
日の入:13:40

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:26.5℃

2019年6月29日 (土)

7/27(土)~夏の企画展示開始!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

先日のブログでもお伝えしましたが、
現在、ペンギンの卵を科学館のホールに展示しています!
新聞に記事を掲載していただいたため、
ご覧になった方からのお問い合わせが多い状況です。ありがとうございます!

P1090329

なぜペンギンの卵を展示しているのかというと…
7月27日(土)~「のぞいてみよう!ペンギンワールド」という
企画展示を開催するからなのです!
卵の展示はそのプレイベントです。

現在、国立極地研究所生物圏研究グループの皆さんのご協力のもと、
科学館スタッフ全員で企画展示を作成中です。

P1090372_2

P1090373_2世界に18種類いるペンギン。企画展示では、謎の多いペンギンの生態を詳しくご紹介します!
ペンギンたちの写真や剥製をたくさん展示予定shine
また、ペンギン研究者による質問コーナーの開催や、インタビュー記事の掲載も予定しています。

Dsc_1556

Photo

7月27日(土)からの開始に向けて頑張りますhappy02
詳細は、国立極地研究所 南極・北極科学館ウェブサイトに後日掲載します。

https://www.nipr.ac.jp/science-museum/event.html
今年の夏は、ペンギンの研究をしませんか?
ご来館をお待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-9.1℃
風向・風速:東北東5.1m/s

☆極夜30日目

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:20.9℃

2019年6月27日 (木)

南極の石

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今日も立川はすっきりしないお天気cloud
熱帯低気圧が明日(28日)の朝までに、台風になる見込みだとか。
そのせいか、今日は朝からお客様が少な目です。
団体のご予約も今日だけはまったく入っていませんので、
ゆっくり館内をご覧になりたい方は今日がおすすめですよ~!


南極・北極科学館に来られた方が、まず「これ何?!」と言って立ち止まるのが、
科学館の入り口にある「蜂の巣岩(はちのすいわ)」。
昭和基地周辺ので採取された、表面が穴だらけの岩石です。

P1040454

Photo
ぼこぼこしていてちょっと怖い…と思う方も多いかもしれませんね。
大きな岩が、なぜこの様な穴だらけの姿になったのでしょう?


氷の大陸南極にも、岩石が顔を出している「露岩(ろがん)地域」と呼ばれる場所があり、
蜂の巣岩は、その露岩地域で見つかります。

11mdscn1938

蜂の巣岩ができるしくみは…

南極の強い風が、風化によってもろくなった岩の表面にへこみを作り、
へこんだ部分が飛んできた砂粒によってさらに削られて、
だんだんと穴が深くなったものと考えられています。
ただ、全ての石に蜂の巣ができるわけではなく、同じ場所にあっても、
石の種類によっては蜂の巣が見られないこともあります。

南極・北極科学館前の蜂の巣岩は、5億年前の岩石です。
日本列島にはないような古い時代の岩石がある南極。

南極の岩石は、地球の過去を知る上で、重要なサンプルとなります。

P1080231 ほかにも、地球の歴史が感じられる石の展示が館内にたくさんありますよ。

南極・北極科学館で、ぜひ地球の歴史を感じてみてくださいconfident

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:猛吹雪
気温:-12.8℃
風向・風速:東北東14.9m/s

☆極夜28日目

【東京都立川市】午前10時
天気:曇り
気温:25.8℃

2019年6月11日 (火)

オーロラシアター番組のご紹介☆

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。


今日は曇りの予報の立川市。でも時々雲が晴れて、太陽が顔を出しています。
日が出ると…あ、暑いsweat02
強力な日差しが降り注ぎますsun
間もなく夏至。今年は22日(土)ですね。紫外線が強いわけです!
梅雨の期間は日焼け止めクリームを塗るのをさぼりがちですが、油断は禁物ですね。

北半球での夏至と言えば…南半球の冬至。
このスタッフブログでも何度もご紹介しているように、
南極の各国の基地では南半球の冬至を祝って「ミッドウィンター祭」を開催します。
今年はどんなお祭りになるのでしょうか。

4年前の2015年6月22日・23日、ミッドウィンターの真っ最中に、
とても色鮮やかなオーロラが出現したそうです。
ただ、大半の観測隊員は、お祭りに夢中でオーロラは見られなかったのだとか。
そのときの特別なオーロラの映像を、現在オーロラシアターで上映しています

20150623044538 薄明時の太陽光によって紫色が強まる美しいオーロラを、ぜひお楽しみください!

 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:ふぶき
気温:-11.5℃
風向・風速:東北東12.9m/s

☆極夜12日目

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:19.3℃

2018年11月17日 (土)

11/17 今日の科学館

おはようございます。
国立極地研究所 南極・北極科学館です!
 
お天気も良くさわやかな秋晴れですねsun
明日から寒い日が続きそうですので
体調にはお気をつけください。
 
さて、昨日に引き続き「今日は何の日?」第2弾ですsign01
11月17日、今日は将棋の日です。
江戸時代に、将棋好きだった第8代将軍徳川吉宗が年に一度、
旧暦の11月17日に「御城将棋の日」として
御城将棋を行っていたことに由来しており、
1975年に日本将棋連盟がこの日を「将棋の日」と定めたそうです。 
  
若手の棋士の影響もあり、世の中は空前の将棋ブームですね。
昭和基地では、「将棋の日」 が定められるずっと以前から・・・
将棋は観測隊員の娯楽の一つだったようです。 
現在開催中のsnow冬の企画展示「南極観測隊と動物たち Ⅱ」でも
展示されていますが、、、

Takeshi020

こんなかわいらしい写真cameraもあります。
とっても真剣に対局に見入っている子猫catの『たけし』、
何を思っているのでしょうね?
隊員から愛されていたことがうかがえる1枚でもあります。
 
他にも動物たちのかわいいlovely写真をたくさん展示しています。
貴重な『たけし』の映像も見られますので
ぜひ、南極・北極科学館の冬の企画展示で
ほっこり心も温まる1日をお過ごしくださいnote
ご来館をお待ちしています。
 
 

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:吹雪
気温:-2.8℃
風向・風速:東北東21.1m/s
日の出:1:29
日の入:22:52

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:13.9℃

2018年11月14日 (水)

第60次南極地域観測隊長にインタビュー!

こんにちは。国立極地研究所 南極・北極科学館です。

今月25日に、第60次南極地域観測隊は成田空港を出発し、
南極昭和基地を目指します。もうすぐですね!
第60次隊の観測隊長(兼越冬隊長)は、国立極地研究所宙空圏研究グループの
堤 雅基(つつみ まさき)教授です。
そして、副隊長(兼夏隊長)は、国立研究開発法人海洋研究開発機構地球環境観測研究開発センターの
原田 尚美(はらだ なおみ)さん。

南極・北極科学館では、お二人にインタビューをさせていただきましたsign01

堤隊長には、出発準備でお忙しいところ、当館に来ていただき直接お話を伺いました。

そして、シンボルツリーの前で写真をパシャリshineさわやかな笑顔がすてきですhappy02

Dscn0793 (今はすっかり紅葉しているシンボルツリーの葉っぱがまだ青い時期でした。)

お忙しいところ、楽しいお話をありがとうございました!!

堤隊長のインタビューの詳細は、南極・北極科学館HPの「今月の科学館」(11月号)で紹介しています。
https://www.nipr.ac.jp/science-museum/interview/

原田副隊長のインタビューは、来月(12月号)に掲載予定です。
どうぞお楽しみに!!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-10.8℃
風向・風速:東4.4m/s
日の出:1:51
日の入:22:27

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:13.5℃

2018年11月 9日 (金)

11月8日は「宗谷」出航の日

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日11月8日は、第1次南卿地域観測隊を乗せた観測船「宗谷」が、
東京の晴海港を出航してから62年目の日でした。

1956年(昭和31年)11月8日に出航した第1次隊。隊員は53人でした。
1957年(昭和32年)1月29日には、第1 次隊永田武隊長以下全員がそろってオングル島に上陸し、
その地に「昭和基地」を開設することを決定したのです。

30_1         【宗谷出航】


そもそも、なぜ日本は南極観測に参加したのでしょうか?実は、このような歴史があります。

第1回国際極年(国際協同のもと、極地で観測を行うと位置づけられた年)は、1882~1883 年に、
ヨーロッパを中心に11か国が参加し、北極などでさまざまな観測活動が行われました。
1932~1933 年には第2回国際極年が開催され、日本を含めた34 か国が参加しました。
北極での観測が中心で、南極での活動は少しだけでした。
1957 年~1958 年に開催された「国際地球観測年」(IGY,International Geophysical Year)に、
南極での本格的な観測が計画されました(※「国際極年」→「国際地球観測年」に名称が変わりました)。
日本は当初、敗戦国ということもあり、IGY での南極観測を予定していませんでした。
しかし、白瀬南極探検隊(1910~1912)の実績がある上、南極地域の現地調査や観測の重要性を
感じる研究者が多かったため、1955 年にベルギーのブリュッセルで国際地球観測年に向けた会議が行われた際、
日本は南極観測の参加を表明しました。
第2 次世界大戦の遺恨を持つ国からは、「国際舞台に復帰する資格なし」という激しい反論がありましたが、
日本を代表して出席した永田武(ながたたけし)東大教授(のちの第1次南極観測隊長、極地研究所初代所長)が、
白瀬南極探検隊の活動成果と日本の地球科学に対する過去の実績を主張し、
最終的には全会一致で国際承認を得ることができ、正式に日本の参加が決定されました。

Na5     【永田武第1次隊長と宗谷】

日本の南極観測の参加が決定したとき、国民は熱狂的に歓迎しました。
盛大な見送りを受けて出発した第1次隊から、62年の時が経ち、
間もなく第60次南極地域観測隊が出発しようとしています。
第1次隊が昭和基地を開設したからこそ、現在まで日本の南極観測が続いているのですね。


開催中の企画展示「南極観測隊と動物たちⅡ~日本から南極に行った動物 初期観測隊と歩んだ道~」では、
カラフト犬等の動物についてだけでなく、南極観測隊のあゆみについても詳しく解説していますので、
ご興味のある方は、ぜひ企画展示を見にいらしてください。

Takeshi032 【永田武隊長の名前をもらった猫の「たけし」 宗谷甲板にて】


お待ちしております!

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-19.2℃
風向・風速:西北西0.4m/s
日の出:2:22
日の入:21:54

【東京都立川市】午前10時
天気:くもり
気温:17.3℃

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。