その他

2018年1月30日 (火)

昭和基地開設61年目!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日1月29日は、昭和基地開設からちょうど61年目でした。


盛大な見送りを受けて、第1 次隊を乗せた「宗谷」が東京の晴海港を出航したのは、
1956年(昭和31年)11月8日のことです。
そして、1957年(昭和32年)1月29日、第1次隊永田武隊長以下全員が
そろってオングル島に上陸し、その地に「昭和基地」を開設することを決定しました。

30_1        【出港時の様子】


第1 次隊の当初の目的は、「日本の南極観測基地として適当な地域を決定し、
基地建設を行い、必要な観測を行って、次年度における第2次隊による越冬観測の準備」で、
次年度に本観測として越冬を行う予定でした。
しかし、現地の状況が良好で、安全の見通しがたったため、
11人が越冬隊として残留することになり、南極での1年間の観測を遂行し
昭和基地で越冬ができる体制を確立します。

21       【昭和基地の建設】


天候が悪化し、「宗谷」が氷に閉じこめられてしまうという危機はありましたが、
ソ連(当時) の「オビ号」に助けられてことなきを得ました。

R024   【氷に閉じ込められた宗谷と救援に来たオビ号】


第1次隊は、海氷の状態も良好で天候にも恵まれ、スムーズに事が運びましたが、
第2次隊は厚い氷と悪天候に阻まれ、越冬を断念することになります。
そしてその際、第1次隊で連れて行ったカラフト犬15頭は置き去りにされてしまいました。

Photo     【カラフト犬のタロ(右)とジロ(左)】

もし第1次隊が、第2隊の様にうまくいかず、越冬を断念していたら、
カラフト犬は置き去りにされることはなかったのかもしれません。
でも、もし第2次隊の失敗がなければ、今日の南極観測はなかったかもしれません。
歴史に「もし」がないのは分かっていますが、ついそんなことを考えてしまいます。

南極観測の創成期とカラフト犬の物語については、

現在開催している企画展示に詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。

ご来館をお待ちしております!

P1070477

南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:曇り
気温:-4.2℃
風向・風速:北東4.6m/s
日の出:2:30
日の入:22:35

【東京都立川市】午前10時
天気:晴れ
気温:2.7℃

2017年12月27日 (水)

年末年始休館のお知らせ

南極・北極科学館は、12月28日(木)~1月4日(木)休館します。

皆様、良いお年をお迎えください。

Img085

2017年10月19日 (木)

立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催!

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日(10/18)、立川市協働企画公開講座極域科学シリーズを開催しました!
この講座は、立川市教育委員会、市民推進委員会、そして極地研究所の協働企画の公開講座です。
「極域における最新の研究テーマとその成果」について、極地研究所の研究者が詳しく紹介します。

極域科学シリーズは、毎年度6回の講座を開催しており、昨日は今年度の第1回目。
定員は40名ですが、それを超えるたくさんの方のお申込みがあり、
室内はいつも以上ににぎわいました。
寒い中来られた皆さん、ありがとうございました!!

 

P1070067

講師は、極地研究所 国際北極環境研究センター(若手のホープ!)の佐藤和敏さんshine

P1070069

「北極の気象観測と日本の天気予報」というタイトルで、
ご自身の研究や、実際の北極での観測の様子、そして、北極海での観測が
日本の天気予報に与える影響について、詳しくお話をしていただきました。

P1070066

P1070071 とても分かりやすい説明で、皆さん、「なるほどー」と、うなずきながら聞かれていました。

   

天気予報の精度の向上のため、どんな観測が必要なのか、また、
どの様な苦労があるのかがとても良く分かりましたconfident


極域科学シリーズの前半3回は、参加希望者多数のため、すでに受付を締め切りましたが、
後半3回はこれからの募集となります。
南極・北極科学館のイベント情報でも告知しますので、もうしばらくお待ちください。
※申込は立川市生涯学習推進センター(042-528-6872)です。

【南極・昭和基地】午前4時(日本時間:午前10時)
天気:晴れ
気温:-12.2℃ 
風向・風速:東 7.6m/s 
日の出:4:06
日の入:20:10

【東京都立川市】午前10時 
天気:雨
気温:11℃

2016年4月22日 (金)

「しらせ」体験航海のご報告

4/19(月)に開催された、南極観測船しらせの体験航海に参加しました!
しらせは昨年11月に日本を出発して南極に向かい、4/14(木)に
航海を終えて晴海埠頭に帰港したばかり。
往路は、第57次南極観測隊を南極昭和基地まで乗せて行き、
復路は第56次越冬隊と第57次夏隊を乗せて帰って来ました。
厳しい任務を終えてすぐのしらせの体験航海!
お天気にも恵まれて気持ちの良い航海となりました。

当日の航海日程は…
8:30 晴海埠頭にて乗艦受付開始
10:00 晴海埠頭出港
14:00 横須賀港入港

Dsc02796 晴海埠頭にて停泊中のしらせ。大きい~!

Dsc02848
Dsc02798整理券を持って乗艦。そして、出港!

Dsc02811 ブリッジの様子。前方確認中。

Dsc02815

お台場付近を通過。
中央に見える船は、初代の南極観測船「宗谷」です。現在は船の科学館で一般公開されています。
それにしても、しらせと比べると…とても小さい!

Dsc02849

こちらは、南極・北極科学館に展示されている観測船の模型です。
右下が宗谷、左上が現在のしらせです。
大きさを比較すると、違いは一目瞭然ですね。
第1次~第6次隊(1956~1962年)の観測隊員は、このような小さな船で南極に行ったのですね…。
まさに命がけの航海だったのでしょうね。


Dsc02809 レインボーブリッジの下を通過。
Img_4167 羽田空港付近を通過。飛行機が飛んで行くのが見えました。

Dsc02803 隊員室の様子。なかなか快適そうです。

Dsc02801

Img_4164 観測隊員や物資を運ぶヘリコプター。ブレード(回転する翼)がとても大きくてびっくり。

Dsc02830 こちらは救命艇。いざというとき、どこに誰が乗るか、しっかり決まっているのだそうです。
Dsc02847 定刻通りに横須賀港に入港。

艦内を見学して道に迷ったり、急な階段をはぁはぁ言いながら上り下りしたり、
甲板で海を眺めたりしているうちに、あっという間に横須賀に到着しました。
全く揺れはなく、船に乗っているということ忘れるくらい快適でした。
しかし、このしらせでも暴風圏では大きく揺れるそうです。

今回の体験航海では、しらせ乗組員の方々のお話も聞くこともでき、
とても貴重な経験をさせていただきました。
南極観測は、観測隊員だけでなく、しらせの乗組員や多くの方々の力があってこそ、
成し得ることなのだと実感しました。
しらせの皆さん、ありがとうございました。
これからもお仕事がんばってくださいね!


最後に。

Dsc02820

艦内に展示されていた南極の氷。
小さなお子さんたちが大喜びで触っていましたが、
南極の氷は南極・北極科学館にもありますよ~!
ぜひ触りに来てくださいね。





2016年1月22日 (金)

ペンギンの工作をいただきました!

南極・北極科学館にすてきなお年玉が届きました!

P1030811

作者は、5歳のお客様。
科学館のペンギンの折り紙からインスパイアされて
おうちでつくった「南極のペンギンたち」です!

氷の大地にペンギンの群れpenguin
星がまたたく空には、緑のオーロラも輝いていますshine
工夫がいっぱいですね。

科学館で飾りたいと思います。
感激しました~!

2015年12月 9日 (水)

「春夏秋冬ぴあ」の取材を受けました

先日、「春夏秋冬ぴあ」さんの取材班がいらっしゃいました。
「春夏秋冬ぴあ」は、お出かけスポットを紹介してくれる情報誌です。


ホッキョクグマと記念撮影したり
3Dのオーロラを見たり
雪上車に乗ったり
最後はショップでゆっくり品定め。

1_001

▲撮影風景を撮影させてもらいました


どんな風に科学館が紹介されるのかな?
「春夏秋冬ぴあ」は、来年1月早々に発売予定だそうです。
楽しみです!
ご覧になったら、ぜひ科学館に遊びにきてくださいね。

2015_3


2015年9月19日 (土)

9/19 今日の昭和基地

こんにちは。
国立極地研究所 南極・北極科学館です。

昨日の涼しさとは一転、気持ちよく晴れて暖かい(暑い?)東京です。


【南極・昭和基地】午前4時(日本時間午前10時)

日の出 :  6:23
日の入 : 18:11
天気 : 晴れのちくもり
気温 : -26.8℃
風向・風速 : 東南東 2.0m/s


昭和基地は昨日に引き続き、明るいオーロラが出ています。


【東京都立川市】午前10時

日の出 : 5:26
日の入 : 17:44
天気 : 晴れ
気温 : 22℃


科学館では人工衛星で観測された太陽表面の画像とムービー、太陽風の準リアルタイムデータも表示しています。
これらを順に眺めることで、太陽→太陽風→オーロラとつながる宇宙の天気を実感できるようになっています。

Img_1915

Img_1917

Img_1918_2

準リアルタイムオーロラを見るには、午前中がおすすめです!

Photo

科学館南側、裁判所と国立国語研究所の間の小道にシモツケソウが咲いています。happy01

2015年9月 4日 (金)

BS朝日で放送予定!

先日、BS朝日の取材があり、南極・北極科学館でロケを行いました。
その番組とは…
BS朝日『ネイチャードキュメント 奇跡の地球紀行』
「BBCスペシャル大自然の神秘 氷山の謎に迫る!」

ロケでは、番組ナビゲーターの宮崎美子さんがご来館。(とてもお美しかったです!)
現在開催中の企画展示「北極のひみつ」展をはじめ、オーロラシアターや雪上車などなど、
館内のいろいろな展示をじっくりご覧になっていました。
 
南極・北極科学館、番組でどのように紹介されるのでしょうか?
そして、氷山の誕生と消滅の謎とは!?

その気になる番組の内容は…
是非!9月5日(土)18:54~放送の
BS朝日『ネイチャードキュメント 奇跡の地球紀行』
をご覧ください。


Icon_im_2
我らが極地研究所広報室の小濱広美係長も出演します!
お楽しみに~。

2015年4月23日 (木)

ゴールデンウィーク特別開館のお知らせ

ゴールデンウィーク期間の開館日、休館日のお知らせです。

国立極地研究所 南極・北極科学館は
日曜・月曜・祝日は休館ですが、
5/5(火)・6(水)は開館します。
(4/29(水)・5/3(日)・4(月)は休館です。)

GW特別イベントも開催しますので、ぜひお越しください。

5/5(火)14:45~「越冬隊員と話そう!」
5/6(水)15:00~「サイエンスカフェ」

詳細は、科学館ホームページのイベント情報をご覧ください。
http://www.nipr.ac.jp/science-museum/

皆さまのお越しをお待ちしておりますconfident

Icon_im







2015年4月 1日 (水)

南極・北極メルマガ、スタート!

南極・北極の研究をサポートする
(財)日本極地研究振興会が、極地のメルマガを始めました。
創刊号は、本日スタート。
豪華な執筆陣でお届けします。

ラインナップをご紹介します。

1.南極・北極研究を応援する議員たち
第1回 南極、フロンティアはこれだ!
衆議院議員 谷垣 禎一


2.極地からのメッセージ
第1回 グリーンランド極北域およびカナダ極北域における、観測拠点設営の提唱
犬ぞり北極探検家 山崎 哲秀


3.極地の観光
第1回 南極半島の観光クルーズに参加して
国立極地研究所特任教授 佐藤 夏雄


4.南極・北極研究の最戦線
第1回 急変する北極~GRENE 北極気候変動研究事業(2011ー2015年度)
国立極地研究所特任教授 山内 恭


5.南極観測隊の生活を支える技術
第1回 飲料水(その1)
国立極地研究所極地工学研究グループ 石澤 賢二

南極・北極研究の現在・過去・未来がわかるメルマガです。
極地の通になれちゃいそう!

お申し込みは、こちらからです。
http://kyokuchi.or.jp/?page_id=676


(財)日本極地研究振興会は、南極観測隊OBの方がたくさん活躍されています。
科学館のミュージアムショップも運営しています。


Photo_4

▲科学館のミュージアムショップ

Img_0157300x225

▲キュートなぬいぐるみも待ってます
 

Mio_2

プロフィール

フォトアルバム

国立極地研究所
南極・北極科学館

こんにちは! 東京都立川市にある 国立極地研究所 南極・北極科学館のスタッフブログです。 南極・北極科学館は、南極や北極の研究・観測の情報発信拠点として2010年にオープンしました。 詳しくは、ホームページをご覧ください。